当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

サカモトデイズ

サカモトデイズ172話ネタバレ最新確定と感想は?スラーが仲間である熊埜御を!?

2024年7月1日発売の週刊少年ジャンプより、サカモトデイズ【172話】「蜃気楼」を読みました。

前話の171話では、

家族から離れることを考えた坂本が坂本商店に行くと、葵が業績不振のことで悩んでいました。このままじゃ続けられない、その言葉に引っ越しを提案する坂本ですが、夫婦にとって大切なこの場所を葵は失いたくありません。

その言葉に一念発起する坂本でしたが、スラーが再び事件を起こしていて!?

それでは、この記事では、サカモトデイズ【172話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

サカモトデイズ172話ネタバレ最新確定

スラーによる殺連支部襲撃が報道されましたが、基地06は完全に壊滅状態。スラーは現在篁の人格になっており、半信半疑だった京も実際に見る篁の所作に納得せざるを得ません。

京の隣でスラーの様子を見ていた晶は気分が悪くなっていますが、耐えています。それでも流石にやりすぎだと感じており、スラーを止めるべきだと京に言いますが、篁が入った今のスラーを止められるはずがなく、何より今回は篁の人格の性能を見るテスト。これくらいやってもらわなくては逆に困ります。

そんなスラーの強さに嬉しそうな熊埜御がスラーに近づきますが、スラーは熊埜御にも攻撃!熊埜御堂の機械になった腕が斬られてしまいます。そこからさらに攻撃が続けられそうになったため、晶が熊埜御を助けます。

驚きを隠せない熊埜御。京、そして晶はスラーが篁の人格をコントロール出来ていないことに気がついていますが、熊埜御は受け入れられず晶に責任転嫁!晶のせいでこうなってしまったと、スラーを有月憬に戻すように命令します。

京は非協力的なので晶1人ではどうすることもできないと思われた時、スラーの中で異変が起きます。リオンが篁を襲ったのです。

人格が切り替わり、スラーが晶を襲うことはありませんでした。しかし、出てきたのが有月ではないため、熊埜御は納得しておらず、ヒステリックを起こしますが、リオンに一撃で張り飛ばされてしまいました。

その後、リオンは晶に逃げるように伝えました。自分も含め、スラーの中にある有月以外の人格は全て有月の記憶で作り出されたもの、殺戮マシーンの情報しかない篁をスラーが制御できるようになることはないのです。

しかし、それであればリオンの人格が晶のことを知っているのはおかしいと食い下がる晶。ここで有月とリオンの過去の関係が明らかに!?

サカモトデイズ172話感想

スラーにとって篁の認識は敵味方関係ない殺戮マシーンなので、今後も制御できないという新しい設定が出てきました。

篁においては、読切「骸区」では自分に殺意を向けて来る人間と、利用した主人公を殺していました。そしてサカモトデイズにおいても篁は任務にある相手を狙っています。

自分の攻撃で味方が死ぬのは仕方がないけど、味方なのであれば殺さないスタンス。それでいて、命令があればかつての仲間でも殺すことから情などの感情は持ち合わせていないことが分かります。

つまりスラーが熊埜御を攻撃したのは、篁に対してかなり偏った理解をしているから。もしもその理解を変えることができれば、篁のことの制御できるようになりそうです。

サカモトデイズ173話考察予想

次回は有月憬と赤尾リオンの間に何があったのかが描かれます。

悪ガキたちを退学処分にするための任務に送り込まれたことがきっかけで出会った有月とリオンはこの時が初対面でした。

そして当日中に姿を消しているため、話をしているとしたら2人が消えてから有月とリオンの死体を坂本が見つける日までの間。

ある程度話したのであれば、リオンが殺されたのは坂本が見つける直前ということになります。

有月の悪意を知って追いかけたのに、そこから晶の話をすることになるとは、2人の間に何があったのかが気になります。

▷次話!サカモトデイズ173話はこちら

まとめ

この記事では、SAKAMOTODAYSサカモトデイズ【172話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

熊埜御が楽とハルマについて踏ん切りがついている感じが少し悲しかったです。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

ebookjapan|今なら初回購入70%オフ

登録無料。マンガを中心に80万冊以上の取り扱い冊数。欲しいマンガが見つかる!電子書籍サービス。

Yahooと提携しているためpaypayポイントが利用できお得に貯まります。無料で読める漫画も豊富。

月額課金制ではないので辞める理由なし。初めての購入なら70%オフキャンペーン実施中!(6回まで)今すぐ公式サイトをクリック→<公式サイト

テキストのコピーはできません。