キングダム

キングダム726話ネタバレ考察予想は?桓騎は考えられる武将だった?

こんにちは。

2022年7月14日発売のヤングジャンプに、キングダム726話が掲載予定です。

前話の725話では、謎の陣形変更を見せた桓騎。敵はもちろんのこと、味方でさえも理解不能なこの陣形で桓騎はさらに理解の出来ない行動に出ます。

さすがに時間を無駄にするだけの行動だと意見を言ってくる摩論に桓騎が言ったのは時間を無駄にしているという言葉だったのです。

それでは、この記事では、キングダム726話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

▷キングダム726話確定はこちらへ

▼まんがを読むならコレ!▼

無料でマンガを読む方法があるのをご存知でしょうか?

動画配信サービスのU-NEXTなら無料で読める作品もたっくさんあります。

さらに登録をすると最初にもらえる600ポイントの利用で実質マンガ1冊無料になったり

アニメや映画・ドラマも「31日間は無料」で見放題作品多数!こんな素晴らしいサービス!利用しないともったいないですよね?

▼無料期間内に解約もできる▼

 

キングダム726話ネタバレ考察「桓騎は考えられる武将だった?」

趙の大軍勢によりかなりの兵を失った秦国軍。

桓騎はその上で本陣を動かすのも遅かったのは全て時間稼ぎのためです。

もしも今組んだ陣形をもっと早く出していたらここまでの時間稼ぎは出来なかったでしょう。

戦略を練ることが出来ないと李牧が考えていた桓騎ですが、ちゃんと考えていたのです。

趙国軍に囲まれた時点で考えていたのか、赤麗などで明らかに何かおかしいと信と共に感じた時にもうこうなる可能性を頭に入れていたのか分かりませんが、

流石ここまで生き残った武将としか言いようがありません。

キングダム726話ネタバレ考察「夜を待っていた桓騎は・・・」

時間稼ぎをして夜が来ることを待っていた桓騎。

桓騎の首を狙っていた趙国軍は大軍勢でここまで時間がかかると思っていなかったため、流石に夜を戦う準備は出来ていません。

元々夜間は戦わないのが普通であり、龐煖のように日の灯なしで夜も戦える武将は非常にまれです。

そのため、夜に趙国軍は動きを見せないでしょう。

ここで桓騎側がどう出るかが気になるところです。

趙国軍もさすがに今の状態ではなく一度少し下がるはず。この場所で立て直すのか、それとも撤退するのかが注目ポイントです。

キングダム726話ネタバレ考察「宜安での戦いは桓騎が勝利?」

史実ではこの年、紀元前233年に桓騎は死亡、もしくは生死不明とされていますが、それはこの宜安での出来事ではありません。

桓騎は宜安で敵将を打ち取り、勝利するのです。

李牧に討たれるのはその後の戦いでということになっています。

本当に李牧本人に討たれるのかとっても気になるところですが、その前に桓騎が敵将を討つことについて描かれます。

李牧はまだ将軍たちを全員動かしてはいません。この状態で桓騎は一体どの将軍を討つのでしょうか?

まとめ

この記事では、キングダム726話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

確定は発売後に追記します。ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▷キングダム726話確定はこちらへ

アニメを無料で見られる動画配信サービスは?

アニメや映画を見るなら下記の動画配信サービスがおすすめです。私もたくさん使ってきて今は電子書籍で漫画も読めるU-NEXTをずっと長く利用しています。簡単登録で2〜3分で31日間無料です。損がなくお得しかないのに入らない理由ってあるのかな・・・
サイト名動画サイト無料期間
UーNEXT31日間無料 トライアル 継続月2189円
hulu14日間無料 トライアル 継続月1026円
Abemaプレミアム14日間無料 トライアル 継続月960円
FODプレミアム14日間無料 トライアル 継続月976円