ブルーピリオド

ブルーピリオド番外編ネタバレ最新確定と感想は?毎日大変な助手たちの仕事とは!?

こんにちは。

2022年6月24日発売のアフタヌーンより、ブルーピリオド【番外編】「助手たちの毎日ルーティン」を読みました。

この記事では、ブルーピリオド【番外編】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ブルーピリオド番外編ネタバレ最新確定

大学で言う助手とは、自分の研究を行いながら教授や准教授の職務を助け、時には生徒との架け橋にもなってくれる縁の下の力持ちです。

この話ではそんな助手の1日をチェックしてみます。

朝8時、夢崎出勤。

家に帰ってからも仕事をしていた夢崎は、恥ずかしいため眠っていない自慢はしませんがしっかり徹夜したことが伝わってきます。

そんな夢崎から展示レイアウトと教授の巡回リストを受け取った櫻井はすぐにチェックしました。

しっかり作って来たとドヤ顔の夢崎でしたが、櫻井のチェックで修正箇所がいくつも見つかります。

教授も生徒もクセだらけ、そんな簡単にいかないのです。

そんなこんなで気づけば12時。

冷蔵庫を見つめて不思議そうにする有吉が、夢崎と櫻井に質問します。

職員室の冷蔵庫で作っていた蝶矢のための味付けたまごが行方不明なのです。

2人とも知らないと答えた時に柴田が入ってきたため、柴田にも聞いたところ柴田は青ざめます。

有吉は怒ることも出来ませんでした。

16時、授業もあらあら終わりはじめ、教授は生徒たちの質問に答えています。

しっかりと1人1人に答える盧生を見て、生徒思いだと微笑ましく感じている櫻井でしたが、盧生が職員室に戻って来たのは19時。

自分の制作の時間が無くなることと、腰が痛いことから盧生は少しやり方を考えてしまいます。

教授も大変、そう感じながら仕事を終えた20時。

今日こそは定時で帰ると夢崎が伸びをした時、水道が壊れたかもしれないと三木が職員室に飛び込んできました。

そんなこんなで21時になってしまいました。

睡魔に襲われている夢崎ですが、助手たちはそのままアメ横に飲みに来ました。

大変すぎる助手の仕事と成長した2年生のことを振り返ります。

今の2年生は受験の時からトラブルメーカーばかりでした。

それでも夢崎は頑張る生徒を見ているのが楽しいと言います。

みんな真面目、そう感じて帰ろうとした時、別の店で生徒たちが飲んでいるのを見つけ次の店へと向かいました。

ブルーピリオド番外編感想

縁の下の力持ち、助手たちの日常が描かれました。

助手とはいっても生徒からすれば先生と同じ。そして仕事の大変さも先生と同じかそれ以上でした。

教授も助手も作品制作の時間を取ることが難しいようですが、それでも真摯に向き合ってくれるところに余裕を感じます。

母親のように生徒を見てくれている夢崎と、どこか一線を引きいつでも助手を辞めたいと思っている櫻井の差が、見ていて面白い話でした。

助手の皆さんのことも心から応援したくなります。

まとめ

この記事では、ブルーピリオド番外編のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。