当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

はじめの一歩

はじめの一歩1457話ネタバレ最新確定と感想は?間柴はもう慣れている!?

2024年5月29日発売の週刊少年マガジンに、はじめの一歩1457話が掲載予定です。

前話の1456話では、

第2Rでマーカス・ロザリオが仕掛けてきました。

ダッシュで一気に距離をつめ、懐に入り込むと受けづらいパンチが間髪入れず襲い掛かってきます。

全てガードするも世界最高峰のサウスポーは、観客たちの不安を煽り続けていました。

間柴はこのサウスポーを攻略できるのでしょうか?

それでは、この記事では、はじめの一歩1457話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

はじめの一歩1457話ネタバレ最新確定「間柴はもう慣れている!?」

予測不能な出だしとパンチに慣れないことには間柴も反撃は出来ません。

しかし、間柴は慣れているというよりもすでにロザリオのサウスポーを攻略していると考えられます。

スパーリングをした一歩が気がついていないことが気になりますが、一撃も食らっていないことがその証拠。

ちょくちょく挟まれる間柴の前足だけのカットを見る限り、この足の位置でロザリオの動きを誘導しているのではないでしょうか。

そろそろガードをやめて一気にやり返しそうです。

はじめの一歩1457話ネタバレ最新確定「ロザリオのダウンで戦況が一変!?」

間柴の反撃と同時にロザリオ1回目のダウンが予想されます。

かなりレベルの高いサウスポー相手でも今回は苦戦している様子が見えない間柴は、短時間のロザリオのラッシュの中で決定打となる位置を見つけたことでしょう。

そこにカウンターを打ち込み、ロザリオはダウンするのです。

スタミナ切れが不安視されているロザリオに、カウンターでのダウンはかなり効きます。

立ち上がり、ゴングに救われる形にはなるでしょうが、膝が完全に言うことを聞かなくなるでしょう。

はじめの一歩1457話ネタバレ最新確定「逃げの第3R」

ロザリオが第2Rでダウンし、そのまま第2Rが終わった場合、第3Rはロザリオにとって逃げのラウンドになるでしょう。

間柴がそこで攻め切ることができれば勝ちを狙えますが、逃げるからこそここでロザリオの反則も警戒する必要があります。

ですが今回の試合、間柴は反則をされても物ともしない、もしくは反則技でもくらわないと予想します。

それほどに間柴は落ち着いており、しっかりと見えています。

誰もが認める形で、ベルトを奪うことになりそうですね。

まとめ

この記事では、はじめの一歩1457話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

落ち着いている間柴が一気に取りに行きそうです!

確定は発売後に追記します。ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

ebookjapan|今なら初回購入70%オフ

登録無料。マンガを中心に80万冊以上の取り扱い冊数。欲しいマンガが見つかる!電子書籍サービス。

Yahooと提携しているためpaypayポイントが利用できお得に貯まります。無料で読める漫画も豊富。

月額課金制ではないので辞める理由なし。初めての購入なら70%オフキャンペーン実施中!(6回まで)今すぐ公式サイトをクリック→<公式サイト

テキストのコピーはできません。