夜桜さんちの大作戦

夜桜さんちの大作戦140話ネタバレ最新確定と感想は?夜桜家を恨んでいるのは!?

こんにちは。

2022年8月1日発売の週刊少年ジャンプに、夜桜さんちの大作戦140話が掲載予定です。

前話の139話では、

凶一郎と出雲が何やらただならぬ気配を感じ取る中、武器庫にて二刃と修羅が弟と戦っていました。

二刃よりもたくさん弟を殺すことで二刃を抱きしめる権利を得ようとした修羅がどうしてここまで二刃を溺愛しているかが明らかになりました。

それでは、この記事では、夜桜さんちの大作戦140話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

▼まんがを読むならコレ!▼

無料でマンガを読む方法があるのをご存知でしょうか?

動画配信サービスのU-NEXTなら無料で読める作品もたっくさんあります。

さらに登録をすると最初にもらえる600ポイントの利用で実質マンガ1冊無料になったり

アニメや映画・ドラマも「31日間は無料」で見放題作品多数!こんな素晴らしいサービス!利用しないともったいないですよね?

▼無料期間内に解約もできる▼

 

夜桜さんちの大作戦140話ネタバレ考察「百以外にも敵がいる?」

今回スパイ協会内で百の弟を倒し、爆発を阻止するミッションに臨んでいる金級の中には先に食堂に来た者はいませんでした。

にも関わらず、食堂にいた百の弟たちは皆殺しにされ、同時に夜桜家の家紋に対しても攻撃された痕跡が現場に残されていました。

もしも百によるものであれば、夜桜を恨むことも、自らの弟を殺すこともおかしいので、夜桜家には百以外にも敵がいて、しかも百の行動を把握している、つまり金級スパイの誰かだと予想します。

夜桜さんちの大作戦140話ネタバレ考察「スパイ協会が答えを出さなくても・・・」

夜桜へを協会から追放して欲しいという要望が出されていますが、それについて話し合った金級会議で百の件を早々に片づけるために一旦保留との結論が出されました。

しかしその結論が出たことについては、周囲にはまだ伝えられていないはず。なぜなら決まってすぐにスパイ協会の爆弾探しに来たため、まだ当日だからです。

余計なトラブルを起こさないように何も伝達しない出雲ですが、協会側が答えを出さないのであれば・・・、と独自で動き出した輩がいそうです。

夜桜さんちの大作戦140話ネタバレ考察「つぼみが動いている?」

百が現れてからつぼみはもう死ぬだけというような情報が入り、つぼみに関する話は出てきませんでした。しかし、そう簡単につぼみが死ぬのか怪しいところです。

元々子々孫々の代までその恨んでいたつぼみは、百に裏切られたことでさらにその想いを強くし、夜桜家に関する全てを消し去ろうと考えているのではないでしょうか。

太陽の万花繚乱についてはつぼみが切っても切れない関係であるため、ここにきてまたつぼみの存在が出てくることも十分にあり得ます。

夜桜さんちの大作戦140話ネタバレ最新確定

凶一郎と出雲は場所を変えて図書館へとやってきました。

懐かしさで思い出話に花を咲かせる・・・、に見せかけてかつてしていたように解釈の違いで対立していた時、2人は少なくとも10体以上この場所に潜んでいることに気づきます。

全員急に凶一郎たちを警戒したのです。

残り時間は29分であることから、急いでカタをつけようとする凶一郎。

出雲は凶一郎を止めるために顔を引っ張りますが、止め方が悪かったため殴られてしまいました。

止めた理由は凶一郎の攻撃では図書館に対する被害が大きくなってしまうためです。

重要な資料が多いこの図書館をあまり損傷させたくないと言うのが出雲の本音でした。

そしてここでの戦いは出雲が引き受けることにします。

凶一郎と出雲は場所を変えて図書館へとやってきました。

懐かしさで思い出話に花を咲かせる・・・、に見せかけてかつてしていたように解釈の違いで対立していた時、

2人は少なくとも10体以上この場所に潜んでいることに気づきます。

全員急に凶一郎たちを警戒したのです。

残り時間は29分であることから、急いでカタをつけようとする凶一郎。

出雲は凶一郎を止めるために顔を引っ張りますが、止め方が悪かったため殴られてしまいました。

出雲はまるで普通の人間のようにふるまっている百の弟たちの核を一撃で破壊して倒していきます。

細かな動きから核の場所をすぐに見抜くことが出来るのです。

すると出雲に1人の女性スパイが話しかけてきました。

見た感じ普通の会員スパイであるため、気にしないように指示する出雲は次の敵を探しますがその時会員スパイの女性は信じられない動きで出雲に銃を向けてきました。

すぐに制圧する出雲。

そしてこの女性がやはり本物の会員スパイであることを確認します。

なんと擬態ではなく寄生され、脳を操られている者もいるのです。

同じような者たちが一気に出雲に襲い掛かってきました。

スパイの能力を使えることはやっかいですが、出雲は助けられる余地があることに感謝し。

侵されている神経だけを取り除き、敵を制圧。

そして残っているのがここにいる敵だけで爆弾も見つからないことから、ここに爆弾があると見て捕まえた弟たちから爆弾を見つけ出しますが、その時百は・・・。

夜桜さんちの大作戦140話感想

今回の話では凶一郎と出雲共にデフォルメ化されているシーンが多くて、シリアスなのにほっこりしました。

出雲がかなり強いことが分かったのも良かったです。

カッター1本で戦うなんてすごすぎます。

擬態はまだ許すことが出来ても、寄生は許すことが出来ません。一刻も早く百のことを制圧して欲しいと思いました。

しかしここまで全て百の狙い通りのようで、危険な匂いがします。爆弾が目的ではないと思われる百の本当の狙いは一体なんなのでしょう。

▷夜桜さんちの大作戦141話はこちらへ

まとめ

この記事では、夜桜さんちの大作戦140話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

アニメを無料で見られる動画配信サービスは?

アニメや映画を見るなら下記の動画配信サービスがおすすめです。私もたくさん使ってきて今は電子書籍で漫画も読めるU-NEXTをずっと長く利用しています。簡単登録で2〜3分で31日間無料です。損がなくお得しかないのに入らない理由ってあるのかな・・・
サイト名動画サイト無料期間
UーNEXT31日間無料 トライアル 継続月2189円
hulu14日間無料 トライアル 継続月1026円
Abemaプレミアム14日間無料 トライアル 継続月960円
FODプレミアム14日間無料 トライアル 継続月976円