当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

僕のヒーローアカデミア

ヒロアカ352話ネタバレ考察感想は?轟と荼毘!それぞれの必殺技が激突!

こんにちは。

2022年5月16日発売の週刊少年ジャンプより、僕のヒーローアカデミア352話「必殺技」を読みました。

前話の351話では、轟に自分が生き延びてきた話をしたことでリミッターが外れたのか荼毘は一気に火力を上げていきました。

轟よりも早く最大火力に達した荼毘は、エンデヴァーの技を繰り出し目くらましをした上で轟を狙います。

轟への嫉妬が止まらない荼毘に、轟は皆といたからこそ習得できた炎を見せます。

それでは、この記事では、ヒロアカ352話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

ヒロアカ352話ネタバレ考察「赫灼熱拳“燐”はエンデヴァーのもの?」

轟が使った赫灼熱拳“燐”はエンデヴァーのものとはまた別物です。

燐は金属元素としては青白い光を発するようなので、カラーで描かれた時の轟の炎が荼毘と同じ青色になっているのかが気になるところです。

文字の意味としては、屍から出る火や妖しい火を示しているようなのでこちらも荼毘に通ずる部分があるように感じます。

今回轟が出した炎は青色をしていると予想します。

それは、荼毘が家族問題に関係ない人を巻き込むことに対する怒りが含まれているからなのではないかと予想します。

ヒロアカ352話ネタバレ考察「エンデヴァーと同じ火」

轟が赫灼熱拳を使う時、胸をクロスに覆うような火が現れました。

ヒーローをしている時のエンデヴァーと同じです。その点を見てもやはり轟はエンデヴァーの最高傑作だったのでしょう。

荼毘はエンデヴァーを超える火力を持っています。

しかし轟がエンデヴァーと同じ火力を持ったとすれば、その他の全てを持っている轟の方がどう見ても強いと思われます。

後は荼毘の憎しみがどこまで持続し、燃え上がるかがこの戦いの肝になると思います。

ヒロアカ352話ネタバレ考察「エンデヴァーは今」

オール・フォー・ワンと戦っているエンデヴァーはヒーローとして目の前のことに集中していますが、それでも息子2人の戦いが気になっているでしょう。

もしこのまま轟が勝利して加勢に向かった先がエンデヴァーのところだったら、エンデヴァーは轟の姿を見て嬉しく思います。

しかしこれまでのように焦凍ォォォー-!と大盛り上がりはしません。

出来ないのです。

荼毘の一件があってから複雑な気持ちのエンデヴァーは、自分が望んだ轟の姿を見ても素直に喜べず、また長男が倒されたことにも何かを感じてしまいます。

ヒロアカ352話ネタバレ確定「必殺技」

荼毘は轟家が倒さなくてはなりません。

エンデヴァーがこの場に来られないこともまた、轟家に与えられた罰でした。

轟はこの時のために準備してきた技を使います。

それはエンデヴァーの炎とは逆の力ですが、これは轟自身のために必要な力でした。

そして今、轟が使った技は「冷炎白刃(れいえんはくじん)」。

炎による温度に耐えながら荼毘の炎を冷ますその力に、やはり轟は望まれた存在であることを痛感する荼毘。

同じ血を持ちながら全く違う型を持つ轟を鼻で笑う荼毘は、そのとてつもない熱放出で地面をマグマのように溶かし轟を焼き尽くそうとします。

しかし轟はそこから更なる技で全てを包み込みました。

「大氷海嘯(だいひょうかいしょう)」。

荼毘のことも救いたいと思っている轟の必殺技の衝突の行方は!?

ヒロアカ352話感想

予想外のスピードで荼毘戦決着となりました。

現在の2人は涙を流していませんでした。

2人とも小さな時から轟家の中でずっと苦しんできたため小さな姿で涙を流している演出がとてもよかったです。

炎こそが最強とされる轟家の中で、この窮地を救ったのは轟の持つ氷の力。

ずっとエンデヴァーの炎は使わないと言っていた入学直後のことなどが思い出されますが、これこそが轟のあるべき姿なのだと思い、安心できました。

自分の生き方が出来るようになってよかったです。

▷次話!ヒロアカ353話はこちらへ

まとめ

この記事では、ヒロアカ352話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

兄弟対決。

最後は思わず涙してしまいました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

ebookjapan|今なら初回購入70%オフ

登録無料。マンガを中心に80万冊以上の取り扱い冊数。欲しいマンガが見つかる!電子書籍サービス。

Yahooと提携しているためpaypayポイントが利用できお得に貯まります。無料で読める漫画も豊富。

月額課金制ではないので辞める理由なし。初めての購入なら70%オフキャンペーン実施中!(6回まで)今すぐ公式サイトをクリック→<公式サイト

テキストのコピーはできません。