ドクターストーン

ドクターストーン225話ネタバレ最新確定と感想は?最初の連結成功!

こんにちは。

2022年1月17日発売の週刊少年ジャンプより、ドクターストーン225話「DOCKING」を読みました。

224話では、世界はまた過去のレベルまで戻る・・・、そんなことを考えながら千空が一番最初に石化から復活しました。

たった1人広大な宇宙を目にした後、スタンリー、コハクが復活し、3人は未知である宇宙での連結作業に臨むのでした。

それでは、この記事では、ドクターストーン225話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

▼まんがを読むならコレ!▼

無料で読めるマンガがたくさん!

さらに登録をすると最初にもらえる600ポイントの利用で実質マンガ1冊無料になる!さらに「31日間は無料」で実質アニメや映画・ドラマも見放題だから入らない理由がない!

▼無料期間内に解約もできる▼

 

ドクターストーン225話ネタバレ考察「最初の連結成功」

前回ラストではガシャン、と連結するシーンが描かれていたためこの連結は大成功です。

あとはスタンリーが上手く操縦を行いながら全ての連結を完了させるわけですが、連結の個数が多くなっていくほどにその難易度は上がっていくでしょう。

それでも、この連結は最後まで絶対に失敗しません。

無事に最初に思い描いた完全体のロケットが出来上がり、後は月に一直線。

その瞬間、クロムは地球から感動の涙を流すことでしょう。千空もクロムのことを考えます。

ドクターストーン225話ネタバレ考察「百夜の話」

広い宇宙の中、前回の話でも出てきた通り何度も百夜のことが思い出されるシーンがあると思います。

千空がずっと行きたいと思っていた月、その夢を語った百夜。

ここから千空の幼い時の記憶も沢山描かれるかもしれません。

ゼノと百夜についても既に描かれたことはありますが、こちらもまだ描かれていないストーリーが描かれます。

石神村の創設者であり、コハクたちにとってもとても重要な人物百夜。本当にすごい人物であったことが描かれます。

ドクターストーン225話ネタバレ考察「月が見えてきた」

連結が完了すれば直に月が見えてくるでしょう。

そうなればいよいよ戦いが待っています。ここまでくると楽しんでいたコハクにも緊張の色が見え始めるかも知れません。

しかし一緒にいるメンバーが何とも頼もしいメンバーであるため、コハクもすぐに自信を持つことが出来ます。

自分は司に選ばれた存在。

そのことを思い出し、前を向きます。

スタンリーもまた、涙をこらえて席を譲ってくれた龍水のことを思い出しそれぞれが託されたものに責任を持って戦います。

ドクターストーン225話ネタバレ最新確定「DOCKING」

ロケット最初のドッキングが成功しました。

コハクは大喜びですが、スタンリーは全てのドッキング成功まで喜ぶつもりはないようです。

それでもとにかく地球に報告するため千空が通信を入れます。

地球組は大喜び、しかしその声は千空たちに届きません。

千空とゼノに戦慄が走りました。

コハクが外に出たところかなり遠くから3台目のロケットが近づいてきたのを発見します。常人離れした視力がなせる技でした。

中に戻り、モニターを確認するコハクですがモニターは砂嵐に覆われ半分も見えない状態です。

コハクは自分が壊してしまったのだと思い焦りますが、千空は厳しい表情で電気系統の異常であると話しました。

そんな状態でもスタンリーは3台目とのドッキングを成功させます。

無事に3台目とのドッキングが成功したことに安堵し、千空は電子基盤を確認しました。

するとそこには石化した髪の毛が引っかかっていました。

その原因を考えた時、コハクは防護服なしでロケットに乗り浮かれていた陽のことを思い出します。

石化してから移動することは正しかったのですが、失敗する理由はいつも後になってから分かると千空は悔しさを露わにします。

その時、髪の毛が崩れ基盤が完全にショート。

モニターの映像が完全に消えました。

4台目のロケットが接近していることが目視で確認されます。

しかしこの何もない宇宙で基盤を修理出来るかはとても危ういところです。

全くモニターを確認できない状態ではスタンリーにもドッキングはほぼ不可能に近いです。

しかしその時、4台目が自ら軌道を変えたように見えました。

4台目は月着陸船、無理やり人が乗ることも不可能ではありません。

このロケットには龍水が乗っていたのです。

龍水はたった1人ロケットの中で宇宙に出たことを喜んでいました。

千空たちに地球の声が聞こえないため龍水が乗っていることを伝える術はありません。しかしゼノは3人ならば気づくと信じていました。

確かに気づいている3人ですが、ロケットには姿勢を制御する回転円盤がないためドッキングは難しいと千空たちは思っています。

しかし、龍水は自らの体を大回転させ姿勢を調整していました。

そして見事、4台目がドッキングに成功するのでした。

ドクターストーン225話感想

あれだけ失敗を繰り返して準備をしてきても、現場ではまたトラブルが発生するのです。

突然の石化装置誤爆の時に誰か怪しい人物がいるのではないか、と話題が出てきたこともあり少しだけ陽が怪しく見えてしまいます。

誤爆の時も近くにいたのは陽でした。

疑いたくはないですが、どうしてもそう感じてしまいます。

今の状況ではそんなことも分からないため、とにかく最後までドッキングを成功させ月に無事着陸出来ることを祈りたいです。

▷ドクターストーン226話へ

まとめ

それでは、この記事では、ドクターストーン225話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。

ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。