SPY×FAMILY

スパイファミリー63話ネタバレ最新確定と感想は?ロイドのいない戦い!東西平和のために!

こんにちは。

2022年6月13日配信の少年ジャンプ+より、SPY×FAMILY【63話】を読みました。

62話では、

アーニャが雷を取ってしまったことで倒れたロイドが、ずっと昔の夢を見ていました。

東西の戦争が始まり、全てを失ってしまったロイド。

真っ暗な闇の中で戦い続けるロイドがスパイになった理由が明らかになりました。

それでは、この記事では、SPY×FAMILY【63話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

スパイファミリー63話ネタバレ最新確定

東国の大人気オペラ歌手、ジョナス・ウェルマンが西国での東西交流イベントに参加することが決まりました。

平和への第一歩・・・と思われた矢先、ウェルマンに多数のスキャンダルが浮上しました。

WISEの諜報員の1人はこの報道に怒っています。

平和どころか真逆の行動をしているからです。

そう言って完全にウェルマンに失望した諜報員に、管理官は西国内でスキャンダルが出回らないように根回しをするよう、強く指示しました。

どこの誰が書いたかも分からない記事、不確かな統計。

東西平和を望まない者による陰謀である可能性が捨てきれないのです。

広い視野で全体を見ることが出来ていない新米諜報員を見て、管理官は黄昏が来たばかりの頃を思い出していました。

そしてやはりスキャンダルはねつ造されたものであると判明します。

となればスキャンダルと共に出ていたウェルマン殺害予告も偽物だと諜報員の1人が言いますが、管理官はまだ疑っています。

そしてウォルマンの事務所の前に立つ警備員の中に不審な人物を見つけました。

すぐに事務所近くにいる仲間に連絡し、管理官たちも現場に向かいます。

すると不審な警備員が動き出しました。

管理官は自らその警備員を制圧し、誰にもバレないよう処理しました。

これで無事に東西平和の足掛かりとなるウェルマンの西国来訪が叶いました。

新米諜報員は片寄った情報に惑わされた自分を恥じ、これからは気持ちを新たにと意気込みますが、やはり情報に惑わされてしまうのでした。

スパイファミリー63話感想

今回はWISEの様子が描かれましたが、ロイドは一切登場しませんでした。珍しい話です。

東西平和を望むからこそ戦う者、東西平和を望まないからこそ嘘の情報を流す者など様々な人がいます。

管理官はそのことを分かっているからこそ全体を見て動けるのでした。2

年目にもなってまだ新米の諜報員は、失敗して何かを学んだように見えてもまだまだ甘いよくいるタイプです。

ロイドからすれば使えない諜報員ですが、こんな人物がいるからこそ今回の話で管理官がすごくかっこよく描かれたのだと思いました。

スパイファミリー64話考察予想

アーニャの雷獲得を受けてロイドが倒れた話がまだ続いていました。

長編だった62話、そして63話とそれだけロイドにとってショックだったことが分かり面白かったですが、それでも流石に次回からは通常運転となるでしょう。

雷を取ってしまったことは仕方がありません。このままちょっとずつアーニャは退学に近づきながらも、星も獲得していくはず・・・。

ロイドはアーニャに厳しくしても逆効果であることを知っているため、どうやって星につなげるかを真剣に考えます。

▷スパイファミリー64話はこちらへ

まとめ

この記事では、SPY×FAMILY【63話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。