彼女、お借りします

かのかり238話ネタバレ最新確定と感想は?水原からのチョコレート

こんにちは。

2022年6月8日発売の週刊少年マガジンより、『彼女、お借りします』【238話】「キスと彼女⑦」を読みました。

237話では、

久しぶりにレンカノの水原を予約しデートにこぎつけた和也が、今日こそ水原としっかり話をして気持ちをはっきりさせると覚悟を決めてデートに臨みますが、水原はまさかのいつも通り!?

プロ意識が高いのだと納得してタイミングをうかがうも何もできずに今日が終わってしまいそうで・・・。

それでは、この記事では、『彼女、お借りします』【238話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

かのかり238話ネタバレ最新確定

同時に何かを言おうとしたせいでどちらも何も言えなくなってしまった和也と水原。

和也は苦し紛れに手を繋ぎたいと言い、手は繋げたものの完全にチャンスを逃してしまいました。

別れる予定の駅前に到着してしまい、残る少しの時間をこの場所で過ごすことになりました。

今から本題を話すことなんて絶対に出来ないと1人で悶絶する和也は、八重森から聞いたことも全て勘違いなのではないかと自分の不甲斐なさと何者にもなれないことを痛感しました。

このまま水原とは平行線のまま・・・、そう思っていた時、突如水原からチョコレートが手渡されます。

理解が追い付かない和也。

バレンタインは2週間前に終わっていますが、それでもくれたということは嫌われているわけではないのかとドキドキし始めます。

そんな和也をじっと見つめる水原は、既読スルーや避けていたことを謝りました。

本当に更科に対して悪いと感じた結果、和也への接し方が分からなくなっていたのです。

水原はチョコレートをお詫びだと言いますが、和也は今しかチャンスはないと遂に切り出しました。

そしてちゃんと話したいと伝えます。

和也にとって水原がしてくれたキスは「プロ」の一言では片づけられないのです。

今答えが欲しいわけではないが、それ以上の意味があるのかを聞きたいと言い残して時間になったため別れようとする和也。

もう気持ちも体も限界です。

涙目で水原から離れていこうとした時、水原は和也を呼び止めました。

かのかり238話感想

今回も何も出来ずに終わってしまいそうだった和也の手を引いてくれたのは水原の方でした。水原も何かしら状況を変えたいと思っているからこその行動だったと思います。

今回はまだはっきりと気持ちについて話を出来ていません。更科に対して引け目を感じていると言うことは本当の水原は、ここから遂に気持ちをぶっちゃけてしまいます。

以前独り言で言っていたことが本心であれば、和也のことが好きなはず。これから2人の距離はどうなるのでしょうか。

かのかり239話考察予想

涙目の和也が呼び止められてしまいました。この状態で水原の気持ちを聞くのはちょっときつい・・・。

しかも水原は和也の言葉を受けた時に既に返事が出ていたようなのでかなり恐ろしいですね。

好きだと言ってくれると信じていますが、そうなると好きの先は?2人は付き合うの?などどんどん疑問が浮かんできます。

更科のことも考えている水原が自分の気持ちになってもさらにややこしい関係になってしまっては和也はまた情緒不安定になってしまいます。

▷次話!かのかり239話はこちらへ

まとめ

この記事では、彼女、お借りします【238話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。