僕のヒーローアカデミア

ヒロアカ351話ネタバレ最新確定と感想は?荼毘の目的!死んでもいい?

こんにちは。

4月25日発売の週刊少年ジャンプに、僕のヒーローアカデミア351話「二つの赫灼」が掲載されました。

前話の350話では、荼毘がどうして生きていたのか、どうしてエンデヴァーを越えるほどの炎をもったまま今まで生きて来たのかが荼毘本人の口から語られました。

いつ死んでもおかしくないほどのダメージを受けても生きている荼毘は、エンデヴァーに対する怨みだけでその命を繋いでいたのです。

それでは、この記事では、僕のヒーローアカデミア351話の考察・展開予とネタバレ確定・感想についてまとめました。

▼まんがを読むならコレ!▼

無料でマンガを読む方法があるのをご存知でしょうか?

動画配信サービスのU-NEXTなら無料で読める作品もたっくさんあります。

さらに登録をすると最初にもらえる600ポイントの利用で実質マンガ1冊無料になったり

アニメや映画・ドラマも「31日間は無料」で見放題作品多数!こんな素晴らしいサービス!利用しないともったいないですよね?

▼無料期間内に解約もできる▼

 

ヒロアカ351話ネタバレ最新考察「荼毘の目的!死んでもいい?」

荼毘は端から死ぬ気で生きているようでした。

そのことには轟も気づいています。

しかし、今荼毘と轟がいる場にエンデヴァーはいません。荼毘の目的はエンデヴァーを苦しめることであるため、今ここで轟を殺すことはしないでしょう。

更に自分がこの場で死ぬこともありません。まだ生きてエンデヴァーの目の前で轟を殺すことが今の荼毘の最大の目的です。

もしもここで轟が敗けるようなことがあれば、瀕死の状態でエンデヴァーの元へ連れて行かれることになります。

ヒロアカ351話ネタバレ最新考察「荼毘の赫灼熱拳」

ハッキリとしませんが、前回のラストは荼毘と轟の両方が赫灼熱拳を使ったように見えました。

轟が赫灼熱拳を使えるようになったのは290話ですが、まだその精度は低いでしょう。

荼毘の異常なまでの執着により生まれた赫灼熱拳の方が、パワー、質ともに上回り轟を凌駕すると予想します。

しかし荼毘の赫灼熱拳はあくまで動画等で見たエンデヴァーの技のコピー。

完璧に同じものとも言えないように思えます。実際にエンデヴァーの元で育った轟とどちらの方が上か見ものです。

ヒロアカ351話ネタバレ最新考察「場面は爆豪へ」

トガ、そして荼毘の戦いがどうなるかというところでまた別の人物のシーンに移るはずです。

出久はまだ死柄木のところ、つまり雄英に辿り着くことが出来ないためそれでも死柄木と戦うヒーローたちの様子が描かれると思います。

死柄木の元にはベストジーニストやミルコなど様々なヒーローがいますが、その中でも注目すべきは爆豪です。

豪は前回の死柄木との戦いの際、出久と共に死柄木に特攻し、出久を守るために死柄木に体を貫かれていました。その時のお返しを必ずするのだと予想します。

ヒロアカ351話ネタバレ最新確定「二つの赫灼」

自分について話したことで荼毘は勢いを増します。

そして轟をはるかに上回る速度で温度を上げていきます。

高温になる荼毘の側にあるオールマイトの銅像はその温度に耐え切れずドロドロと溶けていきます。

弱くなってしまった火の強さを取り戻すため、荼毘はエンデヴァーに言われた自分以上に素質があるという言葉を胸に訓練を続けました。

すでに肉体の感覚が衰えていた荼毘に歯止めをかけるものはありません。

そして今、荼毘は映像で見たエンデヴァーの技を再現します。

ヒロアカ351話ネタバレエンデヴァーの技は!

驚くサイドキック達ですが、よく見るとエンデヴァーの技より太く雑です。

ヒーローたちが何とか火を止め、轟の準備が整うのを待っていると、すでに荼毘は轟の背後に回っていました。

荼毘の技は目くらましだったのです。

準備が出来ている轟が技を出す前に殴ってくる荼毘は、どんな気持ちで市民たちと雄英にいたのだと聞きます。

ヒロアカ351話ネタバレ荼毘の憎しみ

荼毘によって明るみに出た轟家の真実。恨まれて当然の存在が市民の側にいられる厚かましさが荼毘には信じられません。

荼毘はエンデヴァーの望む最高で生まれた轟が、強さだけを求めなかったことに対して憎しみをぶつけます。

そんな中途半端な轟は何者にもなれないと叫ぶ荼毘の炎が轟をビルに叩きつけます。

その時、荼毘は自分の腕の異変に気が付きます。

同時に轟がしゃべり始めました。

轟は荼毘がエンデヴァーだけでなく自分のことも見ていてくれたよかったと言うと、皆と共にいたからこそ得ることができた赫灼を出しました。

それはエンデヴァーと同じ形。

家族への憎しみに無関係な人々を巻き込む荼毘に、轟の赫灼がぶつけられます。

ヒロアカ351話感想

荼毘はどんどんぼろぼろになっていきますね。

感覚がないため苦しくないようですが、それでも人体には限界があるため、この戦いが終わると荼毘は死んでしまうでしょう。

それでもそんな肉体の限界を超える火は、その温度上昇も伊達ではありません。本当に強く恐ろしいと思える敵です。

しかし今回は戦いの中でよく喋り、その言葉の端々に轟への嫉妬を感じました。

今でも荼毘は自分の火をエンデヴァーに認めてほしいのではないかと思いました。

まとめ

この記事では、ヒロアカ351話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▷ヒロアカ352話はこちらへ

漫画をお得に読むなら

漫画をお得に読むなら下記の電子書籍サイトで読むのがおすすめです。どれも安心・安全のサービスです。
サイト名電子書籍サイト無料期間
ebookjapanebookjapan初回50%オフ 電子書籍 80万冊 無料試読豊富
まんが王国まんが王国最大50%還元 無料試読豊富
U-NEXT31日間無料 トライアル ポイント600円付与
Amebaまんが大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】100冊まで 全部40%オフ
 

アニメ無料で見れる動画配信サービスは?

アニメや映画を見るなら下記の動画配信サービスがおすすめです。
サイト名動画サイト無料期間
UーNEXT31日間無料 トライアル 継続月2189円
hulu14日間無料 トライアル 継続月1026円
Abemaプレミアム14日間無料 トライアル 継続月960円
FODプレミアム14日間無料 トライアル 継続月976円