夜桜さんちの大作戦

夜桜さんちの大作戦123話ネタバレ最新確定と感想は?スパイ協会会長出雲灰!

こんにちは。

2022年3月28日発売の週刊少年ジャンプに、夜桜さんちの大作戦123話が掲載予定です。

前話の122話では、凶一郎を見つけるために、家族全員が自分に出来る最善のことをしていました。

ずっと一緒にいた弟妹だからこそある凶一郎との思い出を胸に一生懸命になる夜桜兄弟がいる一方で、

白骨島に行く前に凶一郎からいざという時の行動を伝えられていた太陽はスパイ協会に行き・・・。

それでは、この記事では、夜桜さんちの大作戦123話のネタバレ考察・展開予想をまとめました。

▼まんがを読むならコレ!▼

無料でマンガを読む方法があるのをご存知でしょうか?

動画配信サービスのU-NEXTなら無料で読める作品もたっくさんあります。

さらに登録をすると最初にもらえる600ポイントの利用で実質マンガ1冊無料になったり

アニメや映画・ドラマも「31日間は無料」で見放題作品多数!こんな素晴らしいサービス!利用しないともったいないですよね?

▼無料期間内に解約もできる▼

 

夜桜さんちの大作戦123話ネタバレ考察「スパイ協会会長出雲灰」

太陽が凶一郎に言われた通りにスパイ協会に行くと、あっさり会長の部屋に通されました。

そして太陽が出会ったスパイ協会会長は清掃業者のような格好で自ら清掃をしていた不思議な男でした。

これは太陽が来ることを知ってわざとした行為なのでしょうか。

それとも普段から自分で掃除をしているのでしょうか。

凶一郎の弟であることはすぐに分かったようなので、凶一郎から太陽の話を聞いているはず。

この男であれば家族でも知らない凶一郎の何かを知っているかも知れません。

夜桜さんちの大作戦123話ネタバレ考察「太陽だから託された」

白骨島に行く前に凶一郎は太陽だけにいざという時のことを伝えました。

それはやはり太陽が血の繋がった家族ではないため落ち着いて行動できると確信していたからでしょうか。

それとは別に太陽に対する信頼があるのかも知れません。

太陽も六美を守るとても重要な存在なのです。

全員で行ってもいいところを太陽1人に行かせるということは、このスパイ協会会長出雲灰との会話の内容には危険な内容が含まれるのかも知れません。

太陽は大丈夫でしょうか。

夜桜さんちの大作戦123話ネタバレ考察「凶一郎からの伝言」

この場所に来ることは白骨島に行く前に言われましたが、あれからはまた日が経っています。

それでも太陽がここに来た時に出雲の反応は驚いた感じではなかったため、凶一郎は当主たちとの戦いの前にも出雲に連絡を入れていたのではないでしょうか。

特に相手はスパイ協会の会長。

全ての任務の内容を知っていても不思議ではありません。この男が1人で行動に出た凶一郎の本心を誰よりも知っているでしょう。

そして太陽宛てに残したメッセージを持っているのではないでしょうか。

夜桜さんちの大作戦123話ネタバレ最新確定「スパイ協会会長出雲灰」

太陽は会長室の中にあるパーテーションで区切られた一角にて、会長出雲灰のもてなしを受けます。

まずは挨拶を交わしただけ。

にも関わらず、出雲は凶一郎が消えたあの日に何があったのかを見抜いてしまいます。

出雲は凶一郎の糸が太陽に当たってしまったのは動揺していたからだと言います。

太陽が持ってきたせんべいの袋を開けながら、出雲は自分がこの世界に引き込まれ、会長まで押し付けられてしまった話を笑いながら話しました。

そして、凶一郎は必ず戻ってくると言います。

凶一郎とは中学からの付き合いである出雲は、事故による脳損傷が理由で感覚野が異常発達していました。

五感から処理しきれないほどの情報が流れ込んでくるため、物理的に情報を遮断することでその身を守っていた出雲。

凶一郎はそんな出雲の症状を長所にすべく、スパイの世界に誘いました。

その時出雲は混乱と共に、初めて現れた自分を見てくれる存在に喜びを感じました。

こうしてスパイの世界に入った出雲ですが、実際のところどうして凶一郎が自分を誘ったのかは分かりません。

それほどに凶一郎は腹の底が知れない人間なのです。

出雲はそんな凶一郎だからこそ、救えるのは太陽だけだと言います。

太陽の持つ万花繚乱だけが、凶一郎を救える可能性なのです。

出雲は万花繚乱と共に凶一郎と対峙することを指示しました。

自分しかいないという言葉をまだ受け入れることが出来ない太陽に、いきなり二刃から電話がかかってきました。

出雲から出ても良いと言われて電話に出ると、二刃はある場所に来るように指示します。

兄弟たちは今、凶一郎を包囲していたのです。

夜桜さんちの大作戦123話感想

凶一郎のことをよく知る男出雲灰は、凶一郎の中学時代からの友達でした。元々は完全な一般人。

しかし生きにくさを感じていた事故の被害者です。

凶一郎と出会ったことで人生が変わったようですが、本人も話していたようにどうして凶一郎が出雲に素性を明かしたのか気になります。

凶一郎は腹の底が知れないと言われますが、1人で責任を背負い、誰にも弱音を吐かない男です。

同世代で打ち明けられる人物が欲しかったのではないでしょうか。

まとめ

この記事では、夜桜さんちの大作戦123話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▷次話124話はこちらへ

漫画をお得に読むなら

漫画をお得に読むなら下記の電子書籍サイトで読むのがおすすめです。どれも安心・安全のサービスです。
サイト名電子書籍サイト無料期間
ebookjapanebookjapan初回50%オフ 電子書籍 80万冊 無料試読豊富
まんが王国まんが王国最大50%還元 無料試読豊富
U-NEXT31日間無料 トライアル ポイント600円付与
Amebaまんが大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】100冊まで 全部40%オフ
 

アニメ無料で見れる動画配信サービスは?

アニメや映画を見るなら下記の動画配信サービスがおすすめです。
サイト名動画サイト無料期間
UーNEXT31日間無料 トライアル 継続月2189円
hulu14日間無料 トライアル 継続月1026円
Abemaプレミアム14日間無料 トライアル 継続月960円
FODプレミアム14日間無料 トライアル 継続月976円