当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

彼女、お借りします

かのかり276話ネタバレ最新確定と感想は?和也が気絶して水原が衝撃的な言葉を!?

こんにちは。

2023年3月29日発売の週刊少年マガジンより、『彼女、お借りします』【276話】「彼女と一つ屋根の下⑤」を読みました。

前話の275話では、

物置の中で体勢を崩し、重なり合うように倒れてしまった和也と水原はまだそのままでした。

いまだ家の周辺にいる噂好きご近所さんにバレてはいけない。

それでも水原に触れまいと腕で体を支えている和也には限界が訪れて!?

それでは、この記事では、『彼女、お借りします』【276話】のネタバレと感想&考察予想についてまとめました。

▷『彼女、お借りします』はこちらへ

かのかり276話ネタバレ最新確定

腕だけで体を支えることが難しくなった和也は水原の許可を得て水原に体を預けます。

そこで分かったあることが。

水原の心臓がうるさく鳴り響いているのです。

あまりに音が大きくて一瞬自分かと思ってしまう和也ですが、よく考えるとこの音は和也が耳を当てている水原の胸の奥から聞こえています。

今の状況を見られてしまっては大変であるため、そのことに対する緊張感もあります。

しかし和也はそれ以上に、水原が自分に緊張してくれているのではないかという期待がありました。

水原が今和也のことをどう考えているのかは分からずじまいでしたが、八重森の言葉を受けて、これまでよりも意識してくれた可能性があるのです。

調査の答えはもう水原の体が証明してくれていると言っても良い状態。

和也の中で、受け入れて欲しいという気持ちが大きくなりました。

和也の中でよくない妄想が膨らんでいる中、ご近所さんは物置をじっと見つめていましたがそのまま帰っていきました。

帰った気配を察した水原は、ようやく安心して大きく息を吐くことが出来ました。

同時にはまっていた足も抜けたため、もたれている和也に声をかけるも和也は動きません。

よく見ると鼻血を出してのびていました。

声をかけると反応はするため、大事ではないようですがそれでも完全に思考停止で行動不能状態。

自分も汗だくになっている水原は自分が来ていたパーカーで和也に落としてしまった汗を拭き、そして和也にある一言を・・・。

その後、無事に家の中に入った2人でしたが、和也は物置での最後を覚えていないのでした。

かのかり276話感想

和也の思考が停止してから水原が言った一言は、和也を待たせていることに対する自分の気持ちをこぼしてしまったと受け取ることが出来ます。

つまり、水原の中ではやはり気持ちは固まっているのです。

そうなれば自分の気持ちに名前を付けることが出来ないなどと深く考える必要なないような気がしますね。

恋愛はもっと楽にやればいいのです。

水原の場合和也に全力で好きになってもらっていて、何をしても絶対に引かれたりしませんが、それでも普段から完璧な彼女を演じていたこともあり、本当の自分が彼女として大丈夫なのかを気にしているのかもしれませんね。

焦ってはいけませんが、それでも確実な進展を感じた一話でした。

かのかり277話考察予想

おうちでの事件がひとまず解決。

和也には水原の最後の言葉を聞きとることが出来ませんでしたが、それでも水原の鼓動から自分に対してドキドキしてくれていることを知りました。

調査の間はとにかくイメージダウンしないように心掛けてきた和也ですが、水原を惚れさせるために能動的に動くこともありなのではないでしょうか?

そしてここで気になるのは、水原の誕生日会の少し前に和也に会いに来た麻美。

多分和也にガチ恋していますが、彼女の存在が今の和也に黒い影を落とすことにならないか心配です。

▷次話!かのかり277話はこちらへ

まとめ

この記事では、『彼女、お借りします』【276話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

密着タイム終了!

なかなか濃厚な時間でした。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▷『彼女、お借りします』はこちらへ

ebookjapan|今なら初回購入70%オフ

登録無料。マンガを中心に80万冊以上の取り扱い冊数。欲しいマンガが見つかる!電子書籍サービス。

Yahooと提携しているためpaypayポイントが利用できお得に貯まります。無料で読める漫画も豊富。

月額課金制ではないので辞める理由なし。初めての購入なら70%オフキャンペーン実施中!(6回まで)今すぐ公式サイトをクリック→<公式サイト

テキストのコピーはできません。