アヤシモン

アヤシモン18話ネタバレ最新確定と感想は?全ての妖し者のために命をかけた鬼王!

こんにちは。

2022年4月4日発売の週刊少年ジャンプより、アヤシモン【18話】「誰なんだお前らは」を読みました。

17話では、

マルオがコットンに勝利しました。実際には勝利ではなく負けなかっただけですが、コットンは負けたと言いウララ組の味方となります。

そして誰にも聞かれないよう単車を走らせた状態で、ウララの知りたかった炎魔会の話を始めます。

それでは、この記事では、アヤシモン【18話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

アヤシモン18話ネタバレあらすじ

ウララは自分が殆んど知らない父、鬼王についてコットンから聞くことにしました。

そんなウララの気持ちに応え、コットンも話を始めます。

コットンたちがトドロキ族と呼ばれたただの愚連隊だった頃、鬼王との出会いがありました。

横浜ではヤクザからも恐れられるほどの兵力を持っていた現在の轟連合は、鬼王に敗れるも敗けを認めず戦い続けようとしました。

そこには死を恐れない覚悟がありましたが、鬼王にコットンを殺すつもりはありません。

鬼王は全国の同胞と力を合わせ、妖し者の未来のために行動していたのです。

コットンを仲間にしようとする鬼王はあえてたいまんではなくただの喧嘩を行うことでコットンの根性を見ました。

だからこそ仲間になることも強制ではなく、コットン本人の意思を尊重しました。

この年、鬼王は炎魔会を立ち上げ、コットンたちも轟連合として傘下になりました。

とてつもなく恐れられ、強い影響力を持っていた鬼王ですが、コットンにとっては本当の父親のようでした。

コットンの現在の愛車であるマッハ750は、コットンのことをよく理解した鬼王からの贈り物であり、コットンと最高の相性の単車となりました。

コットンは鬼王のためならば何でも出来るほど、鬼王を慕いました。

しかし鬼王のポリシーでもある遺恨を残さない戦い、全国統一のため汚い真似はしませんでした。

こうして炎魔会がどんどん大きくなり、それがずっと続くとコットンは信じていましたが、鬼王は部下や組織のため手に入れた金を自分には使ってきませんでした。

その結果、鬼王の体は弱っていったのです。

鬼王は炎魔会のために死んだ。しかしコットンはそれを炎魔会が鬼王を殺したと捉え、炎魔会を出ました。

ウララと出合ったことで、コットンはそれをただの現実逃避だったと自覚しました。そして向き合うことを決めます。

鬼王からの遺書を開示することになっていた葬式の日、独歩は鬼王の後継者となりました。

その理由は不明ですが、遺書に書かれていたようです。

そのことを知ることがウララたちの次の課題となりました。

そのためにもう少し勢力が欲しいコットンは怪☆美星’sを仲間にしたいと思っていましたが、怪☆美星’sは現在襲撃を受けており・・・。

アヤシモン18話感想

コットン目線で語られていることも理由の一つですが、鬼王の生き様は非常にかっこいいものでした。

ここまでかっこいい男であれば、橋姫の言っていた通りウララのことも本当は大事にしていたはずです。しかしそれならばどうして会いに来てくれなかったのか。そこにも独歩が関係しているかも知れません。

組のために金を使い、自分の身を滅ぼしたのも、鬼王らしいと言えば鬼王らしいですが、何か裏で悪い奴が動いていた可能性も否めません。

アヤシモン19話考察予想

弱々しくいつも後ろで小さくしていた独歩がどうして鬼王の後釜に着いたのかは結局分からず終いに終わり、そこを知ることが重要になりましたが簡単に知ることは出来なさそうです。

まずは力をつける必要がありますが、現在炎魔会以外に二代目炎魔会に従わない別の勢力が幅を広げているからです。

コットンが仲間にしようと思っている勢力、怪☆美星’sも既に別勢力にやられていそうな状態でウララ組が独歩の真実に辿り着くことは可能なのでしょうか。

▷アヤシモン19話はこちらへ

まとめ

この記事では、アヤシモン【18話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。