はじめの一歩

はじめの一歩1374話ネタバレ最新確定と感想は?何度もひっくり返る試合!

こんにちは。

2022年3月16日発売の週刊少年マガジンより、はじめの一歩1374話「思い知る」を読みました。

前話の1373話では、ガルシアのカウンターを受け意識が飛びかけた間柴ですが、認められない自分に勝つため意地の拳を振り上げました。

自分が弱いせいで家に縛り付けている久美を解放するため、間柴は再び闘志を燃やしガルシアに強烈な一撃をお見舞いしたのです。

それでは、この記事では、はじめの一歩1374話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

▼まんがを読むならコレ!▼

無料でマンガを読む方法があるのをご存知でしょうか?

動画配信サービスのU-NEXTなら無料で読める作品もたっくさんあります。

さらに登録をすると最初にもらえる600ポイントの利用で実質マンガ1冊無料になったり

アニメや映画・ドラマも「31日間は無料」で見放題作品多数!こんな素晴らしいサービス!利用しないともったいないですよね?

▼無料期間内に解約もできる▼

 

はじめの一歩1374話ネタバレ考察「何度もひっくり返る試合」

今回の試合は、このまま勝つか⁉と思ったところで試合がひっくり返る展開を繰り返しています。

そのことから考えると、ここまで来てからまだ試合がひっくり返る可能性も否定できません。

どちらもかなりダメージを受けた状態で、お互いがとどめを刺しに行っています。

間柴が意識を取り戻す際の一撃を食らい、その時点ではまだひっくり返せると思っていたガルシア。

う1発食らった状態でも前回では倒れるところまで描かれなかったため、ここからまだ試合がひっくり返るのか気になります。

はじめの一歩1374話ネタバレ考察「ガルシアのダウン」

ひっくり返る可能性があるとは言ったものの、やはりガルシアが前回ラストで食らった間柴のパンチはかなり効いたはずです。

カウンターを返そうとガルシアも迎撃態勢だったため、しっかりと自分の拳の威力を利用されたのです。

ガルシア本人がこの一撃で間柴を仕留めると思っていたからこそ、その威力がかなりの物だったはずです。

間柴の方が腕の長さがあったため先に届いた拳ですが、これまでに食らったどの拳よりも重いと思われます。

ガルシアの腰が砕けたように見えたことから、このままダウンにつながるかもしれません。

はじめの一歩1374話ネタバレ考察「長いラウンド」

現在試合は第7R。

このラウンドに入るまでは割と淡々と進んでいたのに、このラウンドだけかなり長く描かれている様に感じています。

これはこのラウンドが決着のラウンドになるからではないかと考えられます。

この試合で間柴が自分について考えたシーンは大きく2つあります。

それはファンを裏切れないと卑怯な戦い方をやめたところと、前回の久美のことを考えて自分が認められないと感じていたところ。

これ以上ピンチになった時に間柴の気持ちを振り返ることは流石にないと思うので、このラウンドが決着のラウンドになるのではないでしょうか。

はじめの一歩1374話ネタバレ最新確定「思い知る」

カウンターを返した間柴。

膝が落ちるガルシアを見て今度こそ終わりを期待するも、ガルシアはぐっとこらえてまたファイティングポーズを取りました。

まだ倒れない、これが世界なのかと動揺する間柴は自分の体がもう限界であることを分かっています。

顎の骨は砕け、内臓も悲鳴を上げています。

このターンで終わらせることが出来なければ間柴は動けなくなってしまうのです。

間柴は再び拳を出しました。何度も何度もガルシアに拳を当てる間柴。

その時レフェリーが前から間柴を掴み、止めました。

世界一にならなければならないと執念を抱く間柴は、外国人のレフェリーが何を言っているのかが分からず荒く息を吐きます。

しかしその時、間柴の目に飛び込んできたのは背中を丸め倒れ込んだガルシアの姿でした。

一気に会場を歓声が包み込みます。

レフェリーはガルシアが戦闘不能と判断し、間柴を止め、試合を止めたのです。

一歩と久美は間柴の勝利を抱き合って喜びます。

すぐにセコンドからも会長やトレーナーがリング上に飛び出してきました。

不安を感じたが信じていたと間柴を抱きしめる会長。

間柴もまた駄目だと何度も感じた試合でした。

上に登ることは難しくないと思っていた試合前。しかし、この試合の中で間柴は何度も折れては立ち上がるを繰り返しました。

世界が近づくほどに、間柴はそこが1人で行ける場所ではないのだと痛感しました。

そして同時に、その世界で一歩が戦ったことを思い出します。

同じ土俵に立って初めて、間柴は一歩が脱落者ではなくすごい男であることを理解しました。

はじめの一歩1374話感想

間柴が勝利してくれました。ずっと待ってくれていたこの時、会長や観客、そして間柴でさえも何度も無理だと感じたこの試合。

実際にここからまたガルシアが立ち上がってくることも想定していました。

しかし間柴のカウンターを食らった時点でガルシアはもう無理だったのです。

そこから間柴の追撃を受けたことでガルシアは倒れました。間柴の執念の勝利です。

勝利の後、これが当然と感じるどころか一歩の凄さを理解出来た間柴はとてつもない高みに登る気がします。

まとめ

この記事では、はじめの一歩1374話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。

ぜひ漫画を読んでみてくださいね。

▷次話1375話はこちらへ

漫画をお得に読むなら

漫画をお得に読むなら下記の電子書籍サイトで読むのがおすすめです。どれも安心・安全のサービスです。
サイト名電子書籍サイト無料期間
ebookjapanebookjapan初回50%オフ 電子書籍 80万冊 無料試読豊富
まんが王国まんが王国最大50%還元 無料試読豊富
U-NEXT31日間無料 トライアル ポイント600円付与
Amebaまんが大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】100冊まで 全部40%オフ
 

アニメ無料で見れる動画配信サービスは?

アニメや映画を見るなら下記の動画配信サービスがおすすめです。
サイト名動画サイト無料期間
UーNEXT31日間無料 トライアル 継続月2189円
hulu14日間無料 トライアル 継続月1026円
Abemaプレミアム14日間無料 トライアル 継続月960円
FODプレミアム14日間無料 トライアル 継続月976円