呪術廻戦

呪術廻戦171話ネタバレ最新確定と感想は?式神大量発生でトドメを刺す!

こんにちは。

2022年1月17日発売の週刊少年ジャンプより、呪術廻戦171話「東京第1結界⑪」を読みました。

前話の170話では、式神でレジィとの戦闘に臨んだ伏黒でしたが、レジィの術式は思ったよりも厄介で逆に追いつめられてしまいました。

しかしまだ隠し弾がある伏黒は、移動した先の総合体育館の中でレジィを巻き込み領域展開をしました。

それでは、この記事では、呪術廻戦171話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

▼まんがを読むならコレ!▼

無料で読めるマンガがたくさん!

さらに登録をすると最初にもらえる600ポイントの利用で実質マンガ1冊無料になる!さらに「31日間は無料」で実質アニメや映画・ドラマも見放題だから入らない理由がない!

▼無料期間内に解約もできる▼

 

呪術廻戦171話ネタバレ考察「式神大量発生」

領域内であれば伏黒は外よりも多くの式神を出せるようになります。それでも戦い方は変わりません。

まさか周りに被害が出ないからと言って、自分が確実に死ぬであろう八握剣異戒神将摩虎羅を出すとは思えないため、

いつも通り式神を複数使って敵を欺き、トドメを刺すタイプの戦い方をします。

伏黒の式神については色々と気づきつつあったレジィも領域内となれば警戒せざるを得ません。

仕留めるが先か出られるが先か、見どころはここです。

呪術廻戦171話ネタバレ考察「移動した理由は?」

伏黒は総合体育館に逃げ込んだ後すぐに体育館のサイズ感を確認していました。

そしてイメージ通りと言っていたため、初めからこのくらいのスペースが欲しくてここ来たと思われます。

領域展開をするのであれば正直なところ場所は関係ありません。

つまり、伏黒の本当の目的は領域展開ではなくこの場所を使うことにあるはずなのです。

誰かが来ることを期待しているわけではなさそうなので、伏黒は領域展開を解いた後に仕掛けようとしているのではないでしょうか。

呪術廻戦171話ネタバレ考察「虎杖との合流なるか?」

伏黒がレジィと戦い始めてからルール追加の連絡が入ったため、丁度今虎杖は日車と別れたあたりかもしれません。

2人がそれぞれ別に連れて行かれたのは新宿と池袋であるため、距離感はそう遠くありません。

つまり虎杖がすぐに移動を開始していれば、まだ伏黒が戦っている状態で合流できるかも知れません。

来ることを期待していない人物の助けを借りるつもりはありませんが、もしも高羽が負けて黄櫨が戻って来た場合は黄櫨を虎杖に任せなければならなくなります。

呪術廻戦171話ネタバレ最新確定「東京第1結界⑪」

伏黒が領域展開したことに対しレジィは全く焦っていません。

そしてシン・陰流の簡易領域の原型である扇を使い、領域の必中効果を打ち消しました。

伏黒の策が失敗したことに対し笑みを浮かべるレジィ。

しかし、レジィの足に蝦蟇の下が巻き付きます。

当たらないはずの術式が当たったことに戸惑いを見せるレジィ。

それは伏黒の領域が未完成であることが理由でした。

伏黒の領域は体育館の空間を使うことで無理矢理閉じていただけで、必中の術式が付与されていなかったのです。

簡易術式等で中和できることは結界そのものであり術式ではありません。

伏黒はこれまで笑っていたレジィから笑みが消えたことを指摘し、レジィはムキになりました。

その瞬間、伏黒がレジィに殴り掛かります。蝦蟇で押さえているため伏黒の拳を食らったレジィはぶっ飛ばされます。

急いでナイフを出し蝦蟇の舌を切り、刀を出しますが既に伏黒のペースです。

伏黒がもう1人現れ、レジィを転ばせました。

反撃も上手くいかず、伏黒に肘打ちをされます。

レジィはここでようやく今いる結界に必中術式が付与されていないことに気が付きました。

必中でなくとも術式性能が上がっていることでかなり厄介な状態。

このまま伏黒の出方によっては負けてしまうことを予想するも、それでも自分は負けないのだと考えます。

レジィの上には数枚のレシートが待っています。

伏黒は攻撃の衝撃で剝がれたのだと思っていましたが、その時故意に投げられたものだと気づき急いで鵺で回収しようとしました。

しかしレジィはレシートを具現化してしまいます。

レジィは車を出し、影に沈ませました。伏黒を重力が襲います。

レジィは伏黒の領域の下が伏黒の影になっていることに気づいていました。更に欠点にも予想をつけています。

キャパシティが少ないか、格納した物の重さを引き受けることになることのどちらかだと予想したレジィは、車を沈ませることで後者であることを確信しました。

レジィはこのまま重い物を出し続けて伏黒を押しつぶしてしまおうと考えます。

一方の伏黒も、レジィの考えの甘さを指摘し、上も陰であることを教えました。そしてレジィの頭上から満象を落としました。

呪術廻戦171話感想

伏黒の領域が今でも未完成であることが分かりました。確実に成長しているため領域展開も完璧になっているのだと思っていました。

しかし領域展開は出来る術師とそうでない術師がいるほど高度なものであるためそう簡単ではないのでしょう。

意外と伏黒はずっと中途半端なままなのかも知れません。

それでも今回は未完成であることが戦う上で有利に働きました。

そのために体育館を利用したこともあり、やはり伏黒は特別賢いと思いました。

呪術廻戦172話考察予想

次回で伏黒VSレジィ戦に決着が着くでしょう。どちらが先に押しつぶされるか、そこが見どころになります。

伏黒が押しつぶされるまで重さを足し続けると言ったレジィですが、既に伏黒はかなり限界だと思われます。

満象を出したことでまた少し負担は減ったと思われますが、それでも車3台の重さは辛いはずです。

ここに来て突然の耐久レースとなってしまいましたが、伏黒が勝ってくれるでしょう。

レジィはこのまま潰されて死亡。

もっと話を聞いておきたい人物ですが、生かしておくにはリスクが高すぎます。

▷呪術廻戦172話へ

まとめ

この記事では、呪術廻戦171話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。