ザ・ファブル

ザ・ファブル2【43話】ネタバレ最新確定と感想は?ジョギングをしていた男は誰?

こんにちは。

2022年6月6日発売のヤングマガジンより、ザ・ファブル2(The second contact)【43話】「ジョギングの男・・・・。」を読みました。

42話では、

2枚のうちどちらの封筒を開けるかを決めたクロは、本部長を呼び出し封筒を開きました。そこに書かれていた名前は木志田なのか鷹一なのか・・・。

真黒倉庫で予想するヨウコたちですが、答えは出ません。

しかしその翌日、いつものようにジョギングをする鷹一がルーマーの男に狙われていました。

それでは、この記事では、ザ・ファブル2(The second contact)【43話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

▼まんがを読むならコレ!▼

動画配信サービスのU-NEXTなら無料で読める作品もたっくさんあります。

U-NEXT

さらに登録をすると最初にもらえる600ポイントの利用で実質マンガ1冊無料になったり

アニメや映画・ドラマも「31日間は無料」で見放題作品多数!利用しないともったいないですよね?

▼無料期間内に解約もできる▼

ザ・ファブル2【43話】ネタバレ最新確定

いつもの時間にいつもの服装でいつもの道を走る鷹一を、ルーマーの男は車内から狙います。

鷹一の走るペースにタイミングを合わせ、引き金にゆっくりと力を込めていくルーマーの男。

しかしその時、鷹一が街頭の陰に隠れて立ち止まりました。

いつもとは違う行動に、ルーマーの男が疑問を持ってよく見ると、そこにいたのは鷹一ではなく覆面の男。

しかもルーマーの男に銃口を向けています。

弾はルーマーの男の頭部目掛けて飛んできますが、ルーマーの男は間一髪避けて見せました。

その頃クロは迎えに行った鷹一を車に乗せてどこかへ向かっていました。手紙に名前が載っていたのは鷹一だったのです。

ジョギングに行く前の鷹一を捕まえられたことに安心しているクロですが、鷹一は何やら神妙な面持ちです。

不思議がるクロに、鷹一は半年ほど前に海老原に呼び出されてあることを伝えられたと話します。

それは海老原に何かがあった時に、鷹一の前に佐藤と名乗る男が現れるということでした。

それ以上は教えてもらえなかった鷹一ですが、今回本当にジョギングに出る前の鷹一の元に佐藤が姿を現したのです。

こうしてアキラは鷹一のジョギングの服を借り、鷹一と入れ替わり今に至ります。

ルーマーの男も反撃し、静かな駐車場でのサイレンサーによる静かな銃撃戦。

そこに一台の車が入って来たことで、ルーマーの男は車を発進させ退散しました。

それを確認したアキラも、覆面を外してジョギングを再開します。

ザ・ファブル2【43話】感想

とても静かな銃撃戦。元々ルーマーの男もあの距離感で鷹一を仕留めるつもりであったため、同じ距離からアキラがルーマーの男を狙ってもおかしくありませんが、かなりレベルの高い戦いであったことは間違いありません。

ハラハラわくわくする展開でした。しかし今回はどちらも仕留めることが出来ず・・・。戦いはまだ続きます。

組長代理になった鷹一は、封筒の中にあったポチ袋を渡され、その中身を見て固まっていました。一体何が入っていたのでしょうか。

ザ・ファブル2【44話】考察予想

次回は「初めて来た男・・・・。」。TEAM寅話、つまりファブルにすったもんだがあるようです。

現時点ではアキラは海老原と約束していたであろう鷹一護衛のために動き、アザミは真黒倉庫の番、さらにユーカリは今いないことからおそらく真黒倉庫に戻っていると思われます。

一体何が起きると言うのでしょうか。

気になるのは前回の話でアザミに蹴りを受けてもらっていたヨウコです。

予想外に蹴りの威力があり、アザミが悶絶していることからすったもんだになるのかもしれません。

まとめ

この記事では、ザ・ファブル2(The second contact)【43話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。