当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

僕のヒーローアカデミア

ヒロアカ371話ネタバレ最新確定と感想は?障子が受けてきた非道な差別?

僕のヒーローアカデミアネタバレ考察

こんにちは。

2022年10月31日発売の週刊少年ジャンプより、僕のヒーローアカデミア371話「しょーじくんといっしょ。」を読みました。

前話の370話では、

荼毘が捕まった直後、AFOは黒霧を取り戻すためにスピナーに指示を出し、スピナーに賛同する者たちが黒霧のいるセントラル病院に向かっていました。

それを止めるヒーローたちは異形が理由にひどい扱いを受けてきた者たちの恨みを受け止めきれずにいましたが、同じ異形である障子が!

それでは、この記事では、僕のヒーローアカデミア371話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

ヒロアカ371話ネタバレ最新考察「障子はひどい迫害を受けてきた」

前回の話、冒頭で描かれた迫害のシーンはスピナーの過去が描かれているのだと思っていました。

しかし、あれはおそらく障子の過去だったのです。

姿を見せるな、死ね、などひどい言葉を浴びせられ、石を投げられボロボロの状態。

時代が変わっても絶対に受け入れられないと言われたのです。

何とも苦しい経験から、障子は異形と呼ばれる部分、顔の下半分を隠してきたのです。

しかし今回戦いの中で露になってしまいました。

スピナーたちに同調せず戦う障子の気持ちは、同じ異形と何が違うのでしょうか。

ヒロアカ371話ネタバレ最新考察「時代は変わった」

時代が変わっても受け入れないという言葉は幼い障子の心に深く突き刺さり、今でも思い出してしまう言葉でしょう。

しかし今の障子は口を隠していましたが、普通に皆と仲良くし、学んできました。

そして知ったはずです、たとえ見た目が違っても、仲間たちは自分を差別しないと。時代が、環境が障子を変えてくれたのです。

実際雄英には見た目が普通の人間からかけ離れている生徒や教師は多いですが、誰も嫌な思いをしていません。

今回スピナーに賛同している者の多くは、憎しみの中で生き続け、時代が変わっても環境を受け入れなかった者たちではないでしょうか。

ヒロアカ371話ネタバレ最新考察「この戦いは終わっている?」

障子が頑張っていますが気になるのは時間軸です。

前回の話は少し遡って描かれていた話であり、AFOは荼毘が捕まってしまった後もかなり長い間戦い続けていました。

369話ラストでAFOが思い浮かべたスピナーがもし前回の話の時間軸ではなく、AFOがスピナーを思い浮かべた瞬間の映像であるのならば、前回の時間軸からさらに時間が経った時にまだスピナーは立っている、ということになります。

障子や他のヒーローたちは負けてしまうのかもしれません。

ヒロアカ371話ネタバレ最新確定「しょーじくんといっしょ。」

障子はスピナーに対し、病院を襲う理由を求めました。

黒霧奪還に伴う犠牲は仕方なし、スピナーに賛同する市民たちはそう言ってくれることを期待しますが、もうスピナーの思考は働いていません。

もうリーダーとかもどうでもいい。

スピナーの頭に死柄木とどうでもいい話ができた時の光景が蘇り、それを取り戻すためひたすら進みます。

スピナーの見た目にもう元の面影はありません!

スピナーが障子をぶっ飛ばすと、ヴィランは障子にも異形としてついて来いと誘います。

しかし障子の気持ちを知る口田は・・・。

障子は顔に禍々しい傷を仲間たちにも見せていました。

両親とも違う異形として生まれ、それが都会でなかったためにひどい迫害を受け、傷つけられた過去を持つ障子。

忘れることは出来ません。

それでも障子は異形や傷跡から復讐者と思われないために顔を隠していました。

嫌な思い出よりもこの体で良かった思い出を障子は大切にし、この良い思い出をヒーローになることで次に繋いでいきたいと障子は話していたのです。

障子は痛みが分かるからこそ、その痛みを他人にぶつけてはいけないと叫びながら戦いますが、壊れたスピナーには届きません。

更にスピナーについてくる市民たちは障子の考えが青臭い理想だと笑います。

障子の思いが笑われることに怒る口田もこれまでにない見た目で個性を発動します。

感化されるようにさらに見た目を変えた障子。

気持ち悪いと言われても、その姿で戦うのです。

ヒロアカ371話感想

まだ高校1年生の子どもが受け入れ、前を向けるような心の傷ではないと思いました。

障子はとても強い人間ですが、その一言で片づけるのは良くないです。

今は受け入れてくれる仲間たちに出会えましたが、それでも簡単には癒えることのない傷。体に残った傷が嫌でも過去を思い出させるはずです。

ヒーローとしてとても立派な心の持ち主であると痛感しました。

ここで口田にも変化が!小心者でヒーローには向いていないと最初は感じた口田も強くなりました。

そして今、同じ異形ですが生きてきた環境が全然違う障子の強い気持ちが笑われることに怒りを覚え、その本当の力を発揮したのです。

戦うことに対する重みがどこよりも強い戦場になってきました。

▷次話ヒロアカ372話はこちらへ

まとめ

この記事では、僕のヒーローアカデミア371話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

差別の話は読むのが少し心苦しいですよね。

でも障子の思いは気になります!

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。