キングダム

キングダム723話ネタバレと感想は?飛信隊と楽隊隊が合わせて籠を脱出!

こんにちは。

2022年6月16日発売の週刊ヤングジャンプより、キングダム【723話】「飛信隊の道」を読みました。

722話では、

飛信隊の歩兵団も中央に到着しましたが、同時に青歌軍も歩兵団を出してきて戦いは相変わらず拮抗していました。

それでも李牧の壁を抜けることに集中することを決めた信は、後ろから回り込む羌瘣の存在にしっかりと気づいていたのでした。

それでは、この記事では、キングダム【723話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

キングダム723話ネタバレ最新確定

背後から迫った羌瘣は豪座公の首を討ちとりました。

と同時に力尽き、羌瘣はバランスを崩し落馬寸前。

信はそんな羌瘣に駆け寄ると、抱きかかえ安否確認のために呼びかけます。

羌瘣は到底大丈夫とは言えない顔をしていますが、大丈夫だと自分のタイミングの良さを信に自慢します。

信は感謝しました。羌瘣隊のおかげで李牧の壁を壊し、外へと繋がる道を作り出せたのです。

河了貂はこの道を塞がれる前に、歩兵団もろとも外へ出るように指示を出します。

敵は必ず動き出しますが、それでも脱出出来そうない流れに、皆の目に希望が見え始めます。

しかし信はまだ安心していません。

愛閃隊も飛信隊の作った道に気づき、すぐに穴へ向かうことにします。

ですがそう簡単にも行かず、楽彰、フーオンが愛閃隊の兵を容赦なく斬り倒してきました。

これほどの強敵と戦うほどの気力は残っていない愛閃。

するとそこに信、羌礼が現れ楽彰とフーオンに斬りかかります。

さらに飛信隊の他の兵も戻ってきます。

飛信隊は逃げることが出来た状況。しかし信は楽華隊も逃げることが出来なければ意味がないと、共闘であることを貫いていたのです。

一方飛信隊の歩兵団は楽華隊が通過できるように道を死守していますが、それも長くは続きません。

河了貂はとにかく急いで欲しいと焦っています。

しかし信と羌礼はそう簡単に楽彰、フーオンを倒せません。

するとここが乱戦の場であることが功を奏します。

フーオンの背後から槍が飛び出し、咄嗟に反応できたもののフーオンは落馬してしまったのです。

更に楽彰も信と愛閃の連携により落馬。

この隙に飛信隊、楽華隊共に一気に道を駆け抜け、脱出を成功させました。

李牧は信が出来る将軍だと称賛しながらもそれほど気にしていません。

今回の最大の討伐対象。桓騎はまだそこにいるのです。

キングダム723話感想

決死の思いでこじ開けた道から早く逃げればいいものの、楽華隊もいなくてはだめだと戻ってくる飛信隊。かっこよすぎます。

まだまだ気を抜けない戦場の中、ポカンとした表情でほっこりしている信と羌瘣の様子も面白くて今回は見どころが多いと感じました。

楽彰、フーオンを討つことが出来なかったことは心残りですが、あそこでいつまでも粘っていたらこれだけの軍勢で脱出することは出来なかったでしょう。全員がファインプレーでした。

キングダム724話考察予想

飛信隊と楽華隊が籠の外に出てしまいましたが、李牧の標的はあくまでも桓騎。

そのため次回は本陣桓騎軍の動きについて描かれるでしょう。

焦る摩論に対して桓騎はまだまだ余裕の様子でいます。

李牧もまだ策を隠し持っていることは間違いありませんが、お互いの狙いはどちらの方が上手なのでしょうか。

外に出た飛信隊たちがどのような行動に出るのかも気になるところですが、ダメージも大きかったため、しばらくは本陣付近で出てくることはないでしょう。

▷キングダム724話はこちらへ

まとめ

この記事では、キングダム【723話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。