当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

呪術廻戦

呪術廻戦207話ネタバレ最新確定と感想は?脹相と九十九が共闘で羂索を?

こんにちは。

2022年12月19日発売の週刊少年ジャンプより、呪術廻戦207話「星と油③」を読みました。

前話の206話では、

領域展開をした羂索の領域を解体すべく策を練っていた天元と九十九でしたが、羂索の領域展開が予想外のものであったため策は思い通りにはいきませんでした。

それでも手段はないわけではないと粘る天元に付き合い、羂索の足止めを続ける九十九でしたが、強者である羂索の前に敗北寸前!

その時!?

それでは、この記事では、呪術廻戦207話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

呪術廻戦207話ネタバレ最新確定「脹相と九十九VS羂索は?」

一緒に戦うと九十九の邪魔になってしまうと言っていた脹相は、自分が先に命に代えても羂索の手の内を晒させるという意気込みで羂索に臨み、一つ術式を明らかにしたところで死ぬことはなく退場、九十九とバトンタッチしていました。

そして九十九は天元と立てていた作戦通り羂索に領域を開かせることに成功しましたが、その後予想外の展開になり、肉弾戦では羂索に敵わず危険な状態になっています。

そこに退場したはずの脹相が戻ってきました。これはバトンタッチではなく、共闘の流れ!

今は反転術式を使うことも難しそうな九十九ですが、特級術師、そして東堂葵の師匠というキャラに恥じない戦いを見せてくれます。

脹相に関して言うならば、退場前に九十九にお兄ちゃんと言われているので、勝手に妹を助けなければならないお兄ちゃんモードになっているかもしれません。

呪術廻戦207話ネタバレ最新確定「羂索には2つ目の領域展開がある?」

領域展開を使い、その結界を天元によって無理やり解体された羂索ですが、やはり領域展開の様子から見るにあれは夏油傑の領域展開だったと予想します。

羂索は加茂憲倫が脳みそを入れ換えて新しい憑代として夏油傑の体を使っている状態。

そしてその際に使っている肉体の主の術式も使えるわけですが、なぜか分からない重力の術式も使っていました。

脳みそ入れ替え術式は流石に重力の術式ではなく、重力は何らかの方法で手に入れた別の誰かの術式でしょう。

そしてこの重力の術式を使っていた者と同じ領域展開が使えるとしたら・・・。

折角結界を解体してもまた次の領域展開で同じ悲劇が起きてしまいます。

そうなると今度こそ九十九と脹相は・・・。

呪術廻戦207話ネタバレ最新確定「天元と死滅回遊」

羂索が言いかけて中断させられた言葉がとっても気になります。それは天元と死滅回遊に関することでした。

面白いという理由だけで今の計画を進めている羂索。天元は虎杖たちを羂索の作戦を止めると共に、羂索に狙われるとても重要な立場にあるはずですが、羂索の言葉からは黒幕は天元ではないかと感じる部分があります。

勿論、詳しいことは何も分かっておらず、ただ天元と死滅回遊には何らかの関係があることが分かるだけでそれは良い話か悪い話かもまだ不明です。

もしかすると天元はこの死滅回遊自体には特に興味なく、本当に無理に終わらせる必要はないと思っているのかもしれません。

呪術廻戦207話ネタバレ最新確定「星と油③」

羂索との戦闘開始前の作戦会議の段階で、九十九は脹相が羂策の領域解体後に出てくるのが吉と考えていましたが、その考えを否定し、最初に出ることを申し出たのは脹相自身でした。

脹相は羂索という男がどれだけ先を見据えられる男かを知っているため、脹相が控えていると想定するだけで領域を展開しないと考えたのです。

脹相が先に出ておくことで、その後の九十九との戦いを完全なる1対1だと思い込ませることが出来るのです。そしてその脹相の読みは功を奏しました。

母の呪いのため、虎杖の未来のために加茂憲倫という男を殺すことさえできればそれでいい脹相が、凰輪で動きを止めた羂索に至近距離からの穿血!

羂索の頭部に直撃しますが、羂索はとんでもない方法で穿血を受け流してきました。

その驚愕の方法とは!?

しかし逆に考えれば羂索はそこまでぶっ飛んだ行動をしなければならないほど追い詰められているということ。

九十九と脹相が2対1で羂策との肉弾戦に臨み、脹相が羂策を少し足止めしている間に九十九を回復させます。

しかし、反転術式を使ったことにより出来た星の怒りのほんの少しの弱まりの隙で羂策は2人の間から抜け出てしまいました。

それでも逃がすまいと攻撃を続ける九十九と脹相。

息をつかせぬ攻撃でしたが、ここで羂策の術式が回復してしまい、脹相と凰輪は地面に突っ伏す形となりました。

少し離れた位置にいるため動くことが出来る九十九は、凰輪を使うことで羂策の術式の効果範囲と持続時間を割り出しました。

どうしても出来てしまうインターバルでは呪霊操術を使ってくることも分かっていますが、九十九にとってその戦い方は敵ではありません。

確実に羂索の体力を削ることが出来ているため、二度とこないこのチャンスで羂策を仕留めると誓う九十九でしたがここで予想外の出来事が!

呪術廻戦ネタバレ考察
呪術廻戦208話ネタバレ最新確定と感想は?九十九死亡で絶望的展開に!こんにちは。 2022年12月26日発売の週刊少年ジャンプより、呪術廻戦208話「星と油④」が掲載予定です。 前話の207話...

呪術廻戦207話感想

戦いが始まる前は結構な内容が語られていたことが分かりました。

脹相と九十九が一緒に戦うことは相性が悪いため脹相が先に出た、そして今来たのはまだ戦えそうだから九十九を助けに来たのだと思っていましたが、完全に騙されていました。

羂策と共に読者も騙すやり方、ずるいです!加茂憲倫の存在を知ってから目的が一貫している脹相は、ここで絶対に羂策を殺しておきたいですが、ラストで九十九の身に起きてしまったことといい、やはり羂策に勝つことは出来ないような気がしますね。

今回はめちゃめちゃ激しい戦い+脹相の面白セリフ+衝撃で絶望の展開でお腹いっぱいになりました!

まとめ

この記事では、呪術廻戦207話の考察・展開予想とネタバレ最新確定・感想についてまとめました。

ないと思っていた脹相と九十九の共闘という夢のカードが現実に!

期待したいところではありますが、戦いの行方はどうなるのでしょうか!?

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

ebookjapan|今なら初回購入70%オフ

登録無料。マンガを中心に80万冊以上の取り扱い冊数。欲しいマンガが見つかる!電子書籍サービス。

Yahooと提携しているためpaypayポイントが利用できお得に貯まります。無料で読める漫画も豊富。

月額課金制ではないので辞める理由なし。初めての購入なら70%オフキャンペーン実施中!(6回まで)今すぐ公式サイトをクリック→<公式サイト

テキストのコピーはできません。