ブルーロック

ブルーロック165話ネタバレ最新確定と感想は?ノエル・ノアが最強の理由は⁉

こんにちは。

2022年3月9日発売の週刊少年マガジンより、ブルーロック【165話】「神に与えられし」を読みました。

164話では、

両チーム指導者が試合に参加しました。そこでスペインの指導者ラヴィーニョが見せたのは、蝶のように自由に踊るプレー。

通った道の全てを躍らせて倒していくラヴィーニョは、そのまま鮮やかなゴールを決めたのでした。

それでは、この記事では、ブルーロック【165話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ブルーロック165話ネタバレあらすじ

ドイツボールで試合再開。

潔はこのチームの中で自分がゴールを奪うためにはどうすべきか瞬時に考え、ノエル・ノアよりもいいポジションを取るべきだと走ってくらいついて行きます。

しかしノアの超加速に潔はついて行けません。

高速ステップで動き出したノアは、そのまま敵のマークを潜り抜けフリーになります。

ネスはそんなノアが望んでいることを理解し、ノアに的確なパスを出しました。

すぐについてきた相手を制しトラップをしたノアは再び走り出しました。

これはノアの体幹と技術があってこそ出来る業です。

そのままノアは合理的である戦場の最短を攻め突き進んでいきます。

ついて行きノアを食おうとしていた潔でしたが、ノアのプレーを理解するだけでいっぱいいっぱいになっています。この状態でノアの先を行く事は不可能でした。

ノアとカイザーが上手くボールを回し、そのままゴールへ一直線。

潔は自分が憧れていたプレーヤーを超えるイメージが自分に出来ないことを思い知らされ、足が止まります。

その時、ノアの前にラヴィーニョ登場。

自分がノアを止めるため、他にはゴール前を固めさせます。

それでもノアは一切動じません。

底にはノアの最大の武器、両利きによるシュートがあるからです。

こうして左足で放たれたシュートがゴールへと叩きこまれました。

ノアはシュートを決め、試合が止まったタイミングで國神に交代を指示します。

國神のことをコピー人間と呼ぶノアは、國神に模範させるためにプレーを見せたのです。

ブルーロック165話感想

今回の話ではいつものようにやってやると意気込んだ潔が、割と早く自分の無力さを感じて絶望しました。

確かに現在の世界一であり、自分の憧れの存在にそう簡単に追いつけると思ったことは間違いです。それにしても試合の最中に勝手に絶望して足を止めたことは、褒められたことではありません。

ノアが入っている以上追いつくことが出来ない潔ですが、ノアが抜けた時にこのチャンスをものにし、ノアにアピール出来るのか。目が離せません。

ブルーロック166話考察予想

次回は國神が再び試合に投入されました。先の交代の時は潔と交代したため、ここに来てようやく潔とのプレーです。

ここから國神が見せるのはノアのコピー。ノアは國神にどこまでコピー出来るのか期待しているようですが、そう簡単に両利きがコピー出来たら國神は最強になれてしまいます。

あくまでも限りなく似ている程度にとどまるため、潔はそのレベルの國神を食えるのかに注目です。ここでは潔が國神の上を行きそうな気がしています。

▷次話166話はこちらへ

まとめ

この記事では、ブルーロック【165話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

漫画をお得に読むなら

漫画をお得に読むなら下記の電子書籍サイトで読むのがおすすめです。どれも安心・安全のサービスです。
サイト名電子書籍サイト無料期間
ebookjapanebookjapan初回50%オフ 電子書籍 80万冊 無料試読豊富
まんが王国まんが王国最大50%還元 無料試読豊富
U-NEXT31日間無料 トライアル ポイント600円付与
Amebaまんが大好評!Amebaの電子コミックサービス【Amebaマンガ(アメーバマンガ)】100冊まで 全部40%オフ
 

アニメ無料で見れる動画配信サービスは?

アニメや映画を見るなら下記の動画配信サービスがおすすめです。
サイト名動画サイト無料期間
UーNEXT31日間無料 トライアル 継続月2189円
hulu14日間無料 トライアル 継続月1026円
Abemaプレミアム14日間無料 トライアル 継続月960円
FODプレミアム14日間無料 トライアル 継続月976円