当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

呪術廻戦

呪術廻戦263話ネタバレ最新確定と感想は?虚式・茈直撃で宿儺が!?

2024年7月16日発売の週刊少年ジャンプより、呪術廻戦263話「人外魔境新宿決戦㉟」を読みました。

前話の262話-2では、

五条の肉体に移ったことで乙骨にはリカが憑いておらず、乙骨は無下限以外の術式を使えないことが判明しました。

一方の宿儺も展延で対応するのが精いっぱい。

限られた時間の中で宿儺を追い詰めようとする乙骨は、狗巻に宿儺を止めてもらい、200%の虚式・茈を発動しました。

それでは、この記事では、呪術廻戦263話の考察・展開予想とネタバレ最新確定・感想についてまとめました。

呪術廻戦263話ネタバレ最新考察「虚式・茈直撃で宿儺が!?」

初めに、乙骨が放つ虚式・茈は、位置やタイミング、宿儺の状況から考えて宿儺に直撃します。しかし、結果としてまだ宿儺は倒せません。それどころか、この茈さえいなされてしまうでしょう。

それは、乙骨の予想が外れるからです。宿儺は左腕を失っていることで世界を斬る斬撃が使えないと乙骨は予想していますが、もしもこれが使えた場合は全ての想定がひっくり返ります。

また狗巻の呪言葉を使っていますが、録音が本来の狗巻の力をそのまま発揮できるかは不明。途中で宿儺が動けるようになっている可能性があります。

まだ宿儺を倒せないまま戦いは続きます。

呪術廻戦263話ネタバレ最新考察「羂索の術式が終了した時乙骨は戻る?」

羂索の術式を使い、乙骨は脳を入れ替えて五条の肉体を使っています。その際、脳を失った元の肉体は死亡すると予想していましたが、リカがまだ残っていることから乙骨は羂索の術式終了後自身の肉体に戻ることになると推測できます。

乙骨が既に死んでいる場合、呪霊ではなく術式の一環として顕現しているリカは消えるはずです。にもかかわらず、リカはそこに留まっています。これが乙骨の肉体が生きている証拠。

乙骨自身が呪霊になる可能性もありますが、羂索の術式終了後は元の肉体で生きて行けるのではないでしょうか?

呪術廻戦263話ネタバレ最新考察「領域の崩壊と同時に虎杖が!」

現在の状況になったのは宿儺が竈を使い、周囲に虎杖と東堂だけになった直後です。

脹相以外は竈に巻き込まれていないはずですが、3分しかない今の状況で乙骨の領域のすぐ側にいることは考えづらいです。

つまり、今も外側にいるのは虎杖と東堂だけ。3分が限界なことについては東堂が聞いていると思われるため、タイミングを合わせてすぐに攻撃できるようにするでしょう。

茈でやられなかったとしても宿儺はまた術式を使えない状態にあるはず。一気に畳みかけたいところです。

呪術廻戦263話ネタバレ最新確定「人外魔境新宿決戦㉟」

虚式・茈を発動したことにより、乙骨の結界は耐え切れずに破壊されました。

茈を食らったことは宿儺にとって痛手ですが、それでも結界が壊れてくれたことは良い点です。

宿儺に茈が効いたことを確認した東堂は、回復次第、虎杖と東堂を気にせず茈を発動し続けるように指示します。

東堂の術式で絶対に回避してみせます。

しかし、乙骨は倒れました。

無下限と同時に、羂索の術式まで焼き切れてしまったのです。

羂索は領域展開後も変わらず術式を使っていたため自分も大丈夫だと踏んでいた乙骨でしたが、何か種が合った様子。そこまでは読み切れていませんでした。

乙骨が倒れてしまっても、宿儺が術式を使えないこのタイミングを逃す手はありません。しかし、そう考えるに至る前に、乙骨が倒れたことで出来た隙を宿儺に突かれてしまいました。宿儺の黒閃が東堂に叩き込まれます。

しかし遅れて戦場に来たことでまだ体力がある東堂は、黒閃に耐えて虎杖の入れ替えを行います。

空中には崩れた結界の破片があることから、東堂も細かい入れ替えを行えます。

そして虎杖は、宿儺の中にいる伏黒に届くよう、魂の境界に限定して解を叩きこみました。

かなり危険な攻撃。宿儺は耐えるためにそもそも攻撃を食らわないように虎杖への意識を集中させます。

そして東堂の術式ももう限界だと勝ちを確信した時、宿儺の頭上に天使、来栖華の姿が!
東堂の入れ替えにより現れた来栖は、宿儺の頭上から邪去侮の梯子を最大出力で発動して!?

▷次話!呪術廻戦264話はこちら

呪術廻戦263話感想

羂索の術式が焼き切れていなかった理由は何か種があったから。

この設定について、乙骨には分からなかった、とそれだけで終わることはないでしょう。

戦いがまだ続くとして、羂索の術式を使い続ける方法を見つけそうです。

そうならなければ乙骨が死亡して終わる可能性が高くなります。人気キャラなのでそれは避けてほしい。

この作品の人気キャラ殺しは心臓に悪いです・・・。

ラストで天使が再登場しましたが、これは読者も乙骨の読み通りになった形です。完全な不意打ち。いよいよクライマックス感がありますが伏線を考えるともう少し続きそうです。

まとめ

この記事では、呪術廻戦263話の考察・展開予想とネタバレ最新確定・感想についてまとめました。

狗巻の命懸けの呪言はどれだけ持つのでしょうか?

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

ebookjapan|今なら初回購入70%オフ

登録無料。マンガを中心に80万冊以上の取り扱い冊数。欲しいマンガが見つかる!電子書籍サービス。

Yahooと提携しているためpaypayポイントが利用できお得に貯まります。無料で読める漫画も豊富。

月額課金制ではないので辞める理由なし。初めての購入なら70%オフキャンペーン実施中!(6回まで)今すぐ公式サイトをクリック→<公式サイト

テキストのコピーはできません。