夜桜さんちの大作戦

夜桜さんちの大作戦125話ネタバレ最新確定と感想は?黒い桜に侵された凶一郎!

こんにちは。

2022年4月11日発売の週刊少年ジャンプに、夜桜さんちの大作戦125話「行かせない」が掲載されました。

前話の124話では、凶一郎を追い詰めた夜桜妹弟は、凶一郎を捕まえるために準備して来た全ての方法を使って凶一郎を連れて帰ろうとしました。

しかし凶一郎の体はつぼみの血に侵されており、妹弟たちではどうすることも出来ないことが分かりました。

それでは、この記事では、夜桜さんちの大作戦125話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

▼まんがを読むならコレ!▼

動画配信サービスのU-NEXTなら無料で読める作品もたっくさんあります。

U-NEXT

さらに登録をすると最初にもらえる600ポイントの利用で実質マンガ1冊無料になったり

アニメや映画・ドラマも「31日間は無料」で見放題作品多数!利用しないともったいないですよね?

▼無料期間内に解約もできる▼

夜桜さんちの大作戦125話ネタバレ考察「黒い桜に侵された凶一郎」

つぼみの血が根を張ったことで凶一郎の体はむしばまれています。

当主を守る者はいなくなる、と言っていた二ノ前御前の言葉から、つぼみの血に侵された人間に待っているのは死のみであり、それは周りにも感染していくとのことでした。

だからこそ妹弟から距離を置く選択をした凶一郎ですが、体の表面に黒い桜が現れ始めた時点で凶一郎の命のタイムリミットはかなり危ないところまで迫っていたと思います。

太陽が現れましたが、凶一郎を死から救うことが出来るのでしょうか。

夜桜さんちの大作戦125話ネタバレ考察「万花繚乱の力でつぼみの血を浄化する」

出雲灰が言っていた凶一郎を救うことが出来るのは太陽だけという言葉は太陽が万花繚乱を使えるからだという意味です。

万花繚乱もつぼみの血を取り入れたことで使えるようになった力です。

つぼみの血で侵されていく凶一郎を助けることが出来るのはつぼみの血ということでしょうか。

太陽が万花繚乱を使いこなしていれば、凶一郎の体内から黒い桜となっているつぼみの血を完全に消し去ることが出来ます。

太陽は必ず成し遂げ、凶一郎を救ってくれるでしょう。

夜桜さんちの大作戦125話ネタバレ考察「太陽は更なる力を得る?」

太陽が凶一郎からつぼみの血を浄化した際、ただ消し去るだけなのか自らが吸収してしまうのかが気になるところです。

つぼみの血で力を得た太陽は、その後皮下からもつぼみの血を与えられ更に万花繚乱を強化しました。

もしもここで凶一郎の体内にあるつぼみの血も吸収することになれば更なるパワーアップが見られるでしょう。

苦しむことにもなるかも知れませんが、つぼみ本人と戦うためには切り離せない万花繚乱の力。

太陽は更に強くなれるのでしょうか。

夜桜さんちの大作戦125話ネタバレ最新確定「行かせない」

凶一郎の前に太陽が到着。

凶一郎の体から溢れる黒い桜に驚く太陽に、二刃はそれが七悪でも解毒不可能な毒であること、凶一郎が家族に感染させないために1人で姿を消そうとしていることを伝えます。

動揺する太陽ですが、自分がやるべきこと、自分にしか出来ないことを冷静に思い出し凶一郎に銃を向けました。

勿論凶一郎は反撃し、周囲を破壊して逃走を図りました。

妹弟全員で凶一郎を足止めするために技を出します。しかしそれらは全く足止めになりません。

凶一郎は本当の足止めを教える、というと鋼蜘蛛で洞窟の天井を粉々に破壊しました。

防御するしかない妹弟たちが陣形を組み直す中、凶一郎だけは崩れてくる岩の中を駆け抜けていきます。

そんな中、太陽だけがまだ凶一郎を折っていました。

刀の形に変わった八重の柄を使い凶一郎に攻撃をする太陽ですが、勿論そんな甘い攻撃が凶一郎に届くはずがありません。

凶一郎はそのまま鋼蜘蛛で太陽を拘束します。

動けば太陽は細切れになってしまいます。凶一郎はまだまだ未熟ながらも強くなった太陽を認め、もう守る必要はないと歩いて行きます。

その言葉が太陽の中のとある記憶を蘇らせました。

どれだけ太陽のことが嫌いでも家族だからと守ってくれた凶一郎。凶一郎が守ってくれるから、太陽も六美を守ってこられました。

自分も、他の家族も凶一郎に守られてきたのです。

このままでは絶対に終わることが出来ない太陽。

鋼蜘蛛が食い込み、体が切れても気にせず、去ろうとする凶一郎の腕を掴みました。

夜桜さんちの大作戦125話感想

凶一郎失踪編がクライマックスに差し掛かっています。

妹弟たちは皆凶一郎が家族の元を去ろうとすることを知ってそれでも凶一郎を連れ戻そうとしています。

どうしたら凶一郎の解毒が出来るかも分からない状況で、自分たちの命が危険になると知っても凶一郎を助ける道を選んだのです。

家族のとてつもなく強い絆を感じました。

どこまで行っても自分が家族を守るのだと決意している凶一郎が、自分も守られることに気づく瞬間がどのようなものになるのか楽しみです。

まとめ

この記事では、夜桜さんちの大作戦125話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▷次話126話はこちらへ