ブルーロック

ブルーロック177話ネタバレ最新確定と感想は?潔×黒名の惑星ホットライン!

こんにちは。

2022年6月15日発売の週刊少年マガジンに、ブルーロック【177話】「惑星ホットライン」を読みました。

176話では、

千切は右でシュートを打つため位置取りはこうだ!と決めつける潔の期待を裏切り、千切はどんどん中へと入っていきました。

千切が狙うのはプリンスと共に見つけた自分だけの黄金特区。ここからのシュートであれば、正確さのみで十ゴールを奪うことが出来るのです。

それでは、この記事では、ブルーロック【177話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ブルーロック177話ネタバレ最新確定

ファーストゴール千切豹馬で生配信が沸いています。

潔は少し見ていない間に跳ね上がった千切のプレーのクオリティに言葉が出ません。

右サイドからは見ることが出来なかったゴールのための技術、超進化はとてつもないのです。

千切は明らかに驚いている様子の潔に、ストライカーになるための理想を再構築した黄金式こそが青い監獄で戦う自分たちに必要なものであると教えました。

しかし、それは自分に自信があるからあえて伝えたことでした。

戻っていく千切の背中を見ながら動けなくなっている潔にカイザーが近づいてきました。

カイザーは千切に興味を持っていたのです。そして逆に潔への興味を失ってしまいそうだと煽ってきました。

しかし潔はカイザーを払いのけるだけで何も反論はしません。

それはイングランドマンシャイン・Cの選手たちがどのような共通意思を持ち戦っているかを考えているからです。

どうしたらいいのか、とにかく潔は考えます。

カイザーはそんな潔を面白がり、敢えて潔にパスを出して試合を再開しました。

潔はそんなカイザーにむかつきながらも、カイザーを後悔させる気持ちでボールを蹴りだしました。

前には瞬時に現れた玲王。

潔はここで共闘を名乗り出てくれている黒名にパスを出しました。

黒名は玲王を翻弄しながらまた潔にパスを出し、2人はぐんぐん前に進んでいきます。

潔は敵の嫌な場所と伊佐木にとって良い場所を瞬時に察知して動いてくれる黒名を惑星に例えていました。

この2人の連携、言うなれば惑星ホットラインに、玲王は1人では無理だと仲間を呼びます。

潔と黒名はこのまま制圧のため走り続けます。

ブルーロック177話感想

イングランドマンシャイン・Cで学んだ理念をあえて潔に教えてくれた千切。

そこには絶対的な自信があることが分かりますが、それでも何も言わなくても良いところに伝えてくれる千切はやはりサッカーが大好きで優しい少年であることが分かります。

助言になったこの言葉で潔も向上できるのでしょうか。

カイザーはもうむかつくを通り過ぎて若干気持ち悪くなり始めました。しかしプレーが上手いことは確かなので何も言えません。そんなカイザーに試された潔が何を残すかに注目です。

ブルーロック178話考察予想

次回は潔×黒名の惑星ホットラインがこのままゴールまで駆け抜けていけるかが焦点になります。

かなりゴール近くまで行くことが出来る上、玲王を抜いたため、ここで凪かイングランドの他の選手たちが出てくるでしょう。

この新英雄大戦では青い監獄のメンバーが中心に描かれて他の選手があまり濃く描かれないため、イングランドにいる強い選手のことが気になっています。

さらに敵はイングランドだけでなく中にもいます。國神がボールを奪おうとしてくるかにも注目です。

▷ブルーロック178話はこちらへ

まとめ

この記事では、ブルーロック【177話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。