当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

呪術廻戦

呪術廻戦208話ネタバレ最新確定と感想は?九十九死亡で絶望的展開に!

こんにちは。

2022年12月26日発売の週刊少年ジャンプより、呪術廻戦208話「星と油④」が掲載予定です。

前話の207話では、

羂策が術式を使えない間に一気にカタを着ける、と九十九と脹相が2人で羂策に飛び掛かりました。

絶対に当たると思われた至近距離からの穿血も避けられてしまうも確実に追い詰められているように見える羂策。

倒せぬまま術式が回復されてしまいますが、それでもまだ有利な九十九に羂策は!?

それでは、この記事では、呪術廻戦208話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

呪術廻戦208話ネタバレ最新考察「九十九由基死亡?」

前回のラストで九十九は腹に穴を開けられてしまいました。

穿血が貫通したとかいうレベルではなく、渦巻きで腹を消されたような大きな穴が開き、向こう側まで見えていたように描かれました。内臓が消滅していますね。

これは流石の九十九でももう無理そうです。反転術式を使おうにも羂策はその隙さえ潰してきそうですし、完全に積んでいます。

脹相が持ちこたえる&天元が何かをすることで少しだけ生存コースの可能性が生まれますが、九十九とはここでお別れになるような気がしますね。

呪術廻戦208話ネタバレ最新考察「脹相だけでは勝てない」

九十九が死んでしまうとなれば、もう脹相だけで羂策を倒すことは出来ないでしょう。

術式も回復されてしまいましたし、このまま脹相は重力に潰されて動けないままトドメを刺されてしまいます。

希望を持たせてくれたと思っても、やっぱり容赦なく味方キャラがお亡くなりになる作品で辛いですね。

九十九と脹相の2人が完全に絶命してしまったら、それで羂策は最下層にいる天元のところへ向かいます。

このまま天元は利用されて羂索の思い通りになってしまうのでしょうか?

呪術廻戦208話ネタバレ最新考察「天元と羂索の対峙」

羂索が天元の元にやってきて、天元が倒され利用されて世界が終わり、というのがこれまでの展開から予想できますが、羂索は少し前にちょっと気になる発言をしていました。

それは206話、九十九が羂索との戦いでぼろぼろになった時、死滅回遊と天元との関りについて何か言いかけたシーンです。

結局語られる前に脹相が現れたこともあり何を言おうとしていたのかは不明のままでしたが、天元と羂索が直接対峙するとなるとこの時何を言おうとしていたのかも明らかになりそうです。

天元は人間側ではないのでしょうか?

呪術廻戦208話ネタバレ最新確定「星と油④」

時間はまた少し前に遡ります。

羂索との戦いの前、九十九は長らく感じていた疑問を脹相にぶつけました。

それは虎杖のことを第一に考える脹相が、自分の命については二の次であること。

虎杖が大事であるにも関わらず、脹相は虎杖と共に生きる未来を描いていたのです。

その疑問に対し、脹相は質問で返しました。

受胎九相図は果たして人なのか。

人とも呪いとも呼べる存在ですが、脹相は受胎してすぐに壊相と血塗が人に受け入れられることはないだろうと感じました。

そのため、人ではなく呪いとして生きる道を選んだのです。

しかしそれが間違いでした。

壊相と血塗が人として苦しまず、呪いとして生きる楽な道を選んだせいで、虎杖と壊相、血塗は兄弟で殺し合ってしまったのです。

一方の虎杖は宿儺のせいで人であることに苦しんでいました。

脹相は本来兄弟は2人で戦うはずだったことを考えると、虎杖を1人にしてしまったことも自分の責任であると涙しました。

今脹相が死んでしまえば虎杖は1人になってしまいます。

しかしそれ以上に脹相は自分が犯した罪の重さを感じているからこそ、ここで命をかけなければならないと考えているのです。

九十九の腹に大穴が開けられた今、脹相は自分の手で羂索にトドメを刺そうとするもそこで結界が壊れます。

九十九は脹相に人として虎杖と生きて欲しかったのです。

脹相を結界から出し、代わりに入って来た天元。

しかしそれは羂索の意識を九十九からそらさせるためでした。

身体が真っ二つになっている九十九は、ここで星の怒りの質量を極限まで上げて!?
自分の身を顧みずにとんでもない技を使った九十九の運命は!

呪術廻戦ネタバレ考察
呪術廻戦209話ネタバレ最新確定と感想は?天元が羂索の手に落ちて?こんにちは。 2023年1月7日発売の週刊少年ジャンプより、呪術廻戦209話「未知への供物」を読みました。 前話の208話で...

呪術廻戦208話感想

戦いの前に脹相と九十九はかなり話をしていたようですね。

それにしても結界の中で遊びすぎです。これまでの会話シーンは和室、そして今回はバー。何でもできると言っても雰囲気作りすぎて笑ってしまいました。

羂索も映画館を作っていたりするので、全員ユーモアに長けていますね。

脹相の罪悪感はとても納得のいくものでしたが、それでも九十九はそんな脹相がもう罰を受けたと感じたのでしょう。

呪いとして生きてきた脹相が呪いとして死に、ここからは人として生きることを勧めたのは、脹相が過ぎるほどの罰を受けたからです。

脹相と九十九の間にはとてもいい関係が築かれていたのだなと感動しました。

まとめ

この記事では、呪術廻戦208話の考察・展開予想とネタバレ最新確定・感想についてまとめました。

九十九には死んでほしくないですが、どうにもヤバそうな展開になってきました。

脹相も虎杖に最期の言葉を残すことが出来ずに死亡してしまうのでしょうか?

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

ebookjapan|今なら初回購入70%オフ

登録無料。マンガを中心に80万冊以上の取り扱い冊数。欲しいマンガが見つかる!電子書籍サービス。

Yahooと提携しているためpaypayポイントが利用できお得に貯まります。無料で読める漫画も豊富。

月額課金制ではないので辞める理由なし。初めての購入なら70%オフキャンペーン実施中!(6回まで)今すぐ公式サイトをクリック→<公式サイト

テキストのコピーはできません。