リエゾン-こどものこころ診療所-

リエゾン-こどものこころ診療所-95話ネタバレ最新確定と感想は?新しい決断と職種

こんにちは。

2022年7月21日発売のモーニングより、リエゾン-こどものこころ診療所-【95話】「就職活動⑥」を読みました。

94話では、

藤井が志保に再び電話をかけてきました。

バイトでの出来事、なかなか内定をもらえないことから普通であることを諦めなければならないのだとふさぎ込んでしまった藤井。

志保は同じ経験をしたからこそ藤井にある言葉をかけます。

それでは、この記事では、リエゾン-こどものこころ診療所-【95話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

リエゾン-こどものこころ診療所-95話ネタバレ最新確定

佐山が働き口を選ぶことに悩んでいる陣内にしたアドバイスは3つのことでした。

それは苦手なことを避け、特性を生かせる場所を選び、合理的配慮のある場所を選ぶことでした。

そのアドバイス通り、陣内はアパレルメーカーでも空気を察することやマルチタスクのある撮影などの仕事を避け、特性を生かせるデータ入力の仕事をさせてもらっています。

そして最後の合理的な配慮についても伝えてあることから、上司は一度曖昧な指示をしてしまいますが、すぐに的確な指示に変えてくれました。

悩む必要のなくなった陣内にはわずかな笑みが浮かんでいます。

藤井から相変わらずよく電話を貰っていた志保は、遂に藤井少し意識を変えて踏み出したことを報告されました。

一次面接に合格しただけですが、藤井は東京を出て、山梨にある醸造所に行こうとしているのです。

同級生とは全く違う路線、さらに東京から出ることも大きな挑戦ですが、従業員になることが出来れば安くクラフトビールを買えるため藤井にはぴったりです。

自分なりの答えを出した藤井ですが、これまで自分がやってきたことが良かったのか、悪かったのかの答えは出せていません。

ずっとやってきたことを捨てたことがリスクにもなりうるし、大変になるかも知れないのです。

ここで電車が来たため藤井は志保との電話を切り、電車に乗り込みました。

そして独り言のように、久々に胸が躍っているのだと、窓から外を見ながら電話の続きをつぶやきました。

リエゾン-こどものこころ診療所-95話感想

これまでも志保が患者にとって役立つことはありましたが、まだまだヒヨッコであったため今回ほど役に立ったことはなかったでしょう。

佐山の知らないところで相談を受け続けて志保が自分なりに答えを出し、藤井を導いてあげることが出来たのはよかったです。

今回は陣内も藤井も最終的には恵まれ、自分の働きたい職種で働くことができそうな雰囲気で終わりました。しかしそれは簡単なことではないことも現実として受け止めておきたいと思いました。

リエゾン-こどものこころ診療所-96話考察予想

次回から新章スタートです。全6回と続いた就職活動編でしたが、やはり大人の発達障害についての話は勉強になりました。

それでもテーマはこどもに関することなので、次回からまたこどものテーマで話が進むでしょう。

まだまだ知らない障害や疾患、そしてその障害の周りで起きている問題がたくさんあるため、色々学ぶことが出来ればいいと思います。

出来ればあまり思い悩んだ辛いテーマではない話を間に挟んでほしいと思っています。

▷リエゾン96話はこちらへ

まとめ

この記事では、リエゾン-こどものこころ診療所-【95話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

アニメを無料で見られる動画配信サービスは?

アニメや映画を見るなら下記の動画配信サービスがおすすめです。私もたくさん使ってきて今は電子書籍で漫画も読めるU-NEXTをずっと長く利用しています。簡単登録で2〜3分で31日間無料です。損がなくお得しかないのに入らない理由ってあるのかな・・・
サイト名動画サイト無料期間
UーNEXT31日間無料 トライアル 継続月2189円
hulu14日間無料 トライアル 継続月1026円
Abemaプレミアム14日間無料 トライアル 継続月960円
FODプレミアム14日間無料 トライアル 継続月976円