夜桜さんちの大作戦

夜桜さんちの大作戦126話ネタバレ最新確定と感想は?太陽の覚悟!体が傷だらけでも!

こんにちは。

2022年4月18日発売の週刊少年ジャンプに、夜桜さんちの大作戦126話「大事な家族」が掲載されました。

前話の125話では、駆け付けた太陽と共に、家族全員で凶一郎を足止めしようとしました。毒に侵され、家族の元を離れようとする凶一郎。

最後まで家族を守る姿を貫こうとする凶一郎の意思を知った上で、それでも太陽は凶一郎を連れ戻そうとします。

それでは、この記事では、夜桜さんちの大作戦126話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

▼まんがを読むならコレ!▼

無料でマンガを読む方法があるのをご存知でしょうか?

動画配信サービスのU-NEXTなら無料で読める作品もたっくさんあります。

さらに登録をすると最初にもらえる600ポイントの利用で実質マンガ1冊無料になったり

アニメや映画・ドラマも「31日間は無料」で見放題作品多数!こんな素晴らしいサービス!利用しないともったいないですよね?

▼無料期間内に解約もできる▼

 

夜桜さんちの大作戦126話ネタバレ考察予想「太陽の覚悟!体が傷だらけでも」

太陽は鋼蜘蛛により体が切れてしまうことを分かっていながら凶一郎に手を伸ばしました。

そこには強い覚悟を感じます。

死んでしまうかも知れませんが、それでもずっと自分たちを守ってくれた凶一郎を今度は自分が守らなくてはならない、そう思うことで太陽は動けるのです。

主人公であるため死んでしまうことはありませんが、それでも既に体は切れ始めているため、大けがをしてしまうことは必至。

凶一郎を連れ戻すためにどれほどのダメージを負うのでしょうか。

夜桜さんちの大作戦126話ネタバレ考察予想「凶一郎の力が緩む」

太陽の体に鋼蜘蛛がどんどん食い込んで行きます。

凶一郎は家族を守るために家族の元から去ろうとしている状態。

前回太陽を寄せ付けないためにした攻撃で太陽を傷つけてしまったことは凶一郎本人も動揺していたからだと出雲が話していたことから、

今回どれだけ決意を固めていてもこれ以上太陽を傷つけることが出来ずに鋼蜘蛛を緩めてしまうでしょう。

そこが狙いどころです。太陽もまた凶一郎を傷つけないため柄を使って攻撃してしまいますが、それでも何とか凶一郎の動きを止めることに成功します。

夜桜さんちの大作戦126話ネタバレ考察予想「凶一郎連れ戻し成功!」

倒して連れ帰るか凶一郎が自ら帰ることを受け入れるかは分かりませんが、それでも凶一郎は家に帰って来ることになります。

黒い桜は感染するものであるため、妹弟たちは凶一郎と距離を置きますが、太陽と六美は近くにいても大丈夫でしょう。

二ノ前御前の話によると、当主を守る者はいなくなるとのことだったので、当主に感染する可能性は低いからです。

また太陽も万花繚乱により黒い桜の毒を中和出来る可能性があります。ここから凶一郎を本当に助けるための太陽の戦いが始まります。

夜桜さんちの大作戦126話ネタバレ最新確定「大事な家族」

体に鋼蜘蛛が食い込むのも何のその、太陽は凶一郎の腕を掴みました。

やっと掴んだ・・・、そう思った矢先、太陽は鋼蜘蛛により背後に引っ張られ、また凶一郎との距離が開いてしまいます。

既にかなり顔色が悪くなっている凶一郎は、突如がくッとその場に膝をつきます。

太陽が凶一郎を呼ぼうと叫んだ時、太陽の手にも黒い桜が現れました。

増殖していく黒い桜。

その時、太陽の手から眩い光が放たれます。

よく見ると、太陽の手で増殖した黒い桜の花を、太陽自身の桜が覆っているのです。

次第に太陽の桜の方が多くなり、黒い桜は崩れて消えてしまいました。もう太陽の体に黒い桜はありません。

次の瞬間、凶一郎の体にも太陽の桜が現れます。

それは先ほど太陽が掴んだ部分です。

凶一郎の腕で開いた桜の花びらは、周辺の黒い桜を飲み込み消滅させてしまいます。

太陽は出雲の言っていた言葉の意味はっきりと理解しました。

自分だけが凶一郎を救える、そう分かった太陽は自分に絡みつく鋼蜘蛛を切り、凶一郎に向かって行こうとします。

しかし凶一郎は太陽の考えを理解した上でまだ太陽を拒みました。

問題はこの毒だけではなく、更に強大な何かが夜桜家を待ち受けていることです。

凶一郎は1人での戦いにおいて、狙われたのは強い自分でも家族でもないことを知りました。

狙われていたのは、過去、現在を含めた夜桜全てなのです。

それほど強大な何かが裏に潜んでいるからこそ、凶一郎はこれ以上家族を巻き込みたくないと考えています。

しかし確実に弱っている凶一郎の意図は、太陽に斬られてしまいました。

ここまで弱ってもまだ家族を守ろうとする兄。兄を含めた家族を守るため、太陽は凶一郎を抱きしめます。

夜桜さんちの大作戦126話感想

太陽の桜が黒い桜を浄化する、という展開は予想していたものでしたが本当だった時は嬉しくなりました。

それで凶一郎を救えると思いきやまだ家族を拒み続ける凶一郎の責任感と家族への愛もとても感動するもので、今回の話は通して“良い!”と断言できるものでした。

特にラストの太陽が凶一郎を抱きしめるシーン。

飛び込んで凶一郎を逃がさないために掴んだ、と表現することが正しいのかも知れませんが、抱きしめたと捉えることでとても感動できました。

まとめ

この記事では、夜桜さんちの大作戦126話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▷次話127話へはこちらへ

漫画をお得に読むなら

漫画をお得に読むなら下記の電子書籍サイトで読むのがおすすめです。どれも安心・安全のサービスです。
サイト名電子書籍サイト無料期間
ebookjapanebookjapan初回50%オフ 電子書籍 80万冊 無料試読豊富
まんが王国まんが王国最大50%還元 無料試読豊富
U-NEXT31日間無料 トライアル ポイント600円付与
Amebaまんが大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】100冊まで 全部40%オフ
 

アニメ無料で見れる動画配信サービスは?

アニメや映画を見るなら下記の動画配信サービスがおすすめです。
サイト名動画サイト無料期間
UーNEXT31日間無料 トライアル 継続月2189円
hulu14日間無料 トライアル 継続月1026円
Abemaプレミアム14日間無料 トライアル 継続月960円
FODプレミアム14日間無料 トライアル 継続月976円