フラジャイル

フラジャイル94話ネタバレ最新確定と感想は?古いやり方では対応できないこと

こんにちは。

2022年6月24日発売のアフタヌーンより、フラジャイル【94話】「スタートライン」を読みました。

93話では、

壮望会泌尿器科、腎発性ユーイング肉腫で同室に入院している門川と五味はJS1を試してみたいと担当医である萩野目に申し出ていました。

治験に参加することは本来今すべき治療をせずに待つと言うことであり、自分が本当にJS1を使われるかも効くかも分からないリスクを伴います。

それでも患者2人はどうしても治験に参加したいと強い意思を持っていたのでした。

それでは、この記事では、フラジャイル【94話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

フラジャイル94話ネタバレ最新確定

門川と五味のJS1治験が始まりました。

少しの怖さと、2人ともJS1が入っていて欲しいという期待。

その2つを胸に病室で2人が騒がしくしていると、看護師長の六川が注意しながら病室の戸を開けました。

担当医の萩野目が調子を確認し、治験の説明がなされます。

担当看護師を気にする2人に、坂本雅は自分だと手を上げました。

治療期間は1年。門川はわがままを聞き治験をさせてくれた萩野目に礼を言いました。

萩野目は笑顔で頑張るのは2人だからと言いますが、坂本は信じられないような顔で萩野目を見ています・

病室を後にした萩野目と六川は、門川と五味の病状とJS1についての話をしています。

そんな2人を見て、後ろか歩いていた坂本は敬語を忘れてもの申します。

患者に対し、一緒に頑張ろうも言えない2人は常に他人事だという坂本は、六川が以前自分にしてきた指導を覚えているかと聞きますが、六川が覚えていないことから壮望会を辞めると言いました。

いきなりやめることはルール違反。しかしそういうところが坂本の嫌になったところです。

こうして、坂本は本当に職場から急にいなくなってしまいました。

看護師たちにそのことを伝え、六川は主任2人を読んでシフト調整をすることにします。

しかし主任2人は坂本の穴埋めについて話し合う、という六川にその言い方をやめるように言いました。

穴が開いたのは六川のせいなのです。

主任2人は坂本が辞めたのは当然のことだと言います。

ルール重視で患者の頑張りを無視することは違うのです。

その後門川と五味の担当を代わった六川は、2人の言葉で自分が看護師になることを決めた理由を思い出しました。

そして看護師たちの前で謝りました。

真面目過ぎた自分。それでも真面目なことは変えられず、真面目であっても間違いは起きます。

六川はそのための改善を頑張ることに決めました。

フラジャイル94話感想

今回は六川のやり方について遂に看護師たちが声を上げました。

看護師だから当然、というやり方で患者に寄り添えないことは確かに間違いですが、六川は一生懸命頑張ってきたためただ責め立てるのも違うと思います。

しかし以前出てきた採血のことや、今回のベッドのことなど新しいやり方を覚えなくてはならないことは確かです。そのためにもっと全体での研修を増やしていくべきではないでしょうか。

ベテランですが今やっとスタートラインに立てた六川にはもっと頑張ってほしいですね。

フラジャイル95話考察予想

次回は治験が始まった門川と五味に強い副作用が出始めるはずです。

これはJS1があってもなくても同じと思われるため、治療の様子を見ていてもやはりJS1が使われているのかを知る術はありません。

とにかく対処療法で辛さを抑えていくしかありませんが、六川が少し変わったことで2人は意地でも頑張るでしょう。

そして坂本は戻ってくるのでしょうか。

辞め方が悪かったため戻ってきても何らかの罰はありますが、それでも坂本は壮望会が変わるために必要な看護師だと思います。

▷フラジャイル95話はこちらへ

まとめ

この記事では、フラジャイル【94話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。