当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

はじめの一歩

はじめの一歩1409話ネタバレ最新確定と感想は?ウォーリーが千堂に伝えたい言葉!

こんにちは。

2023年2月1日発売の週刊少年マガジンより、はじめの一歩1409話「My Last Sun」を読みました。

前話の1408話では、

リカルドとリング中央での打ち合いを繰り広げていたウォーリーがダウンを取られました。

ボディを打たれても耐え抜き、スピードを落とさなかったウォーリーでしたが、既に右目は赤く染まりパンチを完全にはさばききれなくなっていたのです。

そろそろ試合の終わりは近そう。どうなるウォーリー!?

それでは、この記事では、はじめの一歩1409話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

はじめの一歩1409話ネタバレ考察「ウォーリーの意識は飛んでいる」

ダウン後はまだウォーリーにも意識があったと思われますが、その後もパンチを貰ったウォーリーの目は完全にイってしまっています。

それは前回のラストシーンを見て貰えば分かると思うのでチェックしてみてください。

完全に意識を失っているにも関わらず、拳を出し続ける選手はこれまでも描かれてきましたが、ウォーリーもその境地まで達することが出来るのでしょうか?

しかしそこまで到達することが必ずしも正しいとは言えません。意識を失ったウォーリーのこれからが、今後のウォーリーの人生を左右することになりかねないのです。

はじめの一歩1409話ネタバレ考察「回想シーンが示すものとは」

前回の話でミゲルはウォーリーを見つけた時のことを思い出していました。

指導者として最後は1から選手を育ててみたいという欲から、ボクシングさえ知らない子を見つけて育てていきました。

自分の息子と言っても過言ではないほど愛を持って育てたウォーリーですが、この窮地でその時のことを思い出すと言うことはもうそれは負けてしまうことを感じ取っているのだと思います。

ウォーリーもまた回想シーンとまでは行きませんでしたが、ミゲルへの感謝を心の中で伝えきっていました。もうウォーリーが負けてしまうコースは出来上がってしまったのではないでしょうか?

はじめの一歩1409話ネタバレ考察「敬意を表してトドメを刺す?」

リカルドであればウォーリーにもう意識がないことを分かっているでしょう。その上で頂点に君臨し続ける王者がどうするのかに注目です。

リカルドはこれまでも相手がボクサーとして終わってしまうことを心配しながらもトドメを刺しに行ったことがあります。

それは相手の様子を見てですが、もしこのままウォーリーがまだ向かって来るとしたら、王者としてその気持ちに応え、最後のパンチで試合を終わらせます。

しかし一方で立ったままでもウォーリーの動きが止まればリカルドはそれ以上のパンチは出さないでしょう。レフェリーに試合の終了を促すのです。

リカルドは間柴や沢村とは違うので、もう反撃の出来ない相手を壊すような真似はしません。この試合のラストはどのようになるのでしょうか。

はじめの一歩1409話ネタバレ最新確定「My Last Sun」

ウォーリーの膝はもう完全に笑ってしまっています。

体勢を保つのもギリギリですが、それでもウォーリーは自分の膝を叩き、再びリカルドへの猛攻を始めます!

ガードは無し!

文字通り捨て身の攻撃ですが、その猛攻が功を奏し、リカルドは押されていきリング中央からずれていきます。

限界を超えているはずなのにここでも笑みを見せているウォーリーの姿に感動します!

はじめの一歩1409話ネタバレ確定「ウォーリーも到達者」

ガードを続けているため有効打を貰っていないリカルドですが、このウォーリーの攻撃を見てウォーリーも頂点にたどり着いた到達者であると確信しました。

そんなウォーリーの拳の動きを見て、リカルド反撃!

真っすぐな拳がウォーリーの顔面にヒット。

その後もヒットが続きますが、ウォーリーはまだ倒れず前に出ようとします。

すごい執念ですね。

はじめの一歩1409話ネタバレ確定「最後の太陽」

この様子をセコンドで見ているミゲルは握った拳を震わせていましたが、その拳をほどいて両腕を広げました。

今目の前で戦う自分の選手、自分が見つけた最後の太陽がリングの上で輝いているのです。

ミゲルはその姿をもっと見て欲しいと心の中で叫んでいました。

はじめの一歩1409話ネタバレ確定「スマッシュ!?」

リカルドの拳がウォーリーの顔面にクリーンヒットし、ウォーリーの腰が落ちました。

千堂はいつまでも観客席にいる一歩に早く戻れと怒鳴りますが、ここでようやく一歩はウォーリーが一歩に託した言葉を伝えます。

ウォーリーは千堂に後のことを託したのです。

その言葉を千堂が受け取った直後、ウォーリーは低い位置からのスマッシュ!

この攻撃は!?

はじめの一歩1409話感想

ウォーリーから一歩に託された言葉はまだ全て伝えきられてはいなかったようですね。

一歩が千堂の元に来る前には既にウォーリーが感じていた言葉。

楽しむだけだと言っていましたが、それでも途中でリカルドに勝てないことを悟ったのでしょう。

元気だけが取り柄のウォーリーがそこまで考えていることに驚きます。

今回も殴りに殴られましたが、それでもまだ持ちこたえてくれるウォーリー。

そんなウォーリーの姿を世界に見せたいミゲルの親心にも感動しました。

負けフラグが立ってしまいましたが、最後のスマッシュにもまだ期待したいです。

はじめの一歩ネタバレ考察
はじめの一歩1410話ネタバレ最新確定と感想は?死闘決着!勝者はどっち?こんにちは。 2023年2月8日発売の週刊少年マガジンより、はじめの一歩1410話「死闘の果てに」を読みました。 前話の14...

まとめ

この記事では、はじめの一歩1409話の考察・展開予想・ネタバレ確定・感想についてまとめました。

かなり心配な状態のウォーリー・・・。

遂に決着となるのでしょうか?

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

ebookjapan|今なら初回購入70%オフ

登録無料。マンガを中心に80万冊以上の取り扱い冊数。欲しいマンガが見つかる!電子書籍サービス。

Yahooと提携しているためpaypayポイントが利用できお得に貯まります。無料で読める漫画も豊富。

月額課金制ではないので辞める理由なし。初めての購入なら70%オフキャンペーン実施中!(6回まで)今すぐ公式サイトをクリック→<公式サイト

テキストのコピーはできません。