当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

彼女、お借りします

かのかり239話ネタバレ確定と感想は?水原がぶっちゃける内容とは!?

こんにちは。

2022年6月15日発売の週刊少年マガジンより、『彼女、お借りします』239話「キスと彼女⑧」を読みました。

前話の238話では、久々のレンカノデートとなりましたが和也は気合を入れたのに何も出来ずに終わってしまいました。

しかし終わり時間間際、水原からバレンタインのチョコレートが・・・。

謝罪の意味も込められたチョコレートでしたが、このチョコレートを貰うことで和也はキスの話を遂に切り出します。

あのキスに仕事以上の意味はあったのか!

何かを言おうとする水原は!?

それでは、この記事では、『彼女、お借りします』239話ネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

▷『彼女、お借りします』はこちらへ

かのかり239話ネタバレ確定

ぶっちゃける宣言をした水原は、今の自分の気持ちが何なのか分からないと和也に言いました。

八重森が掴んでいた情報通りの言葉です。

キスをしたこともレンカノの範疇を越えて許されない行為ですが、水原は自分がどうしてそこまでした和也を守ろうとしたのか分からないのです。

本気で悩んでいる水原はいっそレンカノを辞めてしまうことまで考えていました。

レンカノは水原の戸ってとてもいい収入源で生活のためにはやめるべきではありません。

和也は自分のせいで水原が責任を負うのは嫌でした。

すると水原はひとまず仕事をどうするかの話を辞めてまた気持ちの話を続けます。

八重森からはこの分からない気持ちの先には恋心があると言われました。

しかし水原が和也に見せているのはレンカノ水原千鶴というお飾り。

和也が好きなのもその飾られた自分なのではないかと思っているのです。

これはとても意地悪な質問でしたが、それでも和也はたとえ水原千鶴ではなく一ノ瀬ちづるでも100%飾らずにいることは出来ないと言います。

それが人間。

人を好きになると言うことは、飾られた部分も好きになると言うことなのです。

反論してみたものの、和也はもう自分には可能性がないと絶望の気持ちが生まれていました。

すると和也から少し離れ、恋人になるのであれば好きになってからが良い、気持ちが分かるまで待っていて欲しいと和也に伝えました。

まだ終わりにならなかった関係に、和也はその場で発狂!

かのかり239話感想

ここで告白、そのまま付き合ってクライマックスまで駆け抜けるのかと期待して読んでいたら、意地悪な水原が登場してしまいました。

しかし、逆に言えば和也にも可能性があることが分かったのです。

これまでの人生、さらにはレンカノという仕事をしているからこそ恋心について分からないことが多い水原。

前向きになっていることから、和也に対して感じている気持ちが恋心だと答えを出して欲しいですね。これからの展開に期待が持てる話でした。

かのかり240話考察予想

次回から新章開幕。

水原は結局レンカノを続けることに決めたため、和也が水原と会いたければレンカノを経由しなければいけません。

しかし和也の手元には水原宛のDMがあります。

取りに行く、とラインの返事も貰ったのでプライベートで会う可能性も0ではありません。

しかしレンカノを続けている以上、お客とプライベートで頻繁に会うのは良くないのか・・・。

仕事以上の関係になるのは気持ちだけでは難しいのかもしれませんね。

水原はもう和也のことを好きになっていますが、自分のことや瑠夏のことにけじめをつけるために時間を必要としました。

告白の返事をする時はレンカノを辞めている一ノ瀬ちづるで来て欲しいですね。

▷次話かのかり240話はこちらへ

彼女お借りしますネタバレ考察
かのかり240話ネタバレ確定と感想は?水原が言う調査の内容は?こんにちは。 2022年6月22日発売の週刊少年マガジンより、『彼女、お借りします』【240話】「調査と彼女①」を読みました。 ...

まとめ

この記事では、彼女、お借りします【239話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

首の皮一枚つながった和也!

まだ大丈夫、もう少し粘って頑張って!

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▷『彼女、お借りします』はこちらへ

ebookjapan|今なら初回購入70%オフ

登録無料。マンガを中心に80万冊以上の取り扱い冊数。欲しいマンガが見つかる!電子書籍サービス。

Yahooと提携しているためpaypayポイントが利用できお得に貯まります。無料で読める漫画も豊富。

月額課金制ではないので辞める理由なし。初めての購入なら70%オフキャンペーン実施中!(6回まで)今すぐ公式サイトをクリック→<公式サイト

テキストのコピーはできません。