呪術廻戦

呪術廻戦182話ネタバレ最新確定と感想は?躊躇ないシャルル・ベルナール?

こんにちは。

2022年4月25日発売の週刊少年ジャンプより、呪術廻戦182話「東京第2結界②」を読みました。

前話の181話では、乙骨が烏鷺と石流から持ち点を譲渡してもらい、合計200点となったところで仙台結界編がひとまず終了しました。

そして舞台は東京第2結界へ。漫画への愛を語る少年、シャルルと遭遇した秤はおかしなことを言うシャルルと一触即発状態になっています。

それでは、この記事では、呪術廻戦182話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

呪術廻戦182話ネタバレ最新考察「シャルル・ベルナール」

東京第2結界にて最初に登場したのがシャルル・ベルナールという泳者です。

あの子、などと言われていることから年齢はそれほど高くなさそうです。

両親がフランス人ということで見た目も申し分ないのですが、問題なのはその中身です。

かなりのクレイジーボーイです。まだ術式が何かは明らかになっておらず、もしかすると術師ではないかも知れませんが、

問答無用で担当編集者の指をへし折っていたことから躊躇ない戦いを見せることは間違いないでしょう。

呪術廻戦182話ネタバレ最新考察「秤が容赦なく殺すことはある?」

恐らくですがシャルルはまだ誰とも戦っていないでしょう。

戦うモチベーションがないと言っていたのにもし既に得点を多く持っていたらそれは猶更恐ろしいことです。そうではないと信じたい・・・。

となれば、シャルルを倒しても得点譲渡が期待できないため、戦うならば殺すしかありません。

虎杖のように出来るだけ殺したくない者や、伏黒のように津美紀のためならば悪魔にでもなれる者がいる中、秤は戦いで容赦なく人を殺すのでしょうか。

呪術廻戦182話ネタバレ最新考察「歩いていたのは三輪!?」

仙台結界の様子から東京第2結界の場面に切り替わる直前、ワンシーンだけ荒廃した街を歩く人物が描かれました。

刀を持っていたことと、あの斜めカットの前髪。この特徴を持った人物は三輪しかいません。

三輪は死滅回遊に参加しているのでしょうか。

死滅回遊に参加したことが分かっている高専関係者は、天元の元に行った虎杖と伏黒、乙骨。

そして虎杖たちが会いに行った秤とパンダの5人です。

偽夏油との最後の邂逅時に京都校のメンバーもいましたがその後は何をしているのかが描かれていなかったので、

京都校のメンバーももしかすると死滅回遊に参加しているのかも知れません。

呪術廻戦182話ネタバレ「東京第2結界②」

戦闘が始まるとシャルルは巨大なGペンを出しました。そして観覧車の中で容赦なく秤に攻撃をしてきます。

秤はパーカーのポケットに手を入れたまま、観覧車の個室を飛び出しシャルルの攻撃を避けます。

シャルルは秤に攻撃をしながら、漫画家たちは皆現実で出来ないことを漫画の中で行うと話し始めました。

しかしシャルルには呪術というフィクションが現れてしまいました。

それにより作者のフィクションを楽しむ読み手でいることにも、フィクションを想像する描き手になることにもモチベーションを失ってしまったのです。

呪術廻戦182話ネタバレ絶望!

シャルルはこのその気持ちを絶望だと言いGペンを振り下ろしました。

ペン先は秤の頬をえぐります。

これによりシャルルのある条件が満たされました。

秤の血が付着したペン先が光り、秤に向かって何かが飛ばされます。

秤の胸に、謎の白い四角がくっつきました。

しかし特に異変が起きていない秤は、蹴りでシャルルに攻撃をします。

避けられてしまいましたが、秤は違和感を持ちました。

呪術廻戦182話ネタバレ違和感の正体!

反射には見えなかったのです。

秤の胸につけられたのは漫画のコマ。

ページを開けば必然的に最後のコマが目に入るように、シャルルには秤の少し先の動きが見えるようになっていたのです。

これは血の量に比例します。

未来が見えるシャルルの術式が分かった上で動く秤の動きは以上に速いです。

シャルルは未来が見えるお陰で何とか避けることが出来ましたが、秤の血をさらに得ることはできません。

さらにここから秤はシャルルの術式の穴をついていきます。

呪術廻戦182話ネタバレ秤の領域展開

未来が視える、ということは死角にいれば動きは予測されないと見抜いた秤は死角から攻撃を続けていきます。

それでもくらいついてくるシャルルは秤の額を傷つけることに成功し、さらなる未来を見ようとしますがその時秤が領域展開をします。

呪術廻戦182話感想

途中まではずっと手をポケットに入れたまま戦っていた余裕の秤でしたが、最後にはまさかの領域展開までもっていきました。

しかしこれは厳しい戦いであるから行った領域展開ではないでしょう。

シャルルのような人間はどうせまた同じことをするからしっかりと折っておくと言っていましたが、

コテンパンにやるための領域展開ですが、殺して点を得るつもりはないのでしょうか。

かなりガラの悪い秤ですが、呪詛師ではなく呪術師であるためやはり必要以上に人を殺さないのかなと思っています。

呪術廻戦183話考察予想

まだ得点を持っているかも分からないシャルルですが、それでも術式のことをちゃんと分かっているため戦ったことはあるはずです。

この戦いが東京第2結界編のメインになるはずがないため次回あたりで決着になると思いますが、もし心をへし折ることが出来たら秤は得点を貰うつもりでいるのでしょうか。

天使がこの結界にいないことも分かっていないためどのような行動をとるかは不明ですが、早くメインの戦いになってくれることを期待しています。

▷次話!呪術廻戦183話はこちらへ

まとめ

この記事では、呪術廻戦182話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

漫画をお得に読むなら

漫画をお得に読むなら下記の電子書籍サイトで読むのがおすすめです。どれも安心・安全のサービスです。
サイト名電子書籍サイト無料期間
ebookjapanebookjapan初回50%オフ 電子書籍 80万冊 無料試読豊富
まんが王国まんが王国最大50%還元 無料試読豊富
U-NEXT31日間無料 トライアル ポイント600円付与
Amebaまんが大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】100冊まで 全部40%オフ
 

アニメ無料で見れる動画配信サービスは?

アニメや映画を見るなら下記の動画配信サービスがおすすめです。
サイト名動画サイト無料期間
UーNEXT31日間無料 トライアル 継続月2189円
hulu14日間無料 トライアル 継続月1026円
Abemaプレミアム14日間無料 トライアル 継続月960円
FODプレミアム14日間無料 トライアル 継続月976円