彼岸島48日後

彼岸島48日後319話ネタバレ最新確定と感想は?拷問野郎が逃げた先に晶と豹丸が!

こんにちは。

2022年4月4日発売のヤングマガジンより、彼岸島48日後・・・【319話】「壁の梯子」を読みました。

318話では、

明と豹丸の戦いは激しさを増し、街や市民への被害が拡大していきました。

親を殺された吸血鬼の子供の涙を見た豹丸は、謝りつつも明を倒し必ず血の楽園をこれまで以上の楽園にすると誓うのでした。

それにより吸血鬼たちは全力で豹丸を応援し始めます。

それでは、この記事では、彼岸島48日後・・・【319話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

▼まんがを読むならコレ!▼

動画配信サービスのU-NEXTなら無料で読める作品もたっくさんあります。

U-NEXT

さらに登録をすると最初にもらえる600ポイントの利用で実質マンガ1冊無料になったり

アニメや映画・ドラマも「31日間は無料」で見放題作品多数!利用しないともったいないですよね?

▼無料期間内に解約もできる▼

彼岸島48日後319話ネタバレ最新確定

明と豹丸の戦いの場は遂に居住区まで後退して来ました。

まだ万全の状態ではない明は豹丸の攻撃を避けるので精一杯です。

明を殺すため容赦ない豹丸は、鎌を住宅に向かって思い切り振り下ろしました。中では吸血鬼が普通に生活しています。

住居の屋上にいた明は豹丸の攻撃による建物の崩壊に巻き込まれ少し落下し、さらなるダメージを受けました。

吸血鬼たちの中には自分の住居が破壊されたことに涙を流す者もいますが、周りの者たちが必ず再興すると励まし、さらに豹丸への応援の声が強くなりました。

明サイドも負けじと大声で応援を続けます。

明はこのまま逃げ続けることが不可能だと分かっているため、何か解決策を考えます。

その時、隣のビルの屋上から楽園を囲む壁づたいに梯子がかけられているのを見つけました。

はっきりとは見えませんが上まで続いていると思われる梯子。

明は一か八か、隣のビルに飛び移り梯子に向かいます。

明はすぐに梯子を上り始めました。

すると豹丸は梯子に向かって鎌を振り下ろしてきます。

明はがいる場所の梯子が縦に真っ二つに裂かれてしまいますが、明はその片方にしがみつき堪えています。そしてロープを上がるように、1本になった梯子をよじ登っていきます。

豹丸は行かせないと2つに分かれた梯子を持ち、引っ張り始めました。徐々に壁との接地面が外れて行きます。

すると明は自分がいる場所より下の梯子を切り落とし、そのまま上まで登っていきました。

鮫島たちは明が上に行った理由が分かりません。希は壁の上には拷問野郎が作った化け物がいることを思い出し、明が心配になります。

同時に拷問野郎が今どこにいるのかが気になりました。

拷問野郎は現在戦いに巻き込まれないように壁の上に隠れていました。

化け物たちは親である拷問野郎に攻撃はしてきません。

するとここに明が登場。更に拷問野郎が慌てているとすぐに壁に鎌を刺して上がって来た豹丸も姿を現します。

彼岸島48日後319話感想

まだ目がかすむ、と明は辛そうにしていましたがそれでも止まらないところに感動します。

今回の相手、豹丸はこれまでのアマルガムや明の息子と違い男気溢れているため見ていてとても面白い戦いです。

思い返せば凸様凹様もアマルガムにしてはしっかりしており、姑獲鳥もちゃんと自分の意思がありました。強くなるにつれ、内面もしっかりしているのかなと感じます。

それでも吸血鬼は吸血鬼。明には絶対に豹丸をぶっ倒して欲しいです。

彼岸島48日後320話考察予想

今回も明は豹丸に攻撃出来ずに終わりましたが、それでも勝機を掴んだように思えます。

自分が逃げるのではなく豹丸も上に連れてくることが目的だったようなので、狙い通りです。

高いところで戦うということは豹丸を突き落とすのだと予想しています。

拷問野郎が作った化け物たちは豹丸にとって敵ではないため、落とす可能性の方が高いと考えました。

そして動けない豹丸に明が上から腹をズドンと突き刺し、豹丸を倒すのです。

明の作戦は上手くいくのでしょうか。

▷次話320話はこちらへ

まとめ

この記事では、彼岸島48日後・・・【319話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。