ワンピース

ドクターストーン224話ネタバレ最新確定と感想は?千空の乗るロケットの仕組み!

こんにちは。

2022年1月4日発売の週刊少年ジャンプに、ドクターストーン224話「IN THE SPACE」が掲載されました。

223話では、宇宙飛行士の訓練も完了させた千空たちが遂に宇宙に飛び立ちました。信じる気持ちがあるものの不安な皆と言葉を交わし、3人はロケットの中で石化します。

そして打ち上げのカウントダウンが・・・。ここから地球を越えた宇宙での戦いが始まるのです。

それでは、この記事では、ドクターストーン224話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

▼まんがを読むならコレ!▼

無料で読めるマンガがたくさん!

さらに登録をすると最初にもらえる600ポイントの利用で実質マンガ1冊無料になる!さらに「31日間は無料」で実質アニメや映画・ドラマも見放題だから入らない理由がない!

▼無料期間内に解約もできる▼

 

ドクターストーン224話ネタバレ最新考察「千空の乗るロケットの仕組み」

千空たちが宇宙に行くために乗ったロケットですが、

本来ロケットはロケットのまま目的地である宇宙に行くのではなく、途中で切り離されて宇宙船だけが移動する仕組みになっています。

しかし、今回はパイロットとしてスタンリーが乗っていることから操縦が必要なスペースシャトル系のロケットになっているのではないかと予想します。

しかし5つが宇宙で合体、宇宙飛行士たちは石化といった特殊な条件からはっきりとしたことはこれから描かれるのだと思います。

ドクターストーン224話ネタバレ最新考察「すぐに月に到着」

石化している時点で宇宙での移動はあまり詳細に描かれず次の話の間に月に到着するのではないかと思われます。

計算がしっかりされているため千空たちは月に到着する直前で復活し、スタンリーが月への着陸を成功させます。

そして遂に下り立つのです。地球にいる皆に到着の連絡をした後、地球から見える人工衛星の映像と照らし合わせながら探索をします。

しかしホワイマンは中々見つかりません。

千空たちはやみくもに探し回るのではなく、一度止まって考える時間を取ります。

ドクターストーン224話ネタバレ最新考察「ホワイマンからの通信が地球に!?」

月に到着した千空たちにホワイマンの声が聞こえるかは分かりません。

その代わりにこのタイミングで地球にホワイマンから無線が入るのです。

これまでのホワイマンが言っていたことは石化装置起動のための言葉、そして2回目の石化復活をしてからの脅しのようなメッセージです。

そんなホワイマンは千空たちが月に来たことを知らないはずがないため、敢えて千空たちではなく何も出来ない地球に向けて何かを伝えるのではないかと予想します。

ドクターストーン224話ネタバレ最新確定「IN THE SPACE」

人類は長い長い歴史の中で生まれ、生き延び、生活を豊かにしてきました。

そんな時代に生まれた少年が石神千空です。千空は科学に没頭し、宇宙に憧れ、自分も宇宙に行く日を夢見て日々ロケットを作ろうと奮闘していました。

そんな時、地球を襲ったのが石化光線です。

世界中で人類が石化してしまいました。

しかし日本では誰よりも早く石化から復活した千空は、生き延び、石神村と出会い、文明を作り上げていきました。

また人類が宇宙でラーメンを食べる日はやって来るだろう。千空が年老いた自分をイメージしたその時、千空の石化が解けました。

窓から見える宇宙に一瞬目を奪われた千空は、すぐにカプセルから出ると着替えを済ませます。

まだ他の2人が動き出さないため千空は復活液を放出するはずのタイマーが故障したのかと疑いました。

するとゼノから無線が入ります。

無重力空間でもしも復活液が思うようにかからなかった時に備え、ゼノは予め千空だけが先に目覚めるようにしていたのです。

先に伝えておけ、と思う千空ですがすぐにゼノの本当の意図に気が付きます。

一度は百夜と一緒に宇宙を目指したゼノは、千空に誰にも邪魔されず宇宙を見る時間を与えたかったのです。

直にスタンリーも復活しました。千空が先に動いていることに驚く様子もないスタンリーに、

知っていたのかと千空は聞きますが、スタンリーはただ言われた仕事をこなしているだけだと答えます。

ゼノが宇宙飛行士にとって宇宙を見るという行為がどれだけ重要な物かを話していると、スタンリーはすぐに酸素の心配をしました。

ゼノは心配ないと答えます。今回の未知の挑戦に備え、酸素は十分過ぎるほど充填してあるのです。

1人自由にしたところで、という言葉で千空とスタンリーは顔を見合わせとあることを思い出しました。

コハクです。

コハクは初めて見る宇宙に大興奮で大騒ぎ。無重力を楽しんでいます。

千空はコハクのために、フランソワが作ってくれた宇宙食を取り出しました。3人で宇宙ラーメンを食べます。

美味しいと言うコハクに、千空が白夜たちのいた宇宙ステーションにも合ったのだと教えると、コハクはその宇宙ステーションも宇宙のどこかにあるのかと思いました。

千空はすぐに否定します。コントロールを失い流星になっているのです。

コハクは少し寂しそうな顔をしますがそれでいいと千空は言います。

なぜなら今度は自分たちの番だからです。

そして遂に初の連結が・・・。

ドクターストーン224話感想

千空には1人で宇宙を見る時間を持って欲しいというゼノの粋な計らいに感動しました。

もう同じ目的に向かって突き進む仲間となったゼノに裏切る意思が全くないことが分かります。スタンリーは少し嫉妬してしまいそうですね。

元々肝が座ったメンバーが来ているからか、全員復活してもかなり緩い雰囲気で安心して過ごすことが出来ています。

月面に辿り着くまでの期間だけでも、焦ることなくゆっくりとした時間を過ごして欲しいと思いました。

▷ドクターストーン225話へ

まとめ

この記事では、ドクターストーン224話の考察・展開予想とネタバレ確定感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。