夜桜さんちの大作戦

夜桜さんちの大作戦135話ネタバレ最新確定と感想は?夜桜家の処分に関する提案書とは!

こんにちは。

2022年6月27日発売の週刊少年ジャンプより、夜桜さんちの大作戦135話「金級会議(前編)」が掲載予定です。

前話の134話では、太陽に殴られた百は、逆に太陽で遊んでやろうと少し反撃をしてきました。

太陽を傷つけるつもりなどもうとうない百に文字通り遊ばれつつ、全く敵わない力の差を思い知った太陽ですが、それでも諦めない根性に百は少しだけ感心していました。

それでは、この記事では、夜桜さんちの大作戦135話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

▼まんがを読むならコレ!▼

動画配信サービスのU-NEXTなら無料で読める作品もたっくさんあります。

U-NEXT

さらに登録をすると最初にもらえる600ポイントの利用で実質マンガ1冊無料になったり

アニメや映画・ドラマも「31日間は無料」で見放題作品多数!利用しないともったいないですよね?

▼無料期間内に解約もできる▼

夜桜さんちの大作戦135話ネタバレ考察「夜桜家の処分に関する提案書」

また百を取り逃がしてしまった状況で凶一郎の元に出雲から電話がかかってきました。

百に関する報告を四怨から受けて電話をかけてきたようですが、出雲の元には「夜桜家の処分に関する提案書」が置いてあります。

スパイ協会会長は出雲ですが、これは他のスパイから提出されたものでしょう。

提出された理由は百による被害状況が見過ごせるものではないためです。

一般市民まで多く犠牲になり、もはやつぼみ以上に被害が拡大している状況で周りが黙っていないのも仕方がありません。

夜桜さんちの大作戦135話ネタバレ考察「凶一郎は何を語る?」

金級会議という名の緊急会議が開かれます。

そこには数少ない金級スパイが集まるはずです。

凶一郎、二刃はもちろん出席。ですが議題に上がる夜桜家そのものが呼び出され、糾弾されるのではないでしょうか。

元々その名がスパイの世界では大きな存在である夜桜家。

恨みを持っている者も少なからずいるでしょう。

これを好機ととらえ、夜桜家をスパイ協会から外してしまいたいと言い出す輩がいるかもしれません。その際凶一郎は何を語るのでしょうか。

夜桜さんちの大作戦135話ネタバレ考察「出雲の提案」

金級会議にて夜桜家をスパイ協会から追放する案が出たとします。

しかしそんなことをしても百は止まりません。

百の目的はあくまで雫を蘇らせ家族団らんを再び手に入れること。

子供たちがスパイであることは正直どうでもいいと思っているでしょう。

となれば現状で百を倒すために夜桜家の力は必要不可欠です。

出雲は処分はおいおい考えるとして、まずはスパイ協会が協力して百を倒すことに全力を注ぐべきだと提案するのではないでしょうか。

夜桜さんちの大作戦135話ネタバレ最新確定「金級会議前編」

金級会議が開かれると出雲から連絡が入り、凶一郎は太陽を引きずり移動を始めます。

銀級である太陽は本来関係ないはずですが、太陽は出雲から直々に指名されているようです。

こうして会議が行われるだがしばばあの店にやってきた凶一郎と太陽。

すでに出雲、二刃、辛三が待っていました。

とりあえず中に入ろうとしたところ、突如辛三の胸後ろから何者かに揉みしだかれます。

全員一時フリーズ。

しかし辛三がようやく拒絶し、その人物を爆撃しました。

ボロボロになりながらも辛三の胸囲をメモするこの男は、闇週刊誌「スパイデー」編集長、金級スパイのアレクサンド龍です。

そして今度は二刃を抱きしめようとするうさ耳の女子がやってきます。

軍事複合体「あしゅらグループ総帥」CEO、二刃の幼馴染の金級スパイの修羅です。

修羅は二刃が抱きしめさせてくれないことにしょんぼりし、二刃も負けて仕方なくハグをしてあげます。

その他、合計10人の金級スパイが珍しく全員集合し、金級会議が始まります。

夜桜家処分に関する提案書に目を通す前に、出雲はとある映像を見せます。

それは裏動画サイトに百が投稿した動画でした。

百は銀級・銅級スパイを殺し、零のための養分にしていることを堂々と配信していたのです。

スパイ協会からの行方不明者が増えると共に、犯人自ら犯行と動機をさらしている。

その事実から政府・警察・スパイ協会の一部が夜桜家をスパイ協会から追放すべきだと言い出したのです。

一つのスパイ組織である夜桜家の組織内の不始末は自分たちで処理するべきだと、提案書を出した者たちは言っているのです。

このことについて金級スパイたちの意見も分かれる中、凶一郎は好きにすればいいと資料を破り捨てます。

夜桜さんちの大作戦135話感想

アレクサンド龍が辛三の胸を揉みしだいたシーンは、妙な色っぽさがありなんだかいけない気持ちになりました。

そんな龍は週刊誌の記者としてこの事態を面白がっています。

夜桜家の味方をしてくれるタイプのように見えますが、自身の持つ好奇心にも抗うことが出来ないのです。

確かに今回夜桜家は被害者でありながら、加害者と同じ血を引いています。どうしても拒絶されるのは仕方がないことなのでしょう。

それに対しどうでもいいと言った凶一郎。出雲はこうなることも予想した上で、会議にどんな決着をつけようとしているのでしょう。

まとめ

この記事では、夜桜さんちの大作戦135話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。せひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▷夜桜さんちの大作戦136話はこちらへ