当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

はじめの一歩

はじめの一歩1398話ネタバレ最新確定と感想は?試合終了!?ウォーリーが勝ちに行く!

こんにちは。

2022年10月12日発売の週刊少年マガジンより、はじめの一歩1398話「刃物の先端の如く」を読みました。

前話の1397話では、

まだまだウォーリーが優勢でした!

リカルドに近づいてはフェイントからのパンチ。

そしてガードに意識を集中させてのボディブロー!

第2Rに入れば動いてくると予想されたリカルドも、現時点ではまだ手を出すことはなかったのです。

しかし怖いのはここからのはず!

それでは、この記事では、はじめの一歩1398話の考察・展開予想・ネタバレ確定・感想についてまとめました。

はじめの一歩1398話ネタバレ考察「一歩の驚きはどちらに対して!?」

リカルドへの猛攻を見せたウォーリーに一同驚愕。本当にウォーリーが勝つのでは?と思い始めているようです。

そんな状態でしたが前回のラストは一歩驚きのシーンで終了となりました。

その少し前を振り返ると、リカルドの前から姿を消したウォーリーの方にリカルドが体を向けたコマと、ウォーリーが後ろ向きのまま動いたように見えるコマがありました。

この2カットが一歩の驚いた理由と関係していそうですね。リカルドは動くウォーリーに反応しただけなような気がします。

つまり一歩が驚いたのはウォーリーに対して。相手を見ずに動いてそこからパンチを出すのではないでしょうか?野生児の勘がすごすぎます。

はじめの一歩1398話ネタバレ考察「ウォーリーのパンチは効いていない!?」

前回、そして前々回とウォーリーは何度かリカルドにパンチを当てています。

一応ガードしている拳や、ボディがビリビリしているのでノーダメージではないと思われますが、どうにもパンチの音から察するに大したダメージにはなっていないのでしょう。

リカルドはウォーリーに自分を倒すだけのパワーはないと感じて良そうですね。

しかしリカルドも歴戦の覇者。これだけでウォーリーにパワーがないとは決めつけません。

リカルドには珍しく、この第2Rも観察で終わってしまうのでしょうか?

はじめの一歩1398話ネタバレ考察「第2R終了時点でウォーリーは決めに行く!」

このまま特に何もなく第2Rが終わってしまったとします。その時コーナーに戻ったウォーリーの反応が気になりますね。

2R続けてリカルドが全く手を出してこないとなると、ウォーリーの反応はつまらないというものになるでしょう。

一歩との試合の時も、これ以上学ぶことはないと分かった瞬間、試合を決めに来ました。

これ以上楽しむことが出来ないと分かればウォーリーは試合を終わらせようとするのです。

ここで見せるのが強打!新たな手が出てくることを待っていたリカルドはここで!?

はじめの一歩1398話ネタバレ最新確定「刃物の先端の如く」

ウォーリーは後ろ向きのまま、またリカルドの前に戻り乱打。からのまた距離を取っては戻ってのボディ!

絵からでもスピード感は伝わってきますが、どれだけ早いのかと想像するととてもワクワクします。

開いた口が塞がらない状態のため、いつの間にかウォーリーに対するブーイングが止んでいるのも頷けます。

はじめの一歩1398話ネタバレ「観客を魅了するウォーリー」

早くて鮮やか、それでいて騒がしい見たこともないボクシングに、解説の興奮が止まりません。

完全にウォーリーに魅了されています。

そんな解説は誰もが気づいている前代未聞の事実を口にしました。

絶対王者リカルド・マルチネスが被弾しているのです。

分かっていても言葉にしたら重い事実ですね。

はじめの一歩1398話ネタバレ「リカルドが出ない!?」

しかし次の瞬間、ウォーリーの拳に力が入りました!そのことに気づいた一歩ですが、ウォーリーが打ってくると再びガードに集中。

始まると思ったのに!!

リカルドが躊躇った理由はまだウォーリーを把握できていないからに間違いありません。

3分どころか6分使っても何も掴めなかったリカルドは、一切手を出すことなく第2Rを終えました。

はじめの一歩1398話ネタバレ「悪魔の知恵、ウォーリーの狙いは?」

セコンドに対し、まだウォーリーについて掴めていないことを口にしたリカルド。

第3Rが始まるとまたガードに集中します。

殴り合いが嫌いではないリカルドですが、まだ一方的にやられることを分かっているとヴォルグは分析します。

その通り。

リカルドはウォーリーの拳がある場所を狙っていることに気づいていました。

ミゲルがウォーリーに与えた悪魔の知恵とは果たして!?

はじめの一歩1398話感想

まさかこのラウンドでもリカルド動かず!それほどにウォーリーは未知のボクサーなのです。

ウォーリーの戦い方についてはまだ答えが出せないものの、1つだけ気づいたことがあるリカルド。

ミゲルはいつの間にウォーリーにこの戦術を伝えていたのでしょうか?

リカルドがウォーリーの拳で狙いの場所を突かれれば一気に勝つ確率は下がります。

だからこそガードに徹しているのですが、ウォーリーの拳が試合中にその部分を捕らえるのか見ものです!

まとめ

この記事では、はじめの一歩1398話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

このままウォーリーが勝ちに行くようにも思えますね!

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▷はじめの一歩1399話はこちらへ

ebookjapan|今なら初回購入70%オフ

登録無料。マンガを中心に80万冊以上の取り扱い冊数。欲しいマンガが見つかる!電子書籍サービス。

Yahooと提携しているためpaypayポイントが利用できお得に貯まります。無料で読める漫画も豊富。

月額課金制ではないので辞める理由なし。初めての購入なら70%オフキャンペーン実施中!(6回まで)今すぐ公式サイトをクリック→<公式サイト

テキストのコピーはできません。