キングダム

キングダム724話ネタバレ最新確定と感想は?李牧がみる桓騎の弱点とは!?

こんにちは。

2022年6月23日発売の週刊ヤングジャンプより、キングダム【724話】「四つの大戦」を読みました。

723話では、

羌瘣隊のおかげで李牧の壁に穴が開きました。そのことを知り愛閃隊も脱出しようと考えますが、まだ強敵が立ちふさがり簡単に逃げられる状況ではありません。

するとそこに早く逃げればいいものの、秦たち飛信隊が戻ってきました。飛信隊は楽華隊も一緒だと逃げる道を確保し続けました。

それでは、この記事では、キングダム【724話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

キングダム724話ネタバレ最新確定

飛信隊、楽華隊が外に出てしまったため、本陣を守るのは中央の壁軍と右翼の北東部軍、そして桓騎軍のみです。

しかしこの危機的状況でも桓騎はまだなんの動きも見せません。

趙軍はこのまま桓騎を殺してしまえとさらに士気を高め、到底秦軍が逃げられそうにない包囲網で迫ってきます。

壁軍もこのままでは全滅。部下からは飛信隊たちのように脱出を提案する声が聞こえてきますが、壁はそんな無責任なことは出来ないと言います。

後ろに控えるナジャラ族族長は、正直すぎる壁では敗けてしまうと感じていました。

死ぬことを恐れず絶対に中央を守り切らなければならないと考えている壁。壁ならばもっとましな戦術を立てることが出来るはずですが、それでも壁は今のまま行こうとしているのです・

壁軍は勿論限界を迎えました。これで趙軍は中央から桓騎軍本陣に迫ります。

焦る摩論は桓騎に次の動きを要求しますが、桓騎はまだ大丈夫だと右翼の軍を中央に移動させる指示だけを出しました。

愕然とする摩論。一方李牧と共に戦場を見守る高官も摩論と同じく動きを見せない桓騎にただならぬ何かを感じていました。

しかし李牧は落ち着いて桓騎について語り始めました。

桓騎は名を上げ始めてから大きな4つの戦で勝利を収めてきました。

その他の多くの戦でも武功を上げる桓騎ですが、その全てが正攻法とは言えない戦い方です。

桓騎は戦のための準備をしない武将なのです。それは桓騎が賊のまま蒙武の右腕となり、センスだけで戦ってきたからです。

心理戦にも長けているように見える桓騎ですが、逆にその巧妙な戦いしか出来ないことが桓騎の弱点だと李牧は言います・

大きな何かが起きれば桓騎が動く、しかし逆に動き方が分からなければ桓騎は動かないと踏んでいる李牧は、主力の将軍たちを残したまま数で攻め、桓騎の守りを減らしていきます。

しかしここで遂に桓騎が動き出しました。

各軍の頭に伝令を送り、一気に兵の移動を始める桓騎。

そうして出来上がったのは李牧も見たことがない十字型の布陣でした。

キングダム724話感想

摩論の焦りは何度見ても面白いシーンです。

飛信隊、楽華隊がいなくなったことで今回慌てていたのは摩論だけでなく桓騎軍全体。その中で落ち着いていたのは桓騎だけだったのです。

よくこんな軍でやっていくことが出来るな、と少し感心してしまうほどです。

いつになったら動くのかと思っていた桓騎が遂に動き出しました。

できれば壁軍がやられてしまう前に動き出してほしかったので、今は壁やナジャラ族が無事なのか心配です。早くまた出てきて無事を確認させて欲しいです。

キングダム725話考察予想

桓騎軍が見せた新たな布陣。守ることを知らない桓騎のことなので、この布陣は攻めに徹しているのだと予想します。

現時点の戦況は、趙軍の大量の兵が数で秦軍の兵を減らそうとしている状態です。あまり深く考えない桓騎もさすがにそのことは理解しています。

その上でこの布陣にしましたが、いきなりの思い付きで出来るような布陣でもないことから、桓騎はいつもとは違いこの戦いでは何かしらの準備をしていたのではないかと予想します。

▷キングダム725話へ

まとめ

この記事では、キングダム【724話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。