リエゾン-こどものこころ診療所-

リエゾン-こどものこころ診療所-73話最新ネタバレ確定と感想は?

こんにちは。

2021年12月23日発売のモーニングに、リエゾン-こどものこころ診療所-73話が掲載されます。

72話では、妹の自傷行為を知ってしまった若菜は、このまま優樹菜が死んでしまうのではないかと自分に出来ることを考えていました。

志保に相談に乗ってもらうも、死にたいと思う気持ちに対しての対処はとても難しいと志保は語るのでした。

それでは、この記事では、リエゾン-こどものこころ診療所-73話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

リエゾン73話最新ネタバレ確定「このまま危険な状態に!?」

母親との関係が改善されなければ優樹菜の自傷も止まることはありません。

それどころか、手首を切っていることが母親に見つかってしまい、失望されてしまうのではないでしょうか?

娘である優樹菜がどれだけ苦しんでいたとしてもそれを理解しようとしない母親は、優樹菜に心無い言葉をぶつけます。

それが再び優樹菜のリストカットに繋がり、今度は深い傷がついてしまいます。血が止まらず、優樹菜の命が危険に晒されてしまうかもしれません。

リエゾン73話最新ネタバレ確定「若菜の叫び」

優樹菜に対し自分が何をしてあげるのか考える若菜は、SNSのアカウントを作り優樹菜に接触しました。

志保に言われる前からとりあえず当たり障りのない言葉で接触を図った若菜は、突然踏み込んだメッセージを送らないでしょう。

そうして何も出来ないまま状況が悪化していきます。

とにかく優樹菜のことが心配な若菜は、これからも母親の態度が優樹菜にだけ厳しい状態が続けば自分の気持ちを叫んでしまいます。

その叫びは優樹菜と母親の心に届くのでしょうか?

リエゾン73話最新ネタバレ確定「佐山クリニックへ」

優樹菜のことを若菜が佐山に相談した時、佐山はスクールカウンセラーや精神科に相談することを勧めました。

しかしそれにはどうしても本人が話をしてくれることが必要です。

優樹菜はまだ自分が自傷行為をしていることを家族に知られていると思っておらず、家族に相談するつもりはありません。

大事になったとしてと繋げられるかは危ういです。

それでもこのままでは優樹菜の命が危険であり、精神的にも壊れてしまうかもしれません。若菜は佐山クリニックへ優樹菜を連れていけるように奮闘します。

まとめ

この記事では、リエゾン-こどものこころ診療所-73話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

確定は発売後に追記します。ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

アニメを無料で見られる動画配信サービスは?

アニメや映画を見るなら下記の動画配信サービスがおすすめです。私もたくさん使ってきて今は電子書籍で漫画も読めるU-NEXTをずっと長く利用しています。簡単登録で2〜3分で31日間無料です。損がなくお得しかないのに入らない理由ってあるのかな・・・
サイト名動画サイト無料期間
UーNEXT31日間無料 トライアル 継続月2189円
hulu14日間無料 トライアル 継続月1026円
Abemaプレミアム14日間無料 トライアル 継続月960円
FODプレミアム14日間無料 トライアル 継続月976円