呪術廻戦

呪術廻戦181話ネタバレ最新確定と感想は?石流との戦いに決着!

こんにちは。

2022年4月18日発売の週刊少年ジャンプに、呪術廻戦181話「東京第2結界①」が掲載予定です。

前話の180話では、人生のデザートとなる強い奴との戦いにずっと思いを馳せていた石流に応えるため、わざわざ正面衝突した乙骨はその後、見事石流に勝利しました。

賢く強い乙骨に負けた石流は、とても満足して乙骨に感謝したのでした。

それでは、この記事では、呪術廻戦181話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

▼まんがを読むならコレ!▼

無料でマンガを読む方法があるのをご存知でしょうか?

動画配信サービスのU-NEXTなら無料で読める作品もたっくさんあります。

さらに登録をすると最初にもらえる600ポイントの利用で実質マンガ1冊無料になったり

アニメや映画・ドラマも「31日間は無料」で見放題作品多数!こんな素晴らしいサービス!利用しないともったいないですよね?

▼無料期間内に解約もできる▼

 

呪術廻戦181話ネタバレ考察予想「石流との戦いに決着」

石流との戦いに決着がつきました。

石流はリカとの接続が切れた後の乙骨本人に完全敗北したことでとても満足していたため、生きていたとしてもこれ以上戦うことはないでしょう。

過去の術師である石流は悔いがあるからこそ羂索の企みに乗っかり死滅回遊に参加しましたが、もう悔いが晴れたため消える選択をするのではないでしょうか?

現時点ではまだ乙骨に点が入っていないため、石流がどうするのか、また乙骨が石流をどうするかに注目です。

呪術廻戦181話ネタバレ考察予想「石流の点数譲渡」

石流は自分の命がこのまま尽きてしまうことを自覚していると思われます。

しかしそれまでの少しの間、乙骨と話をします。

その中で、乙骨が点数を集めている理由を知ります。

よくいるクソみたいな連中と違い、確固たる意志と目的を持った乙骨に心を打たれた石流は自分の持っている点を乙骨に全て譲渡するでしょう。

1点も残さなければ術式が剥奪され、石流は死にます。それはどんな死に方よりも穏やかな死になるのではないでしょうか。

呪術廻戦181話ネタバレ考察予想「鳥鷺の生死は?」

石流と同じく点数についての移動がまだない鳥鷺は生きている可能性が高いです。

石流とのやり取りを終えた乙骨は倒れた鳥鷺の元に向かい一先ず拘束。

藤原に強い怨みを持つ鳥鷺を何も分からない間に殺すことはないと思われます。

藤原の子孫だと一括りにされている乙骨ですが、正直迷惑であることからこちらとも話をして、可能であれば点数を譲渡して貰います。

暴れて反撃してくるようであれば仕方なくトドメを刺しますが、そうはならないような気がしています。

呪術廻戦181話ネタバレ最新確定「東京第2結界①」

乙骨は烏鷺から、限界が来てしまうのは乙骨だと言われていました。

烏鷺は災害と呼べるほどの最強を目撃したのです。

石流もまた乙骨に対してモノ申しています。乙骨は石流を倒しはしましたが、殺してはいないのです。

そのことに対して甘い、と言われる乙骨は否定しませんでしたが、その後乙骨は点をくれ、と石流に言います。

乙骨の目的はこれだったのです。

こうして乙骨は持ち点190点となりました。

東京第2結界に場面は変わり、出版社にフランス人のシャルル・ベルナールが漫画の持ち込みに来ていました。

両親がフランス人ですが、シャルルは日本生まれ日本育ちであるため日本語がペラペラです。

ただ少し変わった子、というのが担当編集者の印象でした。

シャルルが持ち込んだ漫画に対し講評をしていく担当。シャルルの顔がどんどん曇っていきます。

そして絵についておかしい部分が指摘された時、シャルルはキレました。

担当がおかしいと指摘した絵と同じようにするために担当の指をへし折ったシャルルは、漫画ならではの良さを理解できない担当など不要だとシャルルは出版社を後にします。

リアリティを求められるのであれば漫画とは一体なんなのか、漫画家とは一体なんなのか、と分からなくなったその答えを求めるため、観覧車に乗っていました。

しかも秤と一緒に。

いつか復興する時のために下見に来ていた秤と、逆に終わりが来るであろう景色を見に来たというシャルル。

シャルルは死滅回遊により漫画も止まってしまったこの東京に絶望しながらも戦う理由を探し、秤に戦う理由をくれと頼みました。

すると秤はナチュラルにシャルルを罵倒し、シャルルの闘志に火が付きます。

呪術廻戦181話感想

仙台結界のエピローグ的部分が描かれました。

烏鷺が話していたのは確実に両面宿儺の事ですが、呪術全盛の時代の術師らしき烏鷺は宿儺を見たことがあるのでしょうか。

あの会話で乙骨に宿儺のことだと伝わったかは不明ですが、これからの戦いにおいてやはり宿儺が災いとなるフラグが立ったように感じます。

虎杖はまた宿儺にのっとられてしまうのでしょうか。

東京第2結界ではラブコメのような展開がやってきてやや笑ってしまいました。

どうして一緒に観覧車に乗ることになったのか、その部分を描いてほしかったです。

呪術廻戦182話考察予想

この戦いの前に35点であった乙骨は、ドルゥヴと黒沐死撃破で+10点、さらに石流と烏鷺から点の譲渡を受けました。

石流から77点、烏鷺の70点を足すと192点ですが、合計が190点になっていることから、石流と烏鷺それぞれに1点を残して生かしたことになります。

石流に関してはここから良い感じに変わっていきそうですが、烏鷺は少し心配なところ。

乙骨は本当にこの判断で良かったのでしょうか。

東京第2結界もスタートし、いきなり狂った少年登場。虎杖との戦いで少しだけ見た秤の本気がまた見られるのが楽しみです。

▷呪術廻戦182話はこちらへ

まとめ

この記事では、呪術廻戦181話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

漫画をお得に読むなら

漫画をお得に読むなら下記の電子書籍サイトで読むのがおすすめです。どれも安心・安全のサービスです。
サイト名電子書籍サイト無料期間
ebookjapanebookjapan初回50%オフ 電子書籍 80万冊 無料試読豊富
まんが王国まんが王国最大50%還元 無料試読豊富
U-NEXT31日間無料 トライアル ポイント600円付与
Amebaまんが大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】100冊まで 全部40%オフ
 

アニメ無料で見れる動画配信サービスは?

アニメや映画を見るなら下記の動画配信サービスがおすすめです。
サイト名動画サイト無料期間
UーNEXT31日間無料 トライアル 継続月2189円
hulu14日間無料 トライアル 継続月1026円
Abemaプレミアム14日間無料 トライアル 継続月960円
FODプレミアム14日間無料 トライアル 継続月976円