はじめの一歩

はじめの一歩1392話ネタバレ最新確定と感想は?試合直前のウォーリーが普通過ぎる!

こんにちは。

2022年8月24日発売の週刊少年マガジンより、はじめの一歩1392話「αとΩ」

を読みました。

前話の1391話では、

一歩のせいで怪我をしてしまっているヴォルグは右をかばいながら左腕一本で戦っていました。

時間を稼ごうにも挑戦者はそんなことを狙っていない。

一歩への怒りを膨らませながら戦うヴォルグは、挑戦者を一歩だと思い込み怒りの拳を!?

それでは、この記事では、はじめの一歩1392話の考察・展開予想・ネタバレ確定についてまとめました。

▼まんがを読むならコレ!▼

動画配信サービスのU-NEXTなら無料で読める作品もたっくさんあります。

U-NEXT

さらに登録をすると最初にもらえる600ポイントの利用で実質マンガ1冊無料になったり

アニメや映画・ドラマも「31日間は無料」で見放題作品多数!利用しないともったいないですよね?

▼無料期間内に解約もできる▼

はじめの一歩1392話ネタバレ考察「ヴォルグ勝利から控室まで」

ヴォルグが勝利したことでいよいよウォーリーVSリカルドの戦いが始まりますが、まだ控室の様子だけ、もしくはリングに上がったところで話は終わるでしょう。

メインイベント、出来るだけ引っ張り、期待のハードルを上げていきます。

ウォーリーはこのヴォルグの試合を見ていたのか分かりませんが、とにかくいつも通りで緊張も特にしていません。

そのためのんきにヴォルグの元に顔を出すのではないでしょうか?

もしかすると少しだけリングに向かうのに遅刻してしまうかも知れませんね。

はじめの一歩1392話ネタバレ考察「千堂大爆笑」

千堂もまたウォーリーとリカルドの試合を生で見なくてはなりませんが、一瞬だけヴォルグの控室に行きます。

そこで調子が悪かったのか?と質問し、ヴォルグが一歩とのスパーリングで骨をやられていたことを知ります。

一歩の強さが異常なほど上がっているのは千堂も知っていますが、まさかスパーリングで骨まで持っていったなんて笑い話でしかありません。

一歩がセコンドにつくことを知っているのか分かりませんが、千堂はヴォルグの前で大爆笑した後、一歩のこともいじり倒します。

はじめの一歩1392話ネタバレ考察「リカルドを前にしたウォーリー」

リングに上がれば遂に試合が始まるため空気が張り詰めてきます。しかしウォーリーは本当にいつも通り。

1389話の計量の際にリカルドと顔を合わせていますが、あまりに普通過ぎてリカルドのことをからかっている、煽っているように見えましたが、これがウォーリーなので仕方がありません。

リング上でも同じように楽しむ、とわざわざ口に出すでしょう。

リカルドもこれが挑発ではなくウォーリーという人間なのだと理解しますが、それよりもセコンドに一歩がついているのを見て何を思うのか気になります。

はじめの一歩1392話ネタバレ最新確定「αとΩ」

何とか勝利を収めて一安心のヴォルグの元に、浜が駆け寄ってきてきます。

まさかヴォルグが1Rからあれほどの打ち合いを見せると思っていなかったため、かなり興奮しています。

敵地での不利さを考えての行動であったとまで考えている浜でしたが、ヴォルグが浜に答えたのは!?

前回に引き続き感謝MAX〇〇です!

はじめの一歩1392話ネタバレ最新確定「忙しい浜、ウォーリーの元へ!」

ヴォルグの言葉の意味も分からないまま、浜はウォーリーの控え室にダッシュ。

休む暇がないことに若干不満ですが、それでも意識はウォーリーに向けられています。

誰も、本人でさえも勝てるとは思っていないであろうリカルドとの試合。

ウォーリーの今の心境が気になりつつ、心配でもある浜は勢いよく控え室のドアを開けますがそこには!?

衝撃的な光景です・・・。

それにしてもなんだか今回は浜がかわいい・・・。

はじめの一歩1392話ネタバレ最新確定「自然体のウォーリー」

かなーり、独特なフォームでウォーミングアップをしているウォーリーは、入ってきた浜にヴォルグの試合の感想を笑顔で伝えました。

一切の緊張なし!

ウォーリーもミゲルも自然体そのものです。

ここでのウォーリーの笑顔最高です。

かっこよく見えます!

一方の一歩は・・・。

はじめの一歩1392話ネタバレ最新確定「両者入場!」

ヴォルグは千堂と合流して観戦モードです。

千堂は標的リカルドがウォーリーを倒して世界一を証明することを見届けるためとても真剣です。

そしてウォーリーが入場!

なんとも豪快かつ愉快なパフォーマンスで観客の度肝を抜いてリングへ。

この時点で大歓声ですが、ウォーリーへの歓声を更に超える歓声でリカルドも入場です!

はじめの一歩1392話感想

鴨川、猫田に比べると落ち着きがあり、大人だと思っていた浜ですが、今回の話では少しイメージが変わりました。元気そのものです。

確かに、ヴォルグ戦の直後、ウォーリー戦でもセコンドにつかなければならないとなればこれだけの元気が必要かもしれません。

ヴォルグが怪我をしていたことはこのまま誰にも語られることはなく、ヴォルグの中でだけ色濃く記憶に残るのでしょう。ヴォルグ、漢です。

試合直前のウォーリーの笑顔はいつもの天真爛漫とはまた違うものを感じて良い!と思ったので、ぜひ見てみてください。

まとめ

この記事では、はじめの一歩1392話の考察・展開予想・ネタバレ確定についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▷はじめの一歩1393話はこちらへ