ブルーロック

ブルーロック182話ネタバレ最新確定と感想は?カイザーの強さの秘密は視界にある?

こんにちは。

2022年7月27日発売の週刊少年マガジンより、ブルーロック【182話】超越視界」を読みました。

181話では、

今やみくもにカイザーへのパスを奪っても自分では何も出来ないと認めた潔は、カイザーをよく観察し、同じ動きをすることでカイザーという人物のプレーを学ぶことにしました。

そして一体カイザーにはどんな秘密があるのかに気が付きます。

それでは、この記事では、ブルーロック【182話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ブルーロック182話ネタバレ最新確定

カイザーのゴールに、視聴者や敵チームのメンツが驚き、興奮しています。

しかし潔はこのゴールにはカイザーの天才的足捌きではなく、眼が関係していると確信しました。

人間の中には中心視野と周辺視野があります。

サッカーにおいて重要なのは周辺視野です。

カイザーは例え自分が何をしていようとも常に周辺視野に集中しているのです。

それにより圧倒的な情報量を得ることができ、カイザーは誰も知らないベストポイントを導き出すのです。

カイザーはまさに2次元のフィールドと、3次元の選手を上から見ているような、4次元の領域にいるのだと思いこれを超越視界と表しました。

カイザーの強さの本当の秘密に気づくことができた潔は、同時にそれがカイザーにしかできないということも理解します。

空間認識から処理まで、カイザーの次元にいなければ無理なのです。

それをカイザーインパクトに繋げることこそ、天才カイザーの黄金式。

カイザーを真似ることは不可能ですが、仕組みが分かった潔はここからの戦い方を考えます。

カイザーインパクトはもちろん使えません。

それでも超越視界であればなんとなくできるかもしれないと思い、潔は青い監獄での試合を思い出します。

ゴールの匂いを感じ取り動いたあの瞬間、潔は確かに超越視界を使えていたはずなのです。

あとはそれを90分使えるかどうかですが、もし使えることができ、自分の直撃蹴弾と組み合わせた時には世界を狙うこともできるという希望が潔を奮い立たせました。

ブルーロック182話感想

カイザーゴールから試合としては進まない話でした。カイザーのプレーを見て潔が気づいたことは何だったのか、それについて事細かに説明されました。

カイザーは潔がこのプレー中、一切自分のエゴを出さずに自分のことを見ていたことに気づいており、ストーカーだと揶揄していました。本当にむかつく男ですが、これも超越視界があるという証拠です。

挑発の中にもすごさがにじみ出ていることから、カイザーはやはり天才なのだと見せつけられました。

ブルーロック183話考察予想

潔が次のプレーでカイザーを真似た自分だけのプレーを見せるつもりでいます。しかし今のプレーを見ていたノアから下げられる可能性があります。

いくら自分のチームが攻勢だったとはいえ、カバーなどに回らずカイザーの真似事をしていただけ。潔は何かを得ることができ、成長できたかも知れませんがチームにとっては何の役にも立っていないのです。

試合中にするべきことではないとノアに判断されれば、潔は実践に移す前にメンバーから外されてしまいます。

▷ブルーロック183話はこちらへ

まとめ

この記事では、ブルーロック【182話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

アニメを無料で見られる動画配信サービスは?

アニメや映画を見るなら下記の動画配信サービスがおすすめです。私もたくさん使ってきて今は電子書籍で漫画も読めるU-NEXTをずっと長く利用しています。簡単登録で2〜3分で31日間無料です。損がなくお得しかないのに入らない理由ってあるのかな・・・
サイト名動画サイト無料期間
UーNEXT31日間無料 トライアル 継続月2189円
hulu14日間無料 トライアル 継続月1026円
Abemaプレミアム14日間無料 トライアル 継続月960円
FODプレミアム14日間無料 トライアル 継続月976円