ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ302話ネタバレ最新確定と感想は?暴走列車に全員集合!

こんにちは。

2022年1月6日発売のヤングジャンプより、ゴールデンカムイ302話「車内暴力」を読みました。

前話の301話では、杉元たちが第七師団の増援が乗る汽車に乗りこんでしまいました。

汽車内の第七師団を牛山が倒してくれている間に杉元たちは汽車を降りようとするも後ろからは鶴見が迫ります。

最後尾にいた谷垣は鶴見に撃たれ、そのまま汽車から落ちてしまいました。

それでは、この記事では、ゴールデンカムイ302話の考察・展開予想とネタバレ確定・感想についてまとめました。

▼まんがを読むならコレ!▼

無料で読めるマンガがたくさん!

さらに登録をすると最初にもらえる600ポイントの利用で実質マンガ1冊無料になる!さらに「31日間は無料」で実質アニメや映画・ドラマも見放題だから入らない理由がない!

▼無料期間内に解約もできる▼

 

ゴールデンカムイ302話ネタバレ考察「谷垣の安否は?」

まさか299話ラストで現れた最高のマタギがこのタイミングで撃たれるとは・・・、完全に予想外でした。

撃たれた瞬間のあの目を見ると、死んでしまったと感じますが谷垣はコタンで尾形からの狙撃を受けた時もあのような目をしていました。

また、作者が主要キャラを殺す時はちゃんと最期を描いてくれる傾向にあるため、

撃たれた後蹴られたのか汽車から落下しただけで死体が描かれなかった谷垣はもう一度戻って来てくれる気がしています。

もしもこの戦いの中では動けずとも、インカラマッの所に後に戻ってくれれば、それでもいいです。

ゴールデンカムイ302話ネタバレ考察「不敗の牛山神話」

アシリパに対し自分の存在をアイヌの神話に加えろと言った牛山は流石の強さです。

これまでも何度も牛山の強さに救われてきましたが、牛山は他のキャラに比べると受傷した回数が格段に少ないと言えます。

今もほとんど無傷であっという間に車両内にいる兵士たちをぶっ飛ばしているためそろそろ一車両分は全滅となるのではないでしょうか。

兵士側にもそれほど強い兵士はいません。

危険があるとしたらこの後前方で待っているであろう月島ですが、牛山は月島にもやられないのではないかと思っています。

負けるところが想像できません。

ゴールデンカムイ302話ネタバレ考察「アシリパ捕獲」

牛山が月島に負けないとしても、月島が最初から牛山でなくアシリパだけを狙った場合、アシリパは捕まってしまうかも知れません。

目的はアシリパが今持っている土地の権利書であり、まだ金塊を見つけたことは鶴見たちも知らないと思うため、アシリパは用なしとして殺そうとする可能性があります。

もしアシリパが金塊を見つけてまた隠したことを伝えても、敵勢力を皆殺しにしてしまえばそれから探せばいいと鶴見はアシリパをやはり殺そうとします。

ウイルクの娘というだけで、アシリパを鶴見から強烈な恨みを持たれているのです。

ゴールデンカムイ302話ネタバレ最新あらすじ「車内暴力」

鶴見を殺せば全てが終わる、と考えた杉元は鶴見のいる車両後部に向かって銃剣を突き出します。しかしそこに鶴見はいませんでした。

鶴見は車両の屋根に上り、前方へ向かって歩みを進めていたのです。

最後部車両連結部分近くから聞こえてくる銃声や叫び声に、一両前の車両の兵士たちは困惑します。それでも銃剣をつけ、最後部車両に向かうことを決めました。

全員息を整えいざ!、と思ったその時、ドアごと牛山が突っ込んできました。為すすべなく兵士たちは前へと押されて行きます。

前方付近まで来たところで牛山はドアを蹴り飛ばし、兵士たちは潰れました。牛山の後ろから土方が銃で援護し、アシリパに列車から飛び降りろと合図を出しました。

前方のドアから外を見たアシリパは、そこに馬に乗った月島がいることに気づき足を止めます。

更に鯉登たちも追いついてきました。

白石はアシリパを抱え更に前方車両へ行くことにしました。

屋根の上の鶴見は月島に更に前の車両に行き回り込むように指示を出しました。

杉元は連結部分から屋根の鶴見を狙うも、避けられ鶴見も前方へ。

土方は杉元に対しアシリパを連れて飛び降りるように言います。しかし杉元はここで戦う方がアシリパと権利書を守るための最善である、と銃に弾を込めました。

金塊よりもアシリパの未来を見ている杉元をみて、土方は武士道だと微笑みます。

土方は銃から刀に持ち帰ると、杉元と共に前方へと進んで行きます。

止まることなく進んで行く牛山。

そんな牛山の前に遂に月島が姿を見せます。

車掌たちは客車の様子が明らかにおかしいことから走行を止めるか迷っていました。しかしもうすぐ目的の函館駅に到着します。

一応止めずにいると、車掌、副車掌ともに狙撃を受けて殺されてしまいました。

尾形が先頭まで到着し列車に乗り移ったのです。

鯉登も乗り込み、もう列車は止まりません。

ゴールデンカムイ302話感想

いつの間にか主要キャラが全員列車に追いつき、全員集合状態となりました。尾形が車掌を殺したことでもう列車は止まりません。

最後は衝突事故コースですが、中での戦闘はその前に決着が着くでしょう。誰も事故が原因で死ぬことはありません。これから函館到着までにどこまで人が減るのか注目です。

鶴見に撃たれた谷垣と、尾形に撃たれたヴァシリがまだ生きていると思われますが姿を見せないことも気になります。どこで戻って来てくれるのでしょうか。

ゴールデンカムイ303話考察予想

牛山と月島が対峙した月島は銃を持っていようと普通ならば牛山に勝てるはずがありません。ここで死亡してしまうのでしょうか。

しかし鶴見の部下の中では今唯一残っている忠実な下部。鶴見のためならと命を落とすことも厭わないため手投げ弾など強引な手段に出ます。

鯉登は後ろから迫っているため、鶴見劇場を見届けたいと言っていた月島が自爆の道を選ぼうとした時にすぐに止めることが出来ません。

無念のまま月島を死なせてしまうこともあり得るのでしょうか。

▷ゴールデンカムイ【303話】へ

まとめ

この記事では、ゴールデンカムイ【302話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。