当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

リエゾン-こどものこころ診療所-

リエゾン-こどものこころ診療所-80話ネタバレ確定と感想は?子どもの性教育①

こんにちは。

2022年3月3日発売のモーニングより、リエゾン-こどものこころ診療所-【80話】「子どもの性教育①」を読みました。

前話の79話では、

無意識に踏切の前に立ち止まってしまった高尾は、旦那に見つけられ事なきを得ました。

心配していた佐山に呼ばれ佐山クリニックに行った高尾はようやく悩みを打ち明けると共に、自分自身を優先していいと言われ少しだけ心が救われました。

同時に、娘がちゃんと成長していたことも分かり、光が見え始めたのです。

それでは、この記事では、リエゾン-こどものこころ診療所-【80話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

リエゾン-こどものこころ診療所-80話ネタバレ確定

ある患者が頻繁に自慰行為を行っており、依存に陥っているかもしれないという相談を受けて、佐山と志保の意見が対立していました。

佐山は無理に辞めさせるよりも、人前で行わないことや衛生面に気を付けることなど正しい性への知識を教えることが大事だと考えていますが志保は大反対。

親が子どもの性行為に干渉することは子どもを傷つけると考え、見て見ぬふりを推奨します。

しかし今回の場合、子どもは親に知られていることを分かっており、行為を目撃した母親がショックを受けたために佐山に相談をしてきたわけです。

それでも佐山には同意できない志保は、佐山にはデリカシーがないのだと思っていました。

場面は代わり、志保は大学に来ています。

親友の加奈が先輩の森山先生と付き合っていると言う話を聞き驚いています。

以前より2人は付き合っていましたが、森山は別の病院に移る予定があるため、それまでは周りに隠していたのです。

加奈は森山が研修医でなくなれば結婚を前提に同棲することも考えています。

そんな加奈に近況を聞かれた志保は、佐山と性教育の件でぶつかったことを話します。

そして性教育についてお互いの家はどうだったのかという話になりました。

ドラマのラブシーンで少し気まずい程度だった志保の家に対し、加奈の家は徹底して性的なものは排除され、そのような話をする友達とも切り離されたほどです。

そのまま思春期を迎えた加奈は逆に体の変化も相談出来なかった、と言い何かを言いかけますが途中でやめ、今は森山との同棲について両親にどう伝えるべきか悩んでいる、と打ち明けます。

リエゾン-こどものこころ診療所-80話感想

志保が話したラブシーンで気まずくなる、はすごく共感出来ます。これに関しては思春期でなくても親子であればずっと気まずい問題ではないでしょうか。ちなみに家族であれば誰と一緒でも気まずいです。

しかしそれが普通なのかなと感じる一方かなり極端だったのは加奈の家。大人になってまで心配しなければならないと言うのは少しかわいそうです。

今回この話のきっかけとなったのは自慰行為をする患者からですが、精神科にはこのような相談もされることに驚きました。

リエゾン-こどものこころ診療所-81話考察予想

このシリーズでは患者ではなく加奈が主人公になるのだと予想しています。

志保は患者とその家族、更に加奈の話を聞くことで、ただ恥ずかしいだけでは片付けられない問題があり、大人がどのように接するべきかを学びます。

加奈は森山との同棲を親に伝えた時どのような反応をされるのでしょう。

結婚を前提にしているとはいえ、話を聞く限り両親は結婚してから同居したタイプだと考えられます。

不純だと言われ、森山がまだ大学にいる時点で騒ぎを起こされるのでしょうか。

▷次話リエゾン81話はこちら

まとめ

この記事では、リエゾン-こどものこころ診療所-【80話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

めちゃめちゃ難しい問題ですね。

ドラマのラブシーンを親と見てなんだか気まずくなることには激しく同意出来ました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

ebookjapan|今なら初回購入70%オフ

登録無料。マンガを中心に80万冊以上の取り扱い冊数。欲しいマンガが見つかる!電子書籍サービス。

Yahooと提携しているためpaypayポイントが利用できお得に貯まります。無料で読める漫画も豊富。

月額課金制ではないので辞める理由なし。初めての購入なら70%オフキャンペーン実施中!(6回まで)今すぐ公式サイトをクリック→<公式サイト

テキストのコピーはできません。