キングダム

キングダム725話ネタバレ最新確定と感想は?桓騎が何もしなかった理由はコレ!

こんにちは。

2022年6月30日発売の週刊ヤングジャンプより、キングダム【725話】「異様な陣形」を読みました。

724話では、

飛信隊、楽華隊がいなくなり桓騎本陣を守る中央だけどなりました。

飛信隊たちと同じように逃げる方がいいのではという声も上がる中、それでも桓騎を置き去りにするわけにはいきません。

趙国の大軍勢により兵がどんどん削られていく中、桓騎は遂に動きを見せ・・・。

それでは、この記事では、キングダム【725話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

キングダム725話ネタバレ最新確定

桓騎本陣を守る北東部軍も趙の激しい攻勢と動かない本陣を前にして士気が低くなっています。

このままでは無駄になってしまう、と言い出す兵や、ここで死んでしまったとしても桓騎を守ることが出来れば無駄ではないと言う兵。

その時桓騎本陣が見たこともない陣形を取ったのです。

壁は突然変形された謎の陣形に開いた口が塞がらない状態となっており、理解していないのは桓騎軍も同じです。

この陣形の意味を理解しているのは現時点では桓騎のみ。

こんな陣形を見たことがない李牧は、桓騎がたった1人の思い付いた陣形であると推測します。

趙国の兵はそれでも目の前にある桓騎を討ちに行こうとします。すると1人が止めました。

李牧から桓騎が何か不審な動きを見せた時は罠を仕掛けている可能性が高いと伝えられていたのです。

そのため、攻撃と防御の準備をしながら、李牧の指示を待つことにしました。

考えていた李牧はこの桓騎の策が単なるブラフであると判断しました。

この陣形は谷の部分に敵がこれば袋叩きに出来ますが、足の部分に敵が来た場合やられてしまうのです。

長い歴史の中で生き残ることのなかった陣形をここで組んだ桓騎の意図は不明ですが、

李牧の指示で趙国兵たちは陣形の足の部分を攻め始めました。読み通り、足に配置された兵はどんどん倒されていきます。

するとまだ余裕の桓騎は黒桜の隊を本陣から進軍させました。

趙兵が対応のために出てくると、桓騎は黒桜の隊を撤退させ、続いて厘玉の隊を進軍させます。

同じように戻し、今度は朱摩。

摩論はこんなことを続けていたら、と焦りながら桓騎に問いかけますが桓騎はその言葉の先を聞こうとします。

桓騎は時間を無駄に消費し、そのまま夕暮れを迎えようとしていたのです。

キングダム725話感想

今回も摩論の慌て具合と壁の顔に爆笑。壁はこの緊迫した戦いの中でかっこいい姿も見せてくれますが何度も笑わせてくれてもいる武将です。そんな壁だからこそ山の民も信頼を置いてくれているのでしょう。

桓騎が黒桜の隊を出した時は攻勢に出るのか、とハラハラしましたが違っていました。まさに遊んでいる、挑発しているだけと取られても不思議ではない行動の中で、しっかりと考えていた桓騎。本当にすごいと感心してしまいました。

キングダム726話考察予想

桓騎が狙っていたのは日没を迎えることでした。日没となればもう戦うことが出来ないことは定石。そのため戦いを強制的に終わらせようとしているのでしょうか。

夜目が聞かない状態で戦うことは李牧も考えていないと思うため、このままみすみす桓騎を逃がしてしまうことは十分にあり得るでしょう。しかし逆に桓騎がこの闇の中襲ってきたら・・・。

終わりを迎えそうとは言ってもこの戦、まだどうなるのか全く分かりません。摩論が落ち着くことだけは確かです。

▷キングダム726話はこちらへ

まとめ

この記事では、キングダム【725話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

アニメを無料で見られる動画配信サービスは?

アニメや映画を見るなら下記の動画配信サービスがおすすめです。私もたくさん使ってきて今は電子書籍で漫画も読めるU-NEXTをずっと長く利用しています。簡単登録で2〜3分で31日間無料です。損がなくお得しかないのに入らない理由ってあるのかな・・・
サイト名動画サイト無料期間
UーNEXT31日間無料 トライアル 継続月2189円
hulu14日間無料 トライアル 継続月1026円
Abemaプレミアム14日間無料 トライアル 継続月960円
FODプレミアム14日間無料 トライアル 継続月976円