当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

SPY×FAMILY

スパイファミリー98話ネタバレ最新確定と感想は?マーサの恋心を邪魔する残酷な現実!?

2024年5月13日配信の少年ジャンプ+より、SPY×FAMILY【98話】を読みました。

前話の97話では、

就業パーティーでダンスをしていたことが話題になっていたヘンダーソンとマーサの過去が描かれました。

皇帝の学徒だった当時のヘンダーソンの初めてのエレガントを奪った少女マーサ。

マーサから恋心を抱かれながらも自分の目標を優先したヘンダーソンは1度マーサと別れてしまいますが、2人は3年後に再会を果たしたのでした。

それでは、この記事では、SPY×FAMILY【98話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

スパイファミリー98話ネタバレ最新確定

ヘンダーソンは本来であればまだ大学生のはずでした。しかし戦争の影響からか、修了期間が短縮されたのです。

学生である間に再会できたことをマーサは嬉しそうにしています。

皇帝の学徒になっていたマーサは、それを自慢すると共に、かつてのようにヘンダーソンとお茶をしてたくさん話をしました。

あの日常が戻ってきたと喜んだマーサでしたが、その日常は束の間のものでした・・・。

マーサが目指していたバレエ団が慰問先で爆撃に遭い、たくさんの団員たちが死亡したのです。

それはマーサにとって絶望でした。

その数日後、今度はヘンダーソンが血相を変えてマーサの元へやってきました。

マーサの担任から、マーサが国防婦人軍に志願したと聞いたからです。

マーサが入りたかったバレエ団はなくなることが決まりました。同時にマーサの夢もなくなりました。

ヘンダーソンはマーサがヤケになっているのだと考え直させようとします。

戦争に反対し、教育で世界を変えたいと考えているヘンダーソン。

しかし、大切なものを失ったマーサには、抗わなければ奪われるという思いしかなかったのです。

喧嘩をした2人はそのままマーサの卒業を迎えます。

戦争の脅威がすぐそこまで迫り、ヘンダーソンにもいつ徴兵の声がかかるかわかりません。

そのためヘンダーソンに縁談が持ちかけられそうになっていることをマーサは聞いてしまいました。

そして卒業式のダンスにヘンダーソンを誘い、ダンスが終わるまでに告白をすると決めたマーサでしたが、現実はあまりにも残酷でした。

スパイファミリー98話感想

アーニャたちの世代にしてもロイドは東西平和のためにスパイをしているため、あまり情勢は良いと言えません。

しかしヘンダーソンとマーサの時代はもっとひどいものだったのでしょう。

2人とも現在まで生きていることはよかったですが、大切な人をたくさん失った中で幸せを望むことも許されなかったのかもしれません。

夢を失い、軍人になることを決意したマーサ。

自ら戦いを志願するその姿は、絶望を感じると共に、とても強い女性であることを教えてくれました。

バレエが続けられる時代に生きていて欲しかったですね。

スパイファミリー99話考察予想

今回が空襲警報で終わったため、次回は実際に空襲が襲うでしょう。

ダンスの間に告白すると決意していたマーサですが、それは叶わずに終わりそうです。

もしも告白できていたとしても、現在ヘンダーソンとマーサが夫婦でないことから、交際には至らなかったと思われます。

何とももどかしい恋心。大人の恋愛を応援したかったですね。

ちなみにこの話は今ベッキーが聞いている体で進んでいるため、ラストのベッキーの反応も気になります。

まとめ

この記事では、SPY×FAMILY【98話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

どうして人間は戦争するのでしょうね。とても愚かで哀れです。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

ebookjapan|今なら初回購入70%オフ

登録無料。マンガを中心に80万冊以上の取り扱い冊数。欲しいマンガが見つかる!電子書籍サービス。

Yahooと提携しているためpaypayポイントが利用できお得に貯まります。無料で読める漫画も豊富。

月額課金制ではないので辞める理由なし。初めての購入なら70%オフキャンペーン実施中!(6回まで)今すぐ公式サイトをクリック→<公式サイト

テキストのコピーはできません。