当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

チェンソーマン

チェンソーマン124話ネタバレ最新確定と感想は?アサがヨルに恐怖を感じて限界が!?

こんにちは。

2023年3月29日配信の少年ジャンプ+より、チェンソーマン124話「スープ」を読みました。

https://twitter.com/Itll1anStall1On/status/1639586974091870211?s=20

前話の123話では、

団地に現れたのは落下の悪魔でした。すぐに逃げるアサとヨルでしたが、そこでアサの中にある嫌な記憶が蘇ります。

気持ちの落ち込みがそのまま落下へと繋がる落下の悪魔の力により、アサの体は地面ではなく空へと落ちていき!?

それでは、この記事では、チェンソーマン【124話】のネタバレと感想&考察予想についてまとめました。

チェンソーマン124話ネタバレ最新確定

落下を阻止するためにフェンスを掴んでいたアサの手からどんどん力が抜けていきます。

このままでは落下必死!

にも関わらずアサの思考は停止中であるため、ヨルは考えなくてもいいようにアサに武器を出させることに。

その方法は!?

ヨルの作戦はうまくいき、アサに武器を出させることに成功しました。

そして、そのために結構な代償を払ったことで、アサの中の恐怖が弱まり、ヨルと体を交代することもできました。

アサは空へと落ちそうになっていましたが、ヨルの地面は下にあります。

ヨルは今回現れた悪魔の正体を考えます。

落下の悪魔のことは知らないようですが、いくつかの候補を出していくうちに落下の悪魔であることにも気が付きました。

それではなぜ自分の前に現れたのか・・・。

そんなことを考えていると再びアサが恐怖を感じ始めたため、ヨルはアサを傷つけて痛みで恐怖を忘れさせようとしますが、この行動が裏目に出てしまうことに!?

ヨルの行動にアサが恐怖を感じてしまったのです。

アサを守るためには仕方のない行動でしたが、アサはヨルへの不信感を募らせていました。

体の主導権はアサに移り、アサは落ちていきました。

そこで恐れるなと言われるアサが自分の中の恐怖について語り・・・?

その頃、落下の悪魔は自分を狙ってきたデビルハンターで作ったスープをある悪魔の元へ届けていました。

食い散らかされた人間の死体が散乱しています。

落下の悪魔はメインディッシュの紹介をしますが、そのメニューがやばすぎて!?

チェンソーマン124話感想

今回もなかなか過激な話でした。

思考停止中のアサがヨルに言葉を繰り返すように命令されて従ったところ、かなり悲惨な状態になった部分が面白かったです。

しかし確かに!と思ってしまいましたね。

虫に刺された時にかくのは良くないから叩いておけ、のような・・・。

辛い物を食べた時に辛さを紛らわすために体を叩く、のような・・・。

残酷ながらに分かってしまうところが、上手いなあと思いました。

しかし結果としてこのやり方が上手くいったのは1回だけ!

その後は失敗に終わったので、ここからヨルがどうやってアサを説得するのかが見どころです。

チェンソーマン125話考察予想

落下の悪魔が前菜、そしてスープの提供を終えて遂にメインディッシュです。

アサとヨルはここを乗り切らなくてはいけませんが、乗り切ったところで今度はデザートとして危機が迫りそうですね。

そして落下の悪魔が料理を提供していたのは何者!?

悪魔のようですが、これが落下の悪魔の本体だったりするのでしょうか?

ぶっ飛んだ設定がたくさん出てきますが、むしろ落下の先にある扉を通り、この悪魔を倒すことで落下の悪魔に勝利できるのかもしれません。

▷次話!チェンソーマン125話はこちらへ

まとめ

この記事では、チェンソーマン124話のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

スプラッタ映画じみてきた展開が最高に面白いです!

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

ebookjapan|今なら初回購入70%オフ

登録無料。マンガを中心に80万冊以上の取り扱い冊数。欲しいマンガが見つかる!電子書籍サービス。

Yahooと提携しているためpaypayポイントが利用できお得に貯まります。無料で読める漫画も豊富。

月額課金制ではないので辞める理由なし。初めての購入なら70%オフキャンペーン実施中!(6回まで)今すぐ公式サイトをクリック→<公式サイト

テキストのコピーはできません。