当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

ザ・ファブル

ザ・ファブル2【33話】ネタバレ確定と感想は?三流殺し屋の男がルーマーに殺される?

こんにちは。

2022年3月19日発売のヤングマガジンより、ザ・ファブル2(The second contact)【33話】「ルール違反の男・・・・。」を読みました。

前話の32話では、

ファブル調査に本格的に乗り出したルーマーの男は、真黒住宅に住む殺し屋の男に直接接触してきました。

サイレンサー付きの銃で殺し屋の男の動きを封じたルーマーの男は、この殺し屋がファブルなのか確認します。殺し屋の男は・・・。

それでは、この記事では、ザ・ファブル2(The second contact)【33話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ザ・ファブル2【33話】ネタバレ確定

真黒住宅にいる殺し屋の男は、おそらく暗殺者ではなくただの人殺し、つまり三流です。

ルーマーの男は、海老原がこんな三流を雇った理由について考えます。

その間もルーマーの男に命乞いをする三流男。

ルーマーの男は理由を理解しました。

果たしてこの三流男が雇われた理由とは!?

理由が分かればもう用済み。

命乞いも無視してルーマーの男は三流男に追加の発砲。

三流男は・・・。

その頃田高田の元を出たヨウコは買い出しを終えてキャンピングカーに戻ってきました。

すると車内を除く不審な男が!

ヨウコが近づくと、男はこのキャンピングカーがずっと停めてあるため盗難車と噂されていると話します。

男は近所に住んでいるらしい・・・。

盗難車であることを否定するヨウコは土地の所有者にも許可を得ていると答えます。

しかし相手が警察でないのであれば細かいことを話すつもりはないため、車に戻ろうとすると男がヨウコの方に触れました。

その時!?

真黒倉庫では静がクロの服を借りて着替えていました。

静について話を聞くクロは、静が川萩とは性行為をしていないのに仕事で他の男とやっていたことは流石にかわいそうだと言い出します。

そして自分が知っている水野とのことを話そうとしました。流石にルール違反だと静が止めます。

ドアを叩く音がしました。

アザミとユーカリはクロたちに話を続けさせ、普通に盛り上がっている様に見せかけながら銃を構え静かにドアを開けます。

しかしそこには誰もおらず大きなバッグが置かれていました。

中身はまさかの!?

ザ・ファブル2【33話】感想

三流殺し屋の男は最後まで三流でした。ルーマーの男が言った通り、本当に三流殺し屋の男は単なる弾除けだったのでしょうか。

裏社会で生きる人間である以上、こんな死に方をすることも受け入れなくてはなりませんが最後は命乞いをして簡単に裏切ろうとしたところはファブルとは全く違います。

一方ヨウコに接触して来た男がルーマーなのか気になります。単にヨウコに接触して来いと利用されたそこらの人間なのか不明なところが怖いです。

ザ・ファブル2【34話】考察予想

次回は「カツラの男・・・。」です。

ルーマーの男が三流殺し屋の男を撃った後で真黒倉庫には怪しいバッグが届けられました。これは間違いなく殺された三流殺し屋の男でしょう。

この男のことをアザミやユーカリは知らないと思いますが、海老原が倉庫に顔を出した時に全てが分かります。敵は真黒住宅を襲撃したらしいと分かった海老原はこのまま隠れているだけではいかないと考えます。

そしてこちらから攻めに出ることも考えますが、同時にヨウコにも危険が迫っているため真黒組が結局後手に出てしまう気がします。

▷次話ファブル34話はこちらへ

まとめ

この記事では、ザ・ファブル2(The second contact)【33話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

三流男が雇われた理由に衝撃!

海老原やりますね~!

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

ebookjapan|今なら初回購入70%オフ

登録無料。マンガを中心に80万冊以上の取り扱い冊数。欲しいマンガが見つかる!電子書籍サービス。

Yahooと提携しているためpaypayポイントが利用できお得に貯まります。無料で読める漫画も豊富。

月額課金制ではないので辞める理由なし。初めての購入なら70%オフキャンペーン実施中!(6回まで)今すぐ公式サイトをクリック→<公式サイト

テキストのコピーはできません。