当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

僕のヒーローアカデミア

ヒロアカ376話ネタバレ最新確定と感想は?ヴィラン集結で群訝山荘跡での戦いが激化!

こんにちは。

2022年12月19日発売の週刊少年ジャンプに、僕のヒーローアカデミア376話が掲載予定です。

前話の375話では、

奧渡島で麗日、蛙吹らヒーローと戦っていたトガは悪くなっていく戦況の中でトゥワイスの血でサッドマンズパレードを使うか迷っていましたが、仲間を信じて使うことを決めました。

トゥワイスの姿になり数を増やしたまさにその時、黒霧がワープゲートを開いてしまいました。

絶対に許すことが出来ないホークスをはじめとしてヒーローのせん滅のため、トガは戦場を変えます。

それでは、この記事では、僕のヒーローアカデミア376話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

ヒロアカ376話ネタバレ最新考察「トガが移動したのは群訝山荘跡だけではない?」

374話ラストでホークスのいる群訝山荘跡にやって来たトゥワイスの姿のトガですが、前回移動先は1つではないのではないかと疑ってしまうセリフがありました。

それはトガが黒霧にワープをお願いする際に言った「拡散」というワードが含まれたセリフです。

ホークスの元に連れて行って、やAFO、もしくは死柄木の元に連れて行ってならばわかるのですが拡散と言っている時点で複数ヶ所に別れて全ての戦場で猛威を振るう可能性があるのです。

タイムリミットがあるトガですが、それを差し引いてもトゥワイスのサッドマンズパレードは各戦場の戦況を変えることが出来る力を持っています。

トゥワイスの意思を引きついたトガは、今誰よりもヒーローへの怒りをたぎらせているのかもしれません。

ヒロアカ376話ネタバレ最新考察「麗日が向かった戦場はどこ!?」

トガを見失わないために、麗日はおそらく単身でワープゲートに入りました。蛙吹も可能性がありますが、シーンを見た感じ蛙吹が麗日を投げ飛ばしてワープゲートに入れたように見えたため、おそらく麗日1人なのです。

トガを追いかけていきましたが、行き先は群訝山荘跡なのか雄英高校なのか・・・。

トゥワイスの個性で増えているためどれが本体かも分かりませんが、麗日は間違いなくトガ本体がいる場所に迎えるはずです。

トガとの決着はやはり麗日がつけなくてはなりませんね。出久は死柄木を、麗日はトガを救けたいとこの戦いの前に言っていたので、雄英高校が戦場になることを期待しています。

ヒロアカ376話ネタバレ最新考察「最終決戦の地は群訝山荘跡?」

分断虚しく死んでもおかしくないはずの荼毘、そして全部か分かりませんがトガが変身したトゥワイスが群訝山荘跡へと移動してきました。

そしてまだ不明なのが雄英高校にやって来た黒霧が何をしたか。死柄木が出久との戦いに集中できるように、抹消の個性を使っている物間、もしくは相澤を雄英高校からどこかへ移動させたか、もしくは死柄木をAFOのいる群訝山荘跡に連れて行った可能性があります。

そうなればお目当てであるOFA、つまり出久も一緒に群訝山荘跡に連れていかれたことになりますね。

分断先のヒーローはそのままで、ヴィラン連合だったメンバーが群訝山荘跡に集結しています。これ以上の移動無しで、群訝山荘跡が全ての決着の地になるのかもしれません。

ヒロアカ376話ネタバレ最新確定「花に嵐」

トゥワイスの個性をさらに伸ばし大量増殖した状態でトガは、黒霧のワープゲートを通じてエンデヴァーたちがいる群訝山荘跡へと移動しました。

ワープゲートが閉じる前に麗日と蛙吹もゲートに飛び込み追いかけてきましたが、そこには同じように移動してきた荼毘による火の海が広がっていました。

黒霧、そして荼毘がいるということから蛙吹は轟と障子の身を案じます。

その時、空中にいた常闇と耳郎が麗日と蛙吹を見つけたため、麗日たちは耳郎同様に常闇の背中に乗せて貰いました。

一刻も早くこの混迷を止めなければ日本は壊滅してしまいますが、地面は今荼毘の熱で近づくことが出来ず、一方のトガは分身が熱にやられても気にせず増殖を続けています。

敵は増え続けるばかり、もう戦いにはなりません。

轟が戦っていたはずの荼毘がここに現れたことで、エンデヴァーも轟の心配をします。

荼毘は倒すことが出来なかったことを告げると、それでもエンデヴァーが守りたいものを1つでも多く壊したいと憎しみをつぶやきます。

AFOはこの状況に笑っています。

全て思い通り、自分が有利になるように動いているのです。

黒霧の本体は死柄木の元にいるようでAFOは簡単に死柄木の元へ行くことは出来ませんが、

この場が混沌と化したためAFOは自らの移動で死柄木の元へと移動を開始・・・、したかったのですがホークスが邪魔をします。

ホークスは巻き戻しの個性を使って時間がないこと以上に、AFOが死柄木の元へ行きたい理由に薄々気づいていました。

それは・・・。

絶対にAFO、ひいては他のヴィランたちをデクと死柄木の元へ向かわせてはいけないと判断したホークスは、AFOではなく荼毘を止めることをエンデヴァーに託します!

▷ヒロアカ377話はこちらへ

ヒロアカ376話感想

まさにカオス。その一言に尽きる話でした。

荼毘の体は本当に限界が近づいているようですが、それでもエンデヴァーを苦しめるためにエンデヴァー以外を狙いたいところ。

この場に来てしまったと言うことは、ホークスを狙うのではないかと予想しています。

そんなホークスは今AFOを止めようとしていますが、今の状態のホークスには絶対に無理です。

幸い戦いが空中戦であるため、ここで空中にいる常闇たちがホークスに加勢するのでしょうか。

絶望だらけの展開の中、今回もまだ希望を見出すことは出来ず。

ヒーローたちが必死な姿を見せているのも全て悪あがきに見えてしまって辛いですが、ラストのエンデヴァーには少しだけ希望を感じました。

命を懸けて荼毘を止めるのでしょうか?

まとめ

この記事では、僕のヒーローアカデミア376話の考察・展開予想とネタバレ最新確定・感想についてまとめました。

戦いに決着が着かぬまま、まさかの戦場移動となりました!

全員の行き先が群訝山荘跡だとしたら、明らかに戦力が足りず出久もエンデヴァーもピンチですね。

ヒーローたちはこのピンチを切り抜ける術を持っているのでしょうか?

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

ebookjapan|今なら初回購入70%オフ

登録無料。マンガを中心に80万冊以上の取り扱い冊数。欲しいマンガが見つかる!電子書籍サービス。

Yahooと提携しているためpaypayポイントが利用できお得に貯まります。無料で読める漫画も豊富。

月額課金制ではないので辞める理由なし。初めての購入なら70%オフキャンペーン実施中!(6回まで)今すぐ公式サイトをクリック→<公式サイト

テキストのコピーはできません。