当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

彼女、お借りします

かのかり235話ネタバレ確定と感想は?八重森が水原に直談判!?

こんにちは。

2022年5月18日発売の週刊少年マガジンより、彼女、お借りします235話「キスと彼女④」を読みました。

前回の234話では、

八重森が落ち込む和也からハワイアンズでの一件を全て聞きました。

水原は簡単にキスをするような女性ではない、和也に気があることは間違いないと言う八重森は、真相を正すべく1人で水原の元を訪ね、水原を確保しました。

それでは、この記事では、彼女、お借りします【235話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

▷『彼女、お借りします』はこちらへ

かのかり235話ネタバレ確定

和也と仲がいいことは分かっているはずなのに意外とすんなり家に上げて貰えたことに逆に驚いてしまっている八重森。

ここはバカなふりをしながらそこについても突っ込んでみます。

水原はじっと八重森を見ると、仲がいいことは知っているが八重森を拒絶する理由はないと答えました。

これはチャンス!

八重森は早速、水原と和也と連絡を取っていないことについて切り込んでいきます。

全ての事情を知っているからこそ、水原が和也と距離を取る理由が分からないと伝えました。

一応終始笑顔です。

水原はキスを含めたあの時の行動を後悔しているわけではないと答えますが、それは和也と距離を取る理由ではありません。

さらに踏み込んでくる八重森に、水原は更科を傷つけてしまったからだと答えました。

更科には応援すると言ったのに、そんな更科には許してもらえない行動をとってしまったのです。

それなのに和也を守りたいと思ったのも事実。

後悔がないからこそ、行動についても和也への気持ちについてもどう説明したらいいのか分からないのです。

八重森は一瞬目に涙をためますが、すぐに叫びました。

水原の気持ちは誰がどう見ても恋なのです!

必至に水原の気持ちが恋であることを話す八重森ですが、水原は恋だったとしても更科には敵わないのだと言いました。

ここで諦めたくない八重森は、それでも和也には連絡を取ってくれと言いました。

和也は水原に期待をしています。その想いに向き合ってほしい、八重森はそう言い残し、水原の家を去っていきました。

かのかり235話感想

和也のために必死すぎる八重森が可愛すぎで好きすぎると思いました。

めっちゃいい子です。理論的に水原を丸め込むでもなく、かといってバカすぎるでもない八重森だからこそ、少しだけ水原の心を動かせたのだと思っています。

このままいい感じに物事が転がっていって欲しいと思います。

後は水原、和也、そして更科の問題。

和也は更科ではなくやっぱり水原が好きなので、もっとシャキッとして自分の気持ちをはっきり口に出して欲しいです。

かのかり236話考察予想

水原が何か決意をしました。自分でも認めることが出来なかった気持ちを八重森にはっきり言われたことで、これが恋だと認める覚悟が出来たのではないでしょうか。

そんな水原が最初に向かうのは誰の場所なのか気になります。

和也のところに一刻も早くいって欲しいですが、水原のことなので先に更科の元に行くでしょう。

はっきりと気持ちを伝え、納得してもらえなくても自分を納得させる。

そして初めて和也の気持ちに答えるのです。次回、水原動きます。

▷彼女、お借りします236話はこちらへ

まとめ

この記事では、彼女、お借りします【235話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

水原の気持ちは恋!

これは確定ですが不器用であるためまだ分からないでいますね。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▷『彼女、お借りします』はこちらへ

ebookjapan|今なら初回購入70%オフ

登録無料。マンガを中心に80万冊以上の取り扱い冊数。欲しいマンガが見つかる!電子書籍サービス。

Yahooと提携しているためpaypayポイントが利用できお得に貯まります。無料で読める漫画も豊富。

月額課金制ではないので辞める理由なし。初めての購入なら70%オフキャンペーン実施中!(6回まで)今すぐ公式サイトをクリック→<公式サイト

テキストのコピーはできません。