夜桜さんちの大作戦

夜桜さんちの大作戦134話ネタバレ最新確定と感想は?化け物は息子じゃなくて弟?

こんにちは。

2022年6月20日発売の週刊少年ジャンプより、夜桜さんちの大作戦134話「0点」を読みました。

前話の133話では、太陽と凶一郎を除いた夜桜さん姉弟が百の弟という化け物と戦っていました。全員協力で弟を倒すことが出来た姉弟はすぐに太陽たちの居場所を確認。

その頃百を追いかけ続けていた太陽たちは遂に攻撃に出て百を足止めします。

それでは、この記事では、夜桜さんちの大作戦134話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

▼まんがを読むならコレ!▼

動画配信サービスのU-NEXTなら無料で読める作品もたっくさんあります。

U-NEXT

さらに登録をすると最初にもらえる600ポイントの利用で実質マンガ1冊無料になったり

アニメや映画・ドラマも「31日間は無料」で見放題作品多数!利用しないともったいないですよね?

▼無料期間内に解約もできる▼

夜桜さんちの大作戦134話ネタバレ考察「化け物は息子じゃなくて弟?」

夜桜姉弟は百の弟を倒しました。

そしてサンプルを採取している際、六美はこのことがとても気になっていました。百は化け物のことを“弟”と言ったのです。

どうしても倒さなければならない相手とは言え、夜桜姉弟が殺したと言うことはやはりこの化け物は人間ではありません。

そんな生物かも分からない化け物を百は弟と言っていました。

このことから、百さえも人間ではない可能性があります。

子供が出来ていることから人間であると信じたいですが、よくわからず怖ろしい存在です。

夜桜さんちの大作戦134話ネタバレ考察「つぼみの存在」

ここで以前判明した百がつぼみと同一人物という解析結果が気になります。

つぼみを母親と呼んでいました、どうもお腹を痛めて生んだ子供、というわけではなさそうです。まさにつぼみが“作った”存在と言えるでしょう。

二ノ前御前はつぼみの子供と呼んでもよさそうですが、百は一体どのようにして生まれた存在なのでしょう。

また、あの化け物が弟なのだとしたら、どうしてあそこまで百とは別の存在になっているのでしょう。

百が敵になりもうつぼみの話は出てこないことも考えていましたが、どうにも切り離せない存在のような気がします。

夜桜さんちの大作戦134話ネタバレ考察「百はどうして逃げた?」

太陽の拳を食らってぶっ飛んだ百ですが、それまで走って逃げていたことが気になります。

追いかけられることを楽しんでいた百は、太陽と凶一郎にやる気がないのであれば消える、

と肩から花びらになっていましたが、最初からその方法で逃げることが出来たはずです。

というよりもこれまではそうやって逃げていました。

もしかすると逃げられない理由があったのかもしれません。弟と何かがリンクしているとしたら、弟が戦っている間は花びらなれかった可能性があります。

夜桜さんちの大作戦134話ネタバレ最新確定「0点」

百は太陽に殴り飛ばされるもきれいに着地。そして義理の親を殴った太陽と少し遊ぶことにします。

百の拳があっという間に太陽の目の前へ。

避けることも間に合わないと太陽が焦った時、百は太陽の額に拳をチョンと当てました。

そして-10点と言います。

反撃をする太陽を避ける百。今度は-15点。

その後も太陽の動き、準備、覚悟などについて減点を口にしながら太陽を押さえつけました。

太陽は0点。百は笑顔で更なる修行の必要性を説きます。

そんな百に自分の採点も申し出る凶一郎は鋼蜘蛛を百にぶつけようとします。

百は鋼蜘蛛を片手で止め、血を出しながら凶一郎を正確に評価したいと言います。
しかし今はそんな時間がないのです。

その時、突如ファミレスに現れた百の“弟”という化け物のような存在が3体上から降ってきました。

百はある程度のことを何でも1人で出来ますが、それでも手駒が欲しいとつぼみの体を利用してこの化け物たちを生み出させたのです。

百はこの化け物たちを“桜坊(さくらんぼ)”と名付けました。

桜坊を使い、零を蘇らせるためのソメイニンを集める百は、純粋な表情で夜桜家は再生するのだと口にしました。

怒りが溢れて来る凶一郎ですがここで飛び出したのは太陽です。

太陽は自身の硬化の力と八重の逆噴射で地面に潜り、桜坊を越えて一気に百の前に出てきました。

しかし桜坊の動きも早く、太陽は抑えられてしまいました。

それでも太陽は百への怒りを口にします。

百は太陽の根性を5点分評価し、その場を去っていきました。

夜桜さんちの大作戦134話感想

百に触れられる太陽の一撃でしたが百には全く効きませんでした。しかし百には少し変化があったように見えます。

子供たちに受け入れてもらえなかった時、さらにファミレスに太陽と六美以外が来ていた時に少し狂気的な怒りを見せていた百が、太陽の攻撃に対して笑顔を見せたのです。

反撃はしてきましたが、それもお遊び程度で殺すつもりは全くありません。百のことがさらに分からなくなりました。

弟と呼ぶ化け物についても少し分かりましたがおそらくおびただしい数が生産されているのだと予想できたためこれからが恐ろしいです。

まとめ

この記事では、夜桜さんちの大作戦134話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▷次話!夜桜さんちの大作戦135話はこちらへ