アヤシモン

アヤシモン最終回25話ネタバレ確定と感想は?みんなで戦うから強くなれる

こんにちは。

2022年5月30日発売の週刊少年ジャンプより、アヤシモン【最終回25話】「ウララ組」を読みました。

24話では、

独歩の技で光を奪われてしまったマルオは生死の淵をさまよいました。

夢の中、これまで自分が思い描いていた主人公は間違っていたと思ったマルオは、本当の主人公になるため復活。そして全員の力を借りてこの場を乗り越える異にします。

それでは、この記事では、アヤシモン【最終回25話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

アヤシモン最終回25話ネタバレ確定

轟連合、コリホテルが協力し多摩川を止めるためぶつかっていきます。

弱い妖怪は多摩川の攻撃で金に変えられてしまいますが、それでも誰1人くじけません。

そしてマルオが多摩川を殴ります。

効いてはいませんがそれでも連携技を続け、多摩川に攻撃を決めていきます。

コットン、テンが協力し多摩川の動きを止めたタイミングで、マルオが究極奥義、覇王滅殺天将鳳凰拳を多摩川に打ち込みます。

多摩川の体に叩き込まれるマルオの拳。

マルオはオヅヌとの修行の成果を見せるべく、ゆっくりゆっくり独歩の殻に包まれた多摩川の概念に触れに行きます。

そして独歩の中に狐の核を見つけました。

核に触れた瞬間、独歩の火が激しさを増しマルオを焼き尽くそうとします。

それでもマルオは絶対に諦めませんでした。

本当の主人公は強い敵と戦い勝つだけではない、敵も助けて仲間にする、ウララのために組を大きくすることこそ自分の戦いだと気づいたマルオ。

焼け焦げていくマルオでしたが、その背中にウララを感じます。

マルオは叫びながら核を掴み、多摩川を取り戻しました。

そして背中にいるウララごとマルオも倒れてしまいます。

激しい戦いでしたが、全員が無事。ここで刑部狸が出てきました。

刑部狸は多摩川を助けてくれたことに礼を言い、独歩も多摩川と同じように頑張りすぎた男だと言いました。

そしてそんな独歩を止めるため、ウララとマルオ、そしてその他の仲間全員で独歩の元に向かいました。

いざたいまん!

アヤシモン最終回25話感想

最終回でした。後半は勢いを感じていたため、このままコリホテルを仲間に加えて本当に独歩と戦ってほしかったですが、残念。

次回作に期待したいところです。

主人公になりたい、と最初から戦ってきたマルオですが、その主人公の概念が変わるという展開はよかったです。

成長を感じることが出来ました。

ウララもただマルオに戦わせるだけではなく、自分も命を懸けてマルオを支える覚悟をしていたので、この2人の生きざまをもっと見ていたかったです。

まとめ

この記事では、アヤシモン【最終回25話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

漫画をお得に読むなら

漫画をお得に読むなら下記の電子書籍サイトで読むのがおすすめです。どれも安心・安全のサービスです。
サイト名電子書籍サイト無料期間
ebookjapanebookjapan初回50%オフ 電子書籍 80万冊 無料試読豊富
まんが王国まんが王国最大50%還元 無料試読豊富
U-NEXT31日間無料 トライアル ポイント600円付与
Amebaまんが大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】100冊まで 全部40%オフ
 

アニメ無料で見れる動画配信サービスは?

アニメや映画を見るなら下記の動画配信サービスがおすすめです。
サイト名動画サイト無料期間
UーNEXT31日間無料 トライアル 継続月2189円
hulu14日間無料 トライアル 継続月1026円
Abemaプレミアム14日間無料 トライアル 継続月960円
FODプレミアム14日間無料 トライアル 継続月976円