当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

薫る花は凛と咲く

薫る花は凛と咲く116話ネタバレ最新確定と感想は?薫子が凜太郎に堂々と密着!?

2024年7月4日配信のマガポケより、薫る花は凛と咲く【116話】「ホラー映画」を読みました。

前話の115話では、

仲直りした夏沢と飛鷹がそのまま一緒に帰っていました。高校の話をする中で、飛鷹は夏沢が中学時代よりも素直になったと感じていることを伝えます。

そこには高校で出会った人たちがいるからと感じる夏沢ですが、それにより昴への気持ちを自覚してしまい!?

それでは、この記事では、薫る花は凛と咲く【116話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

薫る花は凛と咲く116話ネタバレ最新確定

凜太郎と薫子は映画館デートに来ていますが、薫子は落ち着かない様子でずっとポップコーンを食べています。

その理由はこの日見に来た映画がホラー映画だから。テーマパークの時に判明した薫子のホラー嫌い考慮して凜太郎は1人で映画を見るつもりでしたが、薫子は久々のお休みを凜太郎と過ごしたかったのです。

怖ければ途中で出ても良いと伝える凜太郎は薫子を安心させるためにそこまで怖くないと伝えますが、ここで付き合い始めて初ともいえる本気の疑いの目を向けられました。

薫子は食べることで落ち着こうとしているようですが、映画が始まっていないのに早くもポップコーンは半分になっています。

凜太郎は誕生日とは違うのにここまで薫子が頑張ってくれる理由を尋ねました。凜太郎をさらに惚れさせる薫子の返事は!?

加えて、凜太郎がいるから大丈夫だと暗くなったシアター内で小声で伝えて来る薫子に凜太郎は限界!映画に集中できるかも分からないところで、薫子は凜太郎の腕にしがみついてきます。

かなりヤバそうで薫子は時々目をつむってしまっていますが、それでも大丈夫だと映画を中断して出ようとはしません。

凜太郎は集中できていませんが、それでも彼女がしがみついてくるこの状況はこれで幸せだと思っていました。

無事に最後まで映画を見終えた薫子は平気だと言いますが、夜に響いてきそうなため夜少しだけ電話をすることになります。それでも薫子はまた一緒にホラー映画を見たいと伝えます。

それには映画館とホラー映画ならではの理由があって!?

薫る花は凛と咲く116話感想

映画館でホラー映画を見ると合法的に密着できると、可愛いことを覚えた薫子ですが、それにしてもホラー映画であそこまで怯えている様子を見ると、2人きりに慣れる場所に行った方が良いのではないかと思ってしまいます。

しかしそれだと急に抱き着く理由が浮かばないため、やはり映画館が最適なのでしょうか?

薫子を心配してくれる凜太郎の表情を間近で見られるのもかなり良いですね。お互いにホラー映画を見ることにメリットを感じているところと、お互いにその気持ちを隠しているところが面白かったです。

薫る花は凛と咲く117話考察予想

次回は凜太郎と薫子がケーキ屋に行きます。凜太郎の家ではなく、以前から薫子が気になっていたケーキ屋。

凜太郎にとってはライバル店の店で!というよりも色々なケーキを見ることで自分のケーキに生かすことができるでしょう。一方の薫子は最終的に凜太郎のケーキが一番好き、という気持ちでおちつくと思われますが、それでも食べたケーキの感想もしっかり伝えます。

このケーキ屋さんデートが凜太郎の進路を決める1つの要素になりそうです。

ケーキを食べたことで怖さを忘れた薫子が夜に思い出して電話をかけて来るシーンも楽しみです。

▷次話!薫る花は凛と咲く117話はこちら

まとめ

この記事では、薫る花は凛と咲く【116話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

超怖がり薫子すごくかわいかったです。こんな子が彼女だと最高ですね。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

ebookjapan|今なら初回購入70%オフ

登録無料。マンガを中心に80万冊以上の取り扱い冊数。欲しいマンガが見つかる!電子書籍サービス。

Yahooと提携しているためpaypayポイントが利用できお得に貯まります。無料で読める漫画も豊富。

月額課金制ではないので辞める理由なし。初めての購入なら70%オフキャンペーン実施中!(6回まで)今すぐ公式サイトをクリック→<公式サイト

テキストのコピーはできません。